東武鉄道6050系リバイバルカラーの団体臨時列車

 2020216日、東武鉄道の6050系リバイバルカラーの団体臨時列車を撮影しました。

この日は時間が取れましたので、天気がイマイチでしたが何処かに行こうかと思い、色々と調べていたら東武で団臨があるようでした。

 これはもしかしたら6050系のリバイバルカラーが充当されるのでは?と淡い期待を持って沿線へ慌てて向かいました。

 

 ところが、6050系が充当されましたが、どうやら片側はオリジナル色の4両編成になっておりました。

リバイバルカラーだけのの4両編成を期待していたので、ちょっと残念でした。

 

 それでも、前回と違う混色編成だったので、撮影を続けました。

まずは送り込み回送から。

S_dsc1635_1

 片割れの両パンタのリバイバルカラー6179Fも一般運用に入っていました。

S_dsc1617_1

 

 オリジナル塗装が先頭の本運転。

S_dsc1687_1

 今回も「団体専用」「たびじ」の表示でした。

 

 更に今回の団臨は、東武宇都宮線にも入線してくれました。

6050系が東武宇都宮線に入るのは珍しいことと思われます。

S_dsc1723_1

 

 そして、日光方面へと向かう列車をアップで。

S_dsc1735_1

 

 最後は帰路に就くところを。

S_dsc1785_1

 生憎の天気の中でしたが、一通り撮影できました。

 次回は是非とも4両編成のリバイバルカラーを撮影したいと願っております。

 

 

| | コメント (0)

DE10 1705牽引の小山工臨

 202029日、小山工臨を撮影しました。

 

 牽引機が、茶色のDE10 1705になるようなので、ちょっと珍しいと思い、出掛けてみました。

まだまだ、太陽が低い季節なので、何とか影が掛からないような場所へと向かいました。

 

 チキが2両と短いのが残念ですが、逆にこの機関車には合っているような感じでした。

S_dsc1099_1

 後ろ姿も。

S_dsc1105_1

 

 小山でチキを切り離すのですが、この時に訓練もおこなっているようで何度も解結作業をしているようでした。

S_dsc1189_1

 

 その合間に211系やE531系もやって来ました。 

S_dsc1123_1

S_dsc1130_1

 

 そして、ようやく機関車が切り離されて単機で戻っていきました。

S_dsc1242_1

S_dsc1291_1

S_dsc1298_1

 

 

 

| | コメント (0)

東武鉄道6050型リバイバルカラー編成を追っかけて

 2020年2月11日、東武鉄道6050型リバイバルカラー編成を利用した「リバイバルカラー直通列車で行く フリータイム満喫 日帰りの旅 南会津」を撮影しました。

 東武鉄道の6050型リバイバルカラーは、旧6000型を彷彿させるなかなか良い出来だったので撮影したかったので、ようやくタイミングが合いました。

 

 せっかく田島まで行くし、そのあとも会津高原尾瀬口まで一往復するので、会津鉄道沿線へと向かいました。

 沿線は、ようやく雪が積もった程度で、薄っすらとしか積もっておりませんでした。

 

 てっきり、リバイバルカラー2編成4両で運転されるかと勝手に思っていましたが、目撃情報を確認してみると、実際には一編成2両でした。

 気を取り直して、小雪がちらつく中、列車を待ちました。

 貫通扉に「TOBU NIKKO LINE 90th」のヘッドマークを、方向幕は「団体専用」「たびじ」でやって来ました。

S_dsc1329_1

 

 尾瀬口への列車を。

S_dsc1358_1

 前パンになるので面縦アップも考えましたが、結局いつも通りのお決まりの構図で撮影しました。

 

 田島への折り返しも。

S_dsc1386_1

 こちらは何故か白幕と「臨時」になっていました。


 田島からの帰路は遅くなるので、会津鉄道を後にして南下しました。

 もう片方のリバイバルカラーが東武線内で動いているようなので、それを狙いました。
移動に思ったより時間がかかってしまいましたが、何とか順光で走っているところに間に合いました。

S_dsc1401_1

 オマケにSLも。

S_dsc1416_1

 

 更にもう一回、リバイバルカラーを狙いましたが、もうタイムアップでした。

S_dsc1464_1


 リバイバルカラー4両の姿を見るのが宿題として残ってしまいました。

 

| | コメント (0)

秩父鉄道「ELパナソニックワイルドナイツ号」

  2020年28日、またまた秩父鉄道へ行って来ました。

 この日は、「EL REIWA2」運用の一環で「ELパナソニックワイルドナイツ号」として、特別ヘッドマークを掲出して運転されました。

ヘッドマークが変わり、秩父側が青色のデキ301になったので、そちらをメインに撮影しました。

 まずは、送り込み回送から。

S_dsc0787_1

 先に撮影した時と同じ、黒色のデキ201が先頭でした。

 

 結局、前回と同じような行程で撮影しました。

S_dsc0822_1

S_dsc0895_1

 

| | コメント (0)

秩父鉄道「EL REIWA 2」

 2020年2月2日、前週に引き続き秩父鉄道へ行ってきました。

 前日の「EL REIWA 2」も先週と同じカマだったようなので、同じカマで別アングルで撮影しようかと思っていました。
ところが熊谷側が黒色のデキ201からピンク色のデキ504に差し換わっておりました。

S_dsc0473_1

 秩父側が黄色のデキ502のままだったので、どうするか迷ってしまいました。

取り敢えず面縦で。

S_dsc0539_1

 返しは、曇る可能性がないので、先週と同じ場所で。

 ただ、カマが明るすぎるため、影の影響が大きかったので、望遠側と標準側の2パターンで。

S_dsc0705_1

S_dsc0712_1

 もう一回追いつきました。

S_dsc0722_1

 逆光区間なので、どうにもなりません…。

 

 返却回送も。

S_dsc0764_1  

 てっきり、カマ変更は無いかと思っていたので、この後の運用も楽しみです。

 

 

| | コメント (0)

東京メトロ日比谷線03系が長野電鉄へ!

 2020年2月1日、東京メトロ日比谷線03系の甲種輸送を撮影しました。

 この東京メトロ日比谷線03系は、長野電鉄へと譲渡されるものでした。
北陸鉄道へも03系は譲渡されたので、その続編のようなものですね。

 午後から時間が取れたので、武蔵野線沿線に行ってみると、各所に皆々様が点在しており、その仲間に入れてもらいました。
木々の影が伸び始める中、甲種輸送列車がやって来ました。

S_dsc0400_1
 牽引機は、EH200-15でした。

 後ろ姿も。

S_dsc0424_1
 長野電鉄では、どのような姿になって登場するかも楽しみですね。

 甲種撮影後のお駄賃も。

S_dsc0449_1

S_dsc0463_1

| | コメント (0)

秩父鉄道「EL REIWA2」

 2020年1月26日、秩父鉄道へ行ってきました。

 前日から始まっている特別臨時列車「EL REIWA2」が運用されていたので撮影へと向かいました。

 実は、この日は元々静岡鉄道&甲種輸送を目論んでいたのですが、肝心のマイカーが飛び石でフロントガラス破損してしまい、オマケに雪の予報があり、翌月曜日は早朝移動しないといけないので、静岡遠征は断念…。
 ポカっと空いた時間で、お気楽に行ける秩父鉄道へと向かった次第です。

 先ずは、送り込み回送から。

S_dsc0140_1

 黒色の201号が先頭でした。
この新塗装は、黄色の警戒色も相まって、かつての東武の電気機関車を彷彿させる格好良い姿です。

 本運転は、502号が先頭でした。

S_dsc0160_1
 こちらは真黄色で、後ろの客車との色の差が大変でした。

 

 太陽が顔を出し始めたので、順光箇所へ行ってみましたが、直前に陽が陰ってしまいました。

S_dsc0190_1

 オマケでもう一回、面縦で。

S_dsc0206_1

 

 返しは、太陽が出てくれることを願って。

S_dsc0309_1

 編成が短いのが辛いところ。

 もう一回間に合いました。

S_dsc0336_1

 

 最後は返却回送を。

S_dsc0363_1

 この後の「EL REIWA2」運転で、どの機関車が運用に赴くのか楽しみですね。

 

| | コメント (0)

「ありがとう山手線E231系」

 2020年1月17日、山手線E231系を撮影しました。

 

 とうとう山手線で最後の1編成となったE231系に「ありがとう山手線E231系」のヘッドマークが付きました。

間もなく引退となるようです。

 運用を確認すると、ちょうど出張時間と重なったので、運良く撮影できました。

Sdsc_6946_1

後ろ姿も。

Sdsc_6977_1

 

もう撮影チャンスが少ないと思いますので、取り敢えず一度撮影できたので、ホッとしました。

 

| | コメント (0)

会津鉄道「急行おおかわ号」 - 1/12編 -

 2020112日、前日に引き続き、会津鉄道へ行って来ました。

 この日の天気予報は、曇りだったので、何処でも撮影できるかと思っていましたが、会津若松側は濃霧だし、山の方は逆に晴れていました。

当初は、若松側から始めようかと思っていましたが、この濃霧では厳しいと思い、芦ノ牧温泉より奥から始めることにしました。

 ロケハンして見つけた場所は晴れていたのですが、列車が来る頃には薄雲がかかり出し、時折、影もできないくらいになってしまいました。

 対向列車が遅れていたので、通過想定時間になっても急行おおかわ号」がなかなかやって来ません。

太陽の周りの雲が少しずつ薄くなってきて、ようやく影が出始めた頃、汽笛が聞こえてきました。

 

 列車が遅れたおかげで何とか少々陽が当たってくれました。

S_dsc9568_1  

 標準側も。

S_dsc8085_1

 

 ここから先へ向かいますが、列車が遅れていたので、途中の停車も短くなりそうなので、想定の撮影箇所を飛ばして、その先へ向かいました。

S_dsc9590_1

 ここでは、しっかりと太陽が当たってくれました。

 

 往路の最後は雪山バックで。

S_dsc9607_1_20200113222901

S_dsc9623_1

 山とのバランスが難しく、思った以上に苦労しました。

 

 復路になる午後からは天気が悪化して時折雨も降ってきました。

 

 先ずは、森バックから。

S_dsc9896_1  

 

次は雪山が見えるところ。

S_dsc9918_1

 

 そして、多くのギャラリーがいた所も行ってみました。

S_dsc9949_1

 

 最後は、ちょっと流し撮りで。

S_dsc9968_1

 

 2日目は撮影する予定は無かったのですが、やっぱり来てよかったです!

 

 

| | コメント (0)

会津鉄道「急行おおかわ号」 - 1/11編 -

 2020年1月11日、会津鉄道へ行ってきました。

 この日は、JR東日本のキハ47・48国鉄急行色編成を使用した「急行おおかわ号」が運転されました。

JRの車両が会津鉄道に乗り入れるのは珍しいので、出撃しました。

 

 現地に行くと、1月なのに全くと言っていいほど雪が無くビックリしました。

何とか雪がある景色をと思い、雪が残っている山をバックに撮影しました。

S_dsc9325_1

 

顔アップで。

S_dsc9341_1

 

 編成中心も。

S_dsc8005_1

 途中でバカ停があるので、十分先回りできました。

S_dsc9354_1

 返しは、1発目はまだ陽が当たりそうでしたが、面には当たりそうな所が無さそうなので、サイドから撮影しました。

S_dsc9460_1

 

 次は、時間的に山影になるので、森バックで面縦で。

S_dsc9472_1

 

 途中駅での交換シーンも。

S_dsc8022_1

 

 最後も雪山バックで。

S_dsc9496_1

後ろ姿も。

S_dsc9507_1

 

雪が無いとはいえ、会津鉄道で、この急行色の列車が撮影できたので満足しました。

 

 

| | コメント (0)

«上毛電気鉄道 デハ101