「カシオペア」の黒磯訓練に「和」と「四季島」がエスコート!

 20191117日、黒磯訓練を撮影しました。

 

 何気にネットサーフィンしていると、黒磯訓練で、カシオペアをPFが牽引するとの情報があり、急遽沿線へと出向きました。

 

 下りはどこも逆光なので、取り敢えず撮影できればと思いました。

直前に「和」ことE655系も走っているとのことで、思わぬ効率良い撮影ができそうです。

 

 まずはE655系から。

S_dsc5150_1

 相変わらず、こういう条件だと側面が飛んでしまうので、撮りにくいですね。

 

 そして、カシオペアでの黒磯訓練がやって来ました。

ところが背後から上り電車もやって来ました。

上り電車の方が速いので、何とか被りは回避できるかと思いましたが、PFもかなりカッ飛んで来て、客車部分が被られてしまいました。

S_dsc5165_1

牽 引機は、EF651102でした。

何とかカシオペアを牽引しているのが判るかな。

 

 このリベンジは返しで。

 先程は、「和」が露払いでしたが、今度は「四季島」が露払いを務めてくれました。

S_dsc5202_1

 日の入り前の夕陽に照らさせてシャンパンゴールドが更に輝きを増していました。

 

 そして、〆にカシオペアがやって来ました。

S_dsc5206_1

 JR東日本を代表する豪華列車が短時間に次から次へとやって来るという贅沢な休日となりました。

 

| | コメント (0)

久々にひたちなか海浜鉄道でキハ205を撮影

 20191116日、久々にひたちなか海浜鉄道へ行ってきました。

 

 キハ205が塗装し直して綺麗になってから、なかなか会いに行けなかったのですが、ようやく行くことができました。

ただし、夕方の那珂湊-勝田間の一往復のみにしか利用されていなかったので、陽の短いこの時期にはかなり厳しい条件でした。

 

 何とか陽がもちそうな箇所で待っていたのですが、通過数分前にはとうとう陽が差し込まなくなってしまいました。

S_dsc4996_1

残念な状況になってからキハ205は通過していきました。

でも陽がささなかったものの、綺麗な塗装は健在でした。

 

 返しは、サイドから。

S_dsc5057_1

この運用限定だと暫くは良い環境で撮影することは難しいですが、綺麗な姿は末永く見たいですね。

 

| | コメント (0)

EF641051牽引の「快速EL上越線美食旅」

 2019114日、「快速EL上越線美食旅」を撮影しました。

上越線で、「ばんえつ物語号」客車をEF64が牽引しました。

 

 新潟側の天候は、残念ながらイマイチで、小雨が舞い散っておりました。

牽引機は、EF641051でした。

S_dsc4567_11

 高速ワープを利用してもう一回撮影しました。

S_dsc4601_11

 思ったほど紅葉が進んでいなかったのはちょっと残念でした。

 

 復路は、紅葉バックで。

S_dsc4655_1

 更に追いかけてもよいのですが、帰路と逆になり条件も悪くなるので、これっきりとして帰宅の途につきました。

 

 

| | コメント (0)

真岡鉄道「SLもおか」重連運転

 2019年10月14日、真岡鐡道へ行って来ました。

この日は、久々のSL重連運転でした。

 C1266がようやく検査から上がってきて、C11325が間もなく東武へ売却されるため、この2両が仲良く重連運転を組むのは、もうチャンスがあまりないのではと思われるので、多くの人が集まっていました。

S_dsc3230_1

 往路は、C11が先頭に立っていました。

S_dsc3253_1

 いつもなら3発は余裕で撮影できるのですが、この日は、車の量が大変多いためになかなか先行できなかったので、2発に絞ることにしました。



復路は、C12が先頭でした。

S_dsc3290_1

_dsc7402_1

そしてもう一回。

S_dsc3318_1

 最後は、C11単独になってから。

_dsc3367_1

 再び、重連運転が実施される日が来ること祈っております。




| | コメント (0)

運用開始した「海里」

 2019105日、「カシオペア紀行」の撮影後、この日から運用に入った「海里」を撮影しました。

 この手の車両を撮影するために遠征することはまずあり得ませんが、折角同じ路線を走っているし、オマケに初日ということで、撮影することにしました。

 撮影場所も調べもせずに、行き当たりばったりでしたが、比較的落ち着いた場所を発見して、そこで撮影することにしました。

S_dsc2805_1

 時折、ザッと雨が降りつけましたが、「海里」が通過するときは運良く止んでくれました。

 やはり、この手の車両は、撮るより乗車する車両ですね。

 

 途中の桑川駅で日没を迎えるためにバカ停するので、先回りしてもう一回。

S_dsc2851_1

S_dsc2858_11

 日没後のうえ、分厚い雲に覆われていたので、暗闇での撮影でした。

| | コメント (0)

EF8180牽引の「カシオペア紀行」

 2019105日、「飯山線開通90周年号」の撮影後、「カシオペア紀行」を撮影しに新潟県を北進しました。

 

 この日の運用は、判っていなかったのですが、過去の情報とこの日の目撃情報を照らし合わせてみると、ほぼ一緒なので、過去情報を頼りに移動しました。

 カシオペアは、途中で結構停車があるので直ぐに追い越せました。

 だいぶ先行できたので、ゆっくり準備していると、遠くに怪しく光るヘッドライトが。

2灯で車両の上の方で光っているようなので、まさかと思いましたが、近づいてくるとやはり紛れもなくEF81でした。

慌ててカメラを構えて何とか撮影することができました。

S_dsc2746_1

 牽引機はEF8180でした。

 

 こうなると、先の情報通りではないので、この先どうなるか不明です。

高速ワープを使い、線路沿いに進むと所々に撮影者がいました。ちょうど後片づけをしている様子だったので、まだ近くにいると思い、進めていくと村上駅で停車している姿を発見! これで先回りできました。

 

 でも、いつ出発するか判らないので、直ぐに線路際へ。

程無くしてカシオペアがやって来ました。

S_dsc2757_1

 この後も追いかけてみましたが、遠くに姿が時折見えるものの、停車すると思っていた駅でも停まる様子が無かったので、暫く追いかけてみたものの、途中で諦めることにしました。

 

 やはり、情報収集は大切ですねぇ…。

 

| | コメント (0)

DD16牽引の「飯山線開通90周年号」

  2019年105日、飯山線へ行って来ました。

 この日は、「飯山線開通90周年号」が運転されました。

DD16牽引の旧客編成なので、なかなか撮影機会が無いため、頑張って遠征して来ました。

 久々の運転のためか、ある程度の混雑を予想していましたが、生憎の天気模様にも関わらず、それを上回る多くの人が訪れていました。

 

 まずは高台からの俯瞰から。

直前に一瞬靄がかかってちょっと焦りましたが、直ぐに落ち着いて、懸念していた並走車も無く撮影できました。

 S_dsc2646_1

 DD16 11は、かなり綺麗に磨かれており、まるで新車のようでした。

そして、なんといっても今回はヘッドマークも無く、非常に美しい編成になっていました。

サイドから。

S_dsc2662_1

 千曲川も入れたワイドなショットも。

S_dsc7283_1

 この後は、追っかけてみますが、当然同じ考えの人ばかりで、かなりの追っかけ車列が連なっており、なかなか先行できませんでした。

それでも、ノンビリ走っている列車なのでようやく先行できて、2発目の撮影を。

S_dsc2690_1

道が結構混んでいるので、予定していた所を素通りして、その先へ向かいました。

そして、3発目。

S_dsc2725_1

 この後、もう一回は撮影できるのですが、この日は「カシオペア紀行」も上越線経由で運転されていたので、こちらを撮影しに向かいました。

 

 

| | コメント (0)

令和初の御召列車

 2019928日、茨城県へ向かいました。

 この日は、天皇皇后両陛下が国民体育大会御臨席と地方事情御視察のために茨城県へご訪問なされました。

 まずは御召列車から。

 

 天気予報が下り坂予報で、朝の早い時間から既に雲が広がっており、曇りだろうと思い、逆光側でもスッキリと撮れそうな場所へ向かいました。 しかし、何故か天気は回復傾向で、列車直前には、すっかり快晴になってしまいました。

 

 日章旗を掲げたE655系の御召列車は、足どりも軽やかに通過して行きました。

 

 S_dsc2166_1

 気になる特別車両に目を向けると天皇皇后両陛下の姿はありませんでした…。

(実はピンが来ていなかったので、逆にちょっと安心しました。)

 

 気を取り直して次は車列の方へ。

S_dsc2231_1

 雅子様こと皇后陛下は穏やかな表情でした。

S_dsc2232_1

 陛下とのツーショットも。

S_dsc2244_1

 

 国体の開会式にはブルーインパルスも登場!

S_dsc2271_1

S_dsc2285_1

 生憎の曇り空になってしまいましたが、その存在感は抜群です。

 

 そして、宿泊先へ向かう途中の車列をもう一回撮影しました。

S_dsc2340_1

S_dsc2352_1

 

 いろいろな特別車両を一日のうちでタップリと堪能しました。

 

| | コメント (0)

EF6437の甲府工臨返却

2019年8月24日、EF6437を撮影しました。

この日は、甲府工臨の返却回送がありました。

荷無しのロンチキの回送だから人出は少ないと高を括っていましたが、沿線にはかなり多くの人が出ていました。

曇り空かと思っていましたが、みるみるうちに雲が抜け始め、とうとう晴れ渡ってしまいました。

慌てて順光ポイントを探して向かってみましたが、既にスタンバイしている方々で一杯のため断念しました。
あまり時間も無くなってきましたので、当初の場所へと向かいました。

何とか場所を確保して撮影しました。

S_dsc0497_1

やはりサイドに陽が当たらないと厳しいですね。


途中で長時間停車もありましたので、先行して西八王子界隈でもう一回。

S_dsc0533_1

更に、都心を抜けて新金線でもう一回撮影できました。

S_dsc0563_1

 

| | コメント (0)

東京メトロ03系 北陸鉄道へ!

 2019712日、東京メトロ03系の甲種輸送を撮影しました。

東京メトロ03系が北陸鉄道で第2の人生を歩むことになったようです。

 

 この日は、ちょうど所用で金沢に行っていた最中だったので、早く用事が済めばどこかしらで撮影できそうでした。

ところが、そう巧くは所用が終わる筈が無く、ギリギリ駅撮りが出来るかどうかでした。

 

 予定スジだと金沢貨物ターミナルに20分程度停まるようなので、その直前に間に合えばと願い普通列車に乗りました。

駅の線形からbetterと思われる森本駅を目指しました。

 途中ですれ違わないかヒヤヒヤしましたが、森本駅にはスタンバイしている方々が居ましたので一安心しました。

 

 予定スジでは直ぐに通過する時間なのですが、なかなかやって来ません。

どうやら、途中でバカ停して予定スジより遅い時間で金沢タでの停車を無くしたようです。

 

 その予想通り、20分程度遅い時間で列車がやって来ました。

S_dsc9548_1

 牽引機は、EF510-1でした。

 

 後ろ姿も。

S_dsc9565_1

 

 後続の列車で目的地である松任駅まで追いかけてみました。

 

 既にEF510は切り離されていて、DE10での入換が始まる直前でした。

S_dsc9580_1

 直ぐに駅から出て入換の様子を撮影しました。

 

 かなり暗くなってきたので、高感度、シャッター停速度で対応せざるを得ませんでした。

S_dsc9588_1

S_dsc9669_1

 先頭車通しの連結面も。

S_dsc9631_1

 押し込まれるまで、追いかけてみて撮影終了~。

S_dsc9698_1

写真をよくみると、傍らにトワガマも写っていました。

肉眼では気がつかなった程暗かったのでした…。

 

このあと、どのような姿で北陸鉄道へ現れるか楽しみですね!

 

 

 

| | コメント (0)

«伊豆急「クモハ103引退記念特別運行」