東武鉄道南栗橋車両管区「SL大樹3重連イベント」

 2022年619日、東武鉄道南栗橋車両管区での「SL大樹3重連イベント」に参加しました。

 

 このツアーは、東武鉄道とクラブツーリズムの2つの主催がありました。

どちらも同じ日時に受付開始でした。

 恐らく、このツアーは人気で、開始直ぐに瞬殺になると予想して、より競争率の低いと思われるクラツーの方が確実に参加できると目論んでクラツーで申し込みました。

 東武の方は、直ぐに満席になったようですが、クラツーの方は、そこまでではなかったようです。

 新型コロナウイルスの3回目の予防接種証明もしくは陰性証明が必要だったことから、敬遠されたのかもしれません。あと、時間が遅いのも原因だったかもしれません。

 

 今回のツアーは、北千住集合でした。

北千住からは、350型で現地へ向かいました。

S_dsc8028_1

恐らく、これが350型に乗車するのは、最後になりそうです。

 

 途中、南栗橋駅のホームでは、本ツアー用の幕を掲げてくれていました。

S_dsc8035_1

 

 会場である南栗橋車両管区では、3つの班に分けられて、撮影、乗車、物販を交代に行いました。

運良く、最初に撮影の班でした。

メインが、最初にあった方が良いので、これは助かりました。

 てっきり、停車している所を撮影できるかと思っていたのですが、停車している所は建物の陰に隠れてしまっており、走行のみの撮影だけでした。

走行も一往復のみとのことで、撮影機会がかなり少なかったのです。

暑い中、待つこと暫し、3両の蒸気機関車が次々と汽笛を上げて出発しました。

S_dsc8078_1 S_dsc8096_1

 小型のC11とはいえ、やはり3重連となれば迫力が違います!

 

 3両それぞれのサイドを。

 C11 123
S_dsc8109_1

 C11 207

S_dsc8110_1

 C11 325

S_dsc8111_1

 後ろ姿も。

S_dsc8115_1

 戻ってくるところは、流し撮りするかどうしようか?でも結構距離が近いので、広角で流すと画像が変になるのでは?とか悩んでいるうちに汽笛が聞こえたので、、結局そのまま撮影することに。

S_dsc8138_1

S_dsc8158_1

    あっという間に撮影の部は終了してしまいました。

 

 物販の時にも、後ろ姿だけですが、走行を撮影できました。

S_dsc8274_1_20220619234101

S_dsc8281_1_20220619234101

 体験乗車も終わり、あっという間に帰りの時間になってしまいました。

S_dsc8326_1

 

 帰路は、DRCカラーのスペーシアでした。

停車位置が、なんと8111の真横だったので、歩きながらツーショットを撮影。

S_dsc8406_1

 

 そして、北千住へ戻り、解散となりました。

S_dsc8432_1

 

 早く、日光・鬼怒川方面で、この3重連を見たいですね!

 

| | コメント (0)

関東鉄道「旧型車両夜間撮影会」

 2022年64日、関東鉄道の「旧型車両夜間撮影会」に参加しました。

 

 ここのところ、DD502の夜間撮影会が何度か開催されましたが、ようやく気動車の出番が回ってきました。

昨年12月の撮影会の夜バージョンといったところでしょうか。

 

 今回は、守谷駅からスタートでした。

先ずは送り込み回送から。キハ002が、水海道車両基地へと運んでくれました。

S_dsc5915_1

 撮影会場到着時はまだ明るかったので、のんびりと撮影しました。

S_dsc6082_1

S_dsc6373_1

 

 そして、最近恒例の職員の皆様によるパフォーマンスを。

今回はタブレットでした。

S_dsc6156_11

S_dsc6177_11

(かなりトリミングしております)

 

 生憎、太陽の周りに雲があって、ギラリにはなりませんでしたが、

徐々に暗くなっていき、良い感じに。

S_dsc6422_1

S_dsc6426_1

S_dsc6437_1_20220609211601

S_dsc6452_1

 そして、真っ暗に。

S_dsc6529_1

 暗闇に浮かび上がる車体が大変綺麗でした。

 

 帰り際、下館側の顔も、ちょこっと拝むことができました。

S_dsc6604

 

 帰りも行きと同じキハに乗車して守谷駅で解散となりました。

今回は、「いば旅あんしん割」が、適用されたため、3000円割引の上、2000円のクーポン券も付いていたので、関鉄の鉄コレもゲットできました。

 

 毎度のことながら、今回も素晴らしい企画で大変楽しむことができました。

 

| | コメント (0)

久々に登場した東武鉄道6050型を使用した団体臨時列車

 2022年5月22日、東武6050型の団体臨時列車を撮影しました。

 3月のダイヤ改正で、東武鉄道では6050型の定期運用が無くなってしまいました。

今回は、「野岩鉄道男鹿高原駅で扉開放 会津田島日帰りの旅」というクラブツーリズムの団体臨時列車で、久々に6050型が登場しました。

 南栗橋までは、350型で運用されますが、今回は6050型をメインに撮影しました。
先ずは、南栗橋への送り込み回送から。

 先日のDE10重連で撮影した場所がまだ麦の刈取前だったので、同じように撮影しました。

S_dsc5661_1

4両ともリバイバル塗装で来ると思っていましたが、まさかの混色でした。
それでも、どちらも両パンタ編成で、全てのパンタを上げていたので、とても格好良かったです。

広角でも撮影。

S_dsc0302_1

 青空にいい感じで雲が点在してくれました。

 

 本運転は、何らかの前面表示を期待してアップで撮影することにしました。
ところが、「臨時」と白幕で、ちょっと残念でした。

S_dsc5698_1

 本来なら会津田島側でも撮影したいところでしたが、午後に所用があったため、ここまでで撮影終了。
まだ、6050型の臨時列車があるようなので、引き続き撮影したいと思います。

| | コメント (0)

E653系「リバイバル特急ひばり」

 2022年5月14日、「リバイバル特急ひばり」を撮影しました。

 特急のリバイバルシリーズは、過去に何度もあり、485系や583系が充当されました。
そして、ヘッドマークはシールで代用することもありました。
シールは論外だとか言われたりしましたが、どうも特急のシンボルであるヘッドマークは大変大事なもののようです。

 今回のリバイバルは、E653系で運用されました。
国鉄特急色にしたのは、なかなか合っていると思いましたが、やっぱりヘッドマークが無いとダメなようです。

これだと、普通の団体臨時列車ですね。

S_dsc9904_1

| | コメント (0)

東武鉄道でDE10重連運転!

 2022年513日、東武鉄道日光線に行って来ました。

この日は、DE10が重連で回送されるとのことで、天気が悪い中でも撮影に向かいました。

 

 先ずは、DE10の重連とヨの編成から。

車長が、DE15mで、ヨは10m弱なので1スパン内に入るかと思い、狙ってみました。

 田植えしたばかりのところで撮影することにしましたが、風が結構あったために、水鏡は諦めざるを得ませんでした。

S_dsc5154_1

 新栃木からは、客車も連結されました。

S_dsc5210_1

 DEをサイドから。

S_dsc5217_1

 移動して、もう一回撮影できたので、今度は接近戦で。

S_dsc5244_1

 SLの重連も楽しみですが、DE10の重連も是非とも定期的に運転してほしいですね!

 

| | コメント (0)

関東鉄道「DD502夜間撮影会」

   2022年57日、特急「常磐日光号」の撮影後、関東鉄道の「DD502夜間撮影会」に参加しました。

 

  何度か開催されているDD502の夜間撮影会ですが、今回は、元々4/29開催予定だったのですが悪天候の影響で、この日に延期されてしまいました。 逆に、このおかげで参加することができました。

 移動途中で雨が降っている所もあり不安定な天気でしたが、撮影会場では何とか雨が降らず助かりました。

 

 今回の水海道駅から会場までの送迎列車は、キハ2101-2102でした。

S_dsc4371_1

 まだ明るいうちにDD502単体での写真を。

S_dsc4512_1

S_dsc4435_1

S_dsc4567_1

S_dsc4601_1

 以前の撮影会の時に比べて、屋根がだいぶ傷んできました…

 

 前回同様に、職員によるパフォーマンスも。

今回は、タブレットの受け渡し風景が撮影できました。

S_dsc4518_1

点検風景も。

S_dsc4831_1

S_dsc4851_1_20220509233101

 

 日没の直前に雲の合間から一瞬陽が射し込んで、ちょこっとだけギラリとなりました。

S_dsc4776_1

S_dsc4782_1

 やがて暗くなり。

S_dsc4955_1_20220509233301

S_dsc4976_1_20220509233301

 そして、気動車を連結することに。

今回は、取手方に連結されました。

S_dsc4993_1

S_dsc5014_1

ヤードの照明も点灯されて。

S_dsc5022_1

S_dsc5035_1

 そして、1620時という長丁場の撮影会は、あっという間に終了しました。

最後は、職員の皆様からお見送りいただきました。

S_dsc5082_1

また次回も、よろしくお願いいたします!

 

| | コメント (0)

E653系国鉄特急色の特急常磐日光号

 2022年57日、特急「常磐日光号」を撮影しました。

 

 水戸線経由で、高萩から日光まで直通するという、珍しい運用のため、撮影に向かいました。

使用車両は、特急色のE653系でした。

 

 天気が悪かったので、出だしが遅れてしまい、ロケハンしていたら、あっという間に列車が来る時間になってしまいました。

慌てていると、水鏡になりそうな所を見つけたので、そこで撮影することにしました。

カメラを構え終わった瞬間、列車がやってきてしまいました。

S_dsc4228_1

 何とか撮影できたものの、もう少し時間が欲しかった~。

 

 このあと、日光線に向かい、もう一回撮影することにしました。

日光線と言えば、ここという定番地へ。

もう少し時間に余裕があると思いましたが、思った以上に時間がかかってしまいました。

それでも、予想より人出が少なかったため、撮影場所は何とか確保できました。

程無くして、列車がやって来ました。

S_dsc4269_1

| | コメント (0)

143系×115系アンコール撮影会 in 新潟車両センター

2022年52日、「143×115系アンコール撮影会 in 新潟車両センター」に参加しました。

 

新潟の115系は、撮影会を何度も行っていましたが、日にちが合わなかったり、なんといっても、定員が少ないため、あっという間に満席になってしまい、申込画面が進んだ時には、既に終了してしまいました。

115系の7並びは、参加したかった…

 

今回無事参加できたのは、連休合間の平日を狙ったためでしょうか…。

越後石山駅に集合して、新潟車両センターに向かいました。

この車両センターには、初めての訪問でした。

車両センターの奥の方へ行くと、湘南色115系とクモヤ143系が並んでいました。

 

さっそく撮影開始。

何も制限がなかったので、かなり被りつかれてしまいました。

 

一通り撮影が終った頃、ようやく離れた位置から撮影できました。

先ずは、並びから。

S_dsc3217_1

S_dsc3483_1

115系N38編成

S_dsc3248_1

クモヤ143-53

S_dsc3241_11

115系の側面の方向幕の幕回しもありました。

S_dsc3272_1

S_dsc3306_1

S_dsc3291_1

 

 個人的には、これらの車両は、湘南色が一番しっくりします。

ちょっとサイドが薄かったのは難点でしたが、じっくり撮影することができました。

 

| | コメント (0)

伊豆箱根鉄道駿豆線 ED32号とED33号の重連運転

 2022年53日、伊豆箱根鉄道駿豆線に行って来ました。

 

 この日は、綺麗になったED32号とED33号が、リペイント記念として重連で運転しました。 

 ゴールデンウィーク真っ只中とあって、伊豆へ向かう道路は大渋滞と思われるので、車ではなくて列車で移動することに。

電車も勿論、かなり混んでおりましたが、運良く座れて移動できました。

 

 先月も同様に駿豆線で、綺麗になったED33を撮影したばかりでしたが、今回はED32も綺麗になり、重連運転、しかも先月とは違って天気が晴れ予報でした。 このため、光線重視としました。

S_dsc3722_1

 向かったこの区間は、カーブのために架線柱の間隔が狭く、ちょっと苦労しました。

 

 修善寺での折り返し時間が今回はあまり無いので、修善寺には行かず、同じ区間で撮影することにしました。

カーブがきつい分、列車の向きがかなり変わるため、逆向きも順光になります。

EDが来る少し前に、急に雲が沸き出し、陰ってしまいました。

何とか雲は回避できるかと願っていましたが、どうにもならず…。

S_dsc3773_1

 通過数分後、晴れました…

 

 せっかく、ED2両とも綺麗になったので、このような運用をもっと期待します!

 

| | コメント (0)

叡山電鉄「電動貨車デト1000型1001号撮影会」

  2022年423日、叡山電鉄の「電動貨車デト10001001号撮影会」に参加しました。

 

 以前、修学院車庫に立ち寄った際、車庫内に停車している車の隙間から何度か撮影したことはあったものの、パンタを上げた姿は見たことがなく、いつかは撮影してみたいと思っていました。

 撮影会開催の情報を入手したのは、応募開始後だったので、もう満席かと思いましたが、何とか滑り込みセーフでした。

 

 最初は、パン下げの状態から。

S_dsc1273_1

S_dsc1294_1_20220426224601

S_dsc1298_1_20220426225201

 後ろに人が写り込まないように、車両の回りを順番にぐるっと回るように進行してくださったので、大変効率良く撮影できました。

 

 そして、いよいよパンタを上げてくれました。

先ずはフォトランから。

S_dsc1416_1_20220426225401

S_dsc1393_1

 短い距離でしたが、動いているところを撮影できました。

 ようやく形式写真も。

S_dsc1456_1

S_dsc1523_1

側板を開けた状態も披露してくれました。

S_dsc1604_1

 最後はなんと荷台の上に上がっての撮影でした。

S_dsc1719_1_20220426230001

S_dsc1733_1

 これも大変貴重な体験となりました。

 

 あっという間でしたが、いろいろと企画を盛り込んでいただき、大変充実した撮影会でした。

こういった、マニアックな車両の撮影会は大好物です!

| | コメント (0)

«3両のDE10がリレーした旧客「陽春磐越東西線号」