「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」 - DE10 1557編 -

 2017年5月27日、「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」に行って来ました。

 今回はDE10 1557編です。

 この機関車は、撮影会場には居なくて、北側の留置場にいました。
この場所は、いつも裏エースが展示されるのですが、今回はDE10 1557とちょっと地味な感じがしました。

 しかしながら、現場に到着すると、その意味が分りました。
S_dsc5971_1
 この車両が、DE10の最終全検、つまり国鉄型DLの最終全検になるとのことでした。

 ここでも、国鉄型の終焉が近づいているのが実感してしまいました。

 そして、暫く時間が経ってから再度行ってみると、手前にあった看板が無くなっていました。
S_dsc6203_1

 ヘッドマークの交換がありました。
今度のマークは、「あけぼの」風でした。
S_dsc6428_1

 個人的には、この車両が今年の展示会での一番のネタとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」 - EF652139編 -

 2017年5月27日、「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」に行って来ました。

 今回は、EF652139編です。

 EF652139は、展示会場で1機だけ、パン上げ、ヘッドマーク付、ライト点灯と元気の良い姿でした。

 前年は、特急色に戻されたばかりだったので、その注目度は大変高かったのですが、今年も唯一の活きた状態で撮影会場に陣取っていたので、必然的に一番人気となっていました。

 まずは、南側から。
こちら側は、正面に回り込めないので、斜めからの撮影です。
S_dsc5864_1
 初回は、「30th Anniversary」のヘッドマークでした。
このヘッドマークは初めて見ました。

 反対側は、「JR貨物30周年」のヘッドマークでした。
S_dsc5891_1
 こちらは、以前に一度だけ走行写真を撮影していました。

 ヘッドマーク交換後は、南側は何故か先程まで北側に取り付けられていた「JR貨物30周年」のヘッドマークでした。
S_dsc6378_1

 北側は「国鉄色復活」でした。これは前年の展示で御披露目されていました。
S_dsc6304_1

 そして、最後は、両面ともヘッドマーク無しの姿でした。
S_dsc6476_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF81 139牽引のカシオペア紀行

 2017年6月24日、「カシオペア紀行」を撮影しました。

 ちょうど、栃木県北部へ所用で出掛けていたため、その夕方にやって来るところを待ち受けました。

 午後になってもまだ太陽が出ておりましたが、夕方に向けてドンドン雲が涌き出てきて、あっという間に、青空は雲で覆い尽くされてしまいました…。

 沿線を覗いてみると、何故か上り方向に向かってカメラを構えている人達が多くおりました。
特にネタになる貨物も無かったので、何があるのか調べてみると、スペーシア那須野がありました。
 オマケで撮影できるかと思っていたのですが、再度調べた時には既に先の方の目撃情報が上がってしまいました。どうやら移動中に行ってしまったようでした。
 仕方なく、カシオペアに専念することにしました。

 既に上野を出発しており、牽引機は、EF81139とのことでした。
139であれば、双頭連結器を撮影したいので正面ドカンで狙うことにしました。

 通過すると想定した時間になっても列車はやって来てくれません…。
何かあったのか調べてみると、雀宮で停車するようなダイヤになっておりました。
 てっきり、以前のようなダイヤだと思い込んでいました…。

 夏至近い日の入りの遅い時期ですが、厚い雲と時間が遅くなった関係で、ドンドン露出が下がってしまいました。
それでも、何とか止めて撮影できるうちに、カシオペアはやって来てくれました。
S_dsc8267_1

 ちゃんと事前に時刻情報を確認しないといけないと、つくづく思い知らされました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」 - 集合写真編 -

2017年5月27日、「DLもおか」号の撮影後、「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」に行って来ました。

お目当ては、もちろん撮影会場ですが、高崎から出張してくるEF65501とDD51842が、どのような装飾がされるかが楽しみでした。

ところが、向かっている途中で、既に会場入りしている方々から、この2機共にヘッドマーク等の装飾無し、更にEF65501はパン下げという、絶望感溢れる情報が届いてきました。

今更予定変更する程のネタも見つからないし、EF652139にはヘッドマークが取り付けられてライトも点灯しているようなので、そのまま会場へ向かいました。

会場に到着すると、情報通りの展示でありました。
展示車両がイマイチ新鮮味が無かったためか、例年より人出が少ないように感じました。

このため、ちょっと待てば、直ぐに撮影ポイントに辿り着けたので、直ぐに一通りの撮影は完了しました。

今回は、ヘッドマーク取付が2パターンしかなく、こちらも少々寂しいモノとなってしまいました。

まずは、全体の集合写真から。
S_dsc5872_1

もう一方のパターン。
S_dsc6390_1

せっかく展示されているのに、1機だけしか活きている状況でないのは、寂しいモノです…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

真岡鉄道50系による水戸線を走る「DLもおか」号

 2017年5月27日、久々に水戸線へ行きました。

 最近、これといってトピックスの無かった水戸線でしたが、この日は、「DL&SLもおか」として、小山から真岡鐵道の50系客車をDE10が牽引するという、希少な列車が走りました。

 この日限りの運転でしたが、現地に到着すると、正面から風が吹き、雨も混じるという、かなり悪い条件でした。
雨はやや小康状態とはなったものの、止むことはありませんでした。

 そのような中、「DLもおか号」はやって来ました。
S_dsc5855_1
 牽引機は、DE10 1697でした。

 この後ももう一回撮影できそうでしたが、天気が悪いため断念しました。

 生憎の天気でしたが、水戸線内での久々の客車列車を撮影できて安心しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆急行線クモハ103チャーター - 沿線撮影午後の部 -

 2017年2月4日、伊豆急行線へ行って来ました。

 今回は、午前中の沿線撮影に続いての、午後の撮影編です。
午後は、順光となる超有名撮影地である富戸ー川奈間を中心として撮影しました。

 海をバックに鉄橋を渡るシーンは、伊豆急ならではですね!
S_dsc7613_1

 もう一回同じ場所で、今度は更にアップで。
S_dsc7673_1

 続いて、小室山山頂から。
S_dsc7714_1

 早くも日没が近づいてきたので、流し撮りで。
S_dsc7771_11

 最後の走行はアップで。
S_dsc7782_1

 そして、入庫前に伊豆高原駅で小休止する姿を撮影しました。
S_dsc7841_1

 クモハ103のチャーターもあっという間に終了~。
単行運転の電車は、魅力的な撮影対象ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上信電鉄デキ牽引の「2017ファンタジー号」 - 復路編 -

 2017年5月5日、上信電鉄の「2017ファンタジー号」を撮影しに行きました。

 往路で、想定以上に多くの撮影ができたので、復路は、ゆっくりと撮影することにしました。

 まずは、下仁田らしく、ネギ畑を絡めてのカットから。
S_dsc5483_1

 続いて、背景をスッキリするようにローアングルで撮影してみました。
S_dsc5506_1

 信号所でちょこっと停車している間に先行できたので、予定の外もう一回撮影できました。
 望遠側で。
S_dsc5521_1

 広角側で。
S_dsc5528_1

 最後は、順光ポイントで。
S_dsc5545_1
 ここでも広角側も。
S_dsc5552_1

 シーラカンスとも揶揄される上信電鉄のデキですが、時々元気な姿を見せてくれるのは、大変ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上信電鉄デキ牽引の「2017ファンタジー号」 - 下仁田駅入換編 -

 2017年5月5日、上信電鉄の「2017ファンタジー号」を撮影しに行きました。

 往路を撮影後、下仁田駅で入れ換えの様子を撮影しました。

 下仁田駅到着後、2番線で小休止していたファンタジー号が、復路に向けて入換えをします。

 まずは、電車が単独で入換えを始めました。
S_dsc5342_1
 一旦、高崎側に引き出され、2番線の隣の側線に入りました。
 入換時に電車のヘッドライトが点灯されたいたので嬉しかったです。

 そして、デキが高崎側へ移動します。
S_dsc5372_1

 デキが高崎側に移動している合間に、電車が再び側線から出てきて、2番線へ戻りました。
S_dsc5381_1

 そこへデキが戻っていき、編成の入換えが完了しました。
S_dsc5397_1

 このまま、復路の出発まで一休みします。
S_dsc5457_1

 この時間を利用して昼食を取り、復路の撮影に備えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上信電鉄デキ牽引の「2017ファンタジー号」 - 往路編 -

 2017年5月5日、上信電鉄の「2017ファンタジー号」を撮影しに行きました。

 久々に上信のデキを撮影する機会を得ることができました。

 現地に到着すると、既に多くの人が沿線にスタンバイしておりました。
こんなに人出が多いのは、デキが旧型客車を牽引した時以来かも?と思った程でした。

 天気予報では曇りベースだったはずが、クッキリと晴れました。
ただし、上信電鉄の路線は東西方向で、下りは西向きに進むので、ほぼ逆光になってしまいます。
 でも、まだ雨よりかは十分マシですね。

 まずは、有名撮影地から。
S_dsc5212_1
 後ろの電車もチョコレート色だったので、編成が引き締まります。

 続いて、鉄橋を行く姿をサイドから。
S_dsc5240_1
 新緑の中を行く列車が綺麗でした。

 吉井駅で小休止している姿。
S_dsc5245_1

 今度は、完全逆光で。
S_dsc5257_1
 デキ1とデキ3のサイドの違いが、ハッキリと判ります。

 更に正面から。
S_dsc5273_1

 面にも陽が当たる場所へ。
S_dsc5304_1
 バックが煩過ぎました…。

 往路はここまで~。
途中の停車時間が長かったので、撮れる回数が増えました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたちなか海浜鉄道キハ205とネモフィラと

 2017年5月4日、ネモフィラを見にひたちなか海浜公園に行って来ました。

 その帰りすがりに、ひたちなか海浜鉄道へ立ち寄りました。
キハ205が、那珂湊-勝田間の区間運転の運用に入っていたので、それを撮影しようと思っていました。

 すでに沿線の田んぼには水が張られて田植えも始まっていました。
ところが、風が満遍なく吹き続いており、水鏡は期待できませんでした。

 そのような中、キハ205がやって来ました。
S_dsc5116_1

 返しは逆光なので、流してみました。
S_dsc5180_1
S_dsc5191_1

 他の2運用は、どちらも3連でした。
S_dsc5027_1
S_dsc5101_1
 連休中は、大忙しですね。

 で、肝心のネモフィラを。
S_dsc4971_11
 人影を木で隠してみました。

 人を写してみると、こんな感じでした。
S_dsc4990_1
 午前中なのに、既に丘に通じる通路は、渋滞しておりました。

 人出が多くて大変でしたが、とても綺麗なので、行ってみる価値は十分あります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«東武1819Fの臨時列車と快速「足利藤まつり」号