東武鉄道へ譲渡されるDE10 1109の甲種輸送

 2020年4月4日、東武鉄道へ譲渡されるDE10の甲種輸送を撮影しました。

 

 当該車両のDE10 1109は、かつてのDD51の北斗星色のような青色塗装に金帯という出で立ちで出場してきました。

この姿はなかなか格好良いですね。

S_dsc3865_1

 牽引機は、なんとEH200-901でした。

 

 熊谷貨物ターミナルに行っていましたが、手前に他の貨物が停車しており、なかなか思うように撮影できませんでした。
何とか障害物を避けて撮影しました。

S_dsc3984_1

 HD300との並びも。

S_dsc3977_1

 このDE10が14系を牽引している姿を早く見たいものです。

| | コメント (0)

EF81 95 牽引のロンチキ 黒磯工臨

 2020316日、黒磯工臨を撮影しました。

 

 夜になって、ロンチキ黒磯工臨があるとの情報を聞きつけて、おまけに牽引機がEF8195とのことだったので、慌てて参戦しました。

 以前、小山駅で番線変更があったので、保険で走行を撮影することにしました。

S_dsc2426_1

 

 時刻表を調べてみると、続行の普電に乗れば、小山駅で追い付けるようでした。

保険の走行撮影した後、直ぐに続行電車で小山駅へ向かいました。

 この日は、番線変更無く、中線に停車していましたが、上り列車が目の前を塞いでいました。

どうやら、異音で抑止されているとのことでしたので、反対側のホームへ戻り、またまた保険の取り敢えず撮影をしました。

S_dsc2464_1  

 暫くすると、抑止解除されたようで、ゆっくりと上り列車が動き出しました。

再び、ホームを移動して、林立する三脚の合間に入れてもらい、撮影しました。

S_dsc2490_1

S_dsc2524_1

 程無くして、工臨列車は出発して行きました。

 

 ネタがネタだけに、大変多くの人が集まって凄いことになっていましたが、何とか撮影することができました。

 

| | コメント (0)

久々にEF66 27を撮影

 2020年2月24日、久々にEF66 27を撮影しました。

 数日前にEF66 27が宇都宮線に入線しているのを確認しており、休日に入ってくれないかなぁと思っていましたが、運用ループが短くなって直ぐに再び宇都宮線へやって来ました。

 天気が良さ過ぎて陽が当たるのは確実でしたが、元々順光区間がほとんどない上にまだまだ陽が低く南側に傾いているので、順光撮影は絶望的でした。

 サイドからでも撮影しようかとも思いましたが、以前にも撮影していたので、まだ撮影していない場所へと向かいました。

 雲一つ無い天気の中、EF66 27はやって来ました。

S_dsc2104_1

 また、事前にはEF65 2101もやって来てくれました。

S_dsc2084_11

 EF66 27には、まだまだ末永く活躍してほしいですね。

 

 

| | コメント (0)

East i-D

2020224日、久々にEast i-Dを撮影しました。

 好天気に恵まれたので、何か撮影したいと思い、前日と同様に、もう一度東武の6050系でも撮影しようかと思いましたが、目撃情報も見当たらず、他にネタがないかと思っていたら、ちょうどEast-iDの運用があるようでした。

 そういえば、最近East-iを撮影していなかったのでちょうどよいかと思い、出撃しました。

S_dsc2060_1

  たまには、地道にこのような車両にも目を向けていきたいですね。

 

 

 

 

| | コメント (0)

再び東武鉄道6050系リバイバルカラー4連

 2020年2月23日、前日に引き続き、東武鉄道へ行ってきました。


 前日も6050系のリバイバルカラーは4連のままで運用を終えたようでした。
この日も4連のままで運用に入るのでは?と思い、目撃情報をチェックしてみました。

すると、朝早くから4連で運用に入ったらしく、既に南栗橋へ向かって走行しているようでした。

 上りは間に合いませんが、折り返しには間に合いそうだったので、慌てて出撃しました。

 まだ面には陽が当たるかなと淡い期待をしましたが、残念ながら半面ギリギリがやっとでした。

S_dsc1994_1

 日光から折り返してそのまま新栃木に入庫するようなので、新栃木以北へ移動しました。

 折からの強風で、雲の流れが速くて陰らないかドギマギしましたが、通過時は、運よく雲の切れ間に当たってくれました。

S_dsc2041_1
引き続き、時間が許す限り、動向をチェックして撮影しようと思います。

| | コメント (0)

東武鉄道6050系リバイバルカラー4連

 2020年2月22日、東武鉄道へ行ってきました。

 ここ数日、6050系リバイバル車2編成が連結されて運用されていました。
このまま休日も2編成が連結されたまま運用に入らないかなぁ?と思い情報を探していました。
すると、リバイバル2編成が連結されたまま日光方面へと向かっているようなので、これの返しを撮ろうと思い出撃しました。

 雲が途切れ途切れになってきたので、あわよくば日差しが差すのでは?と期待しましたが、逆に雲が広がってしまい、太陽が隠れてしまいました。

S_dsc1861_1

 南栗橋からの折り返しも狙いました。

S_dsc1916_1

 

合間に他の6050系も。

S_dsc1885_1 S_dsc1943_1

 魔改造車も。

S_dsc1931_1

 ようやく、4連のリバイバル車を撮影することができました。

次回は是非とも、リバイバル4両で、急行幕、前パンタで撮影したいと思います。

 

| | コメント (0)

東武鉄道6050系リバイバルカラーの団体臨時列車

 2020216日、東武鉄道の6050系リバイバルカラーの団体臨時列車を撮影しました。

この日は時間が取れましたので、天気がイマイチでしたが何処かに行こうかと思い、色々と調べていたら東武で団臨があるようでした。

 これはもしかしたら6050系のリバイバルカラーが充当されるのでは?と淡い期待を持って沿線へ慌てて向かいました。

 

 ところが、6050系が充当されましたが、どうやら片側はオリジナル色の4両編成になっておりました。

リバイバルカラーだけのの4両編成を期待していたので、ちょっと残念でした。

 

 それでも、前回と違う混色編成だったので、撮影を続けました。

まずは送り込み回送から。

S_dsc1635_1

 片割れの両パンタのリバイバルカラー6179Fも一般運用に入っていました。

S_dsc1617_1

 

 オリジナル塗装が先頭の本運転。

S_dsc1687_1

 今回も「団体専用」「たびじ」の表示でした。

 

 更に今回の団臨は、東武宇都宮線にも入線してくれました。

6050系が東武宇都宮線に入るのは珍しいことと思われます。

S_dsc1723_1

 

 そして、日光方面へと向かう列車をアップで。

S_dsc1735_1

 

 最後は帰路に就くところを。

S_dsc1785_1

 生憎の天気の中でしたが、一通り撮影できました。

 次回は是非とも4両編成のリバイバルカラーを撮影したいと願っております。

 

 

| | コメント (0)

DE10 1705牽引の小山工臨

 202029日、小山工臨を撮影しました。

 

 牽引機が、茶色のDE10 1705になるようなので、ちょっと珍しいと思い、出掛けてみました。

まだまだ、太陽が低い季節なので、何とか影が掛からないような場所へと向かいました。

 

 チキが2両と短いのが残念ですが、逆にこの機関車には合っているような感じでした。

S_dsc1099_1

 後ろ姿も。

S_dsc1105_1

 

 小山でチキを切り離すのですが、この時に訓練もおこなっているようで何度も解結作業をしているようでした。

S_dsc1189_1

 

 その合間に211系やE531系もやって来ました。 

S_dsc1123_1

S_dsc1130_1

 

 そして、ようやく機関車が切り離されて単機で戻っていきました。

S_dsc1242_1

S_dsc1291_1

S_dsc1298_1

 

 

 

| | コメント (0)

東武鉄道6050型リバイバルカラー編成を追っかけて

 2020年2月11日、東武鉄道6050型リバイバルカラー編成を利用した「リバイバルカラー直通列車で行く フリータイム満喫 日帰りの旅 南会津」を撮影しました。

 東武鉄道の6050型リバイバルカラーは、旧6000型を彷彿させるなかなか良い出来だったので撮影したかったので、ようやくタイミングが合いました。

 

 せっかく田島まで行くし、そのあとも会津高原尾瀬口まで一往復するので、会津鉄道沿線へと向かいました。

 沿線は、ようやく雪が積もった程度で、薄っすらとしか積もっておりませんでした。

 

 てっきり、リバイバルカラー2編成4両で運転されるかと勝手に思っていましたが、目撃情報を確認してみると、実際には一編成2両でした。

 気を取り直して、小雪がちらつく中、列車を待ちました。

 貫通扉に「TOBU NIKKO LINE 90th」のヘッドマークを、方向幕は「団体専用」「たびじ」でやって来ました。

S_dsc1329_1

 

 尾瀬口への列車を。

S_dsc1358_1

 前パンになるので面縦アップも考えましたが、結局いつも通りのお決まりの構図で撮影しました。

 

 田島への折り返しも。

S_dsc1386_1

 こちらは何故か白幕と「臨時」になっていました。


 田島からの帰路は遅くなるので、会津鉄道を後にして南下しました。

 もう片方のリバイバルカラーが東武線内で動いているようなので、それを狙いました。
移動に思ったより時間がかかってしまいましたが、何とか順光で走っているところに間に合いました。

S_dsc1401_1

 オマケにSLも。

S_dsc1416_1

 

 更にもう一回、リバイバルカラーを狙いましたが、もうタイムアップでした。

S_dsc1464_1


 リバイバルカラー4両の姿を見るのが宿題として残ってしまいました。

 

| | コメント (0)

秩父鉄道「ELパナソニックワイルドナイツ号」

  2020年28日、またまた秩父鉄道へ行って来ました。

 この日は、「EL REIWA2」運用の一環で「ELパナソニックワイルドナイツ号」として、特別ヘッドマークを掲出して運転されました。

ヘッドマークが変わり、秩父側が青色のデキ301になったので、そちらをメインに撮影しました。

 まずは、送り込み回送から。

S_dsc0787_1

 先に撮影した時と同じ、黒色のデキ201が先頭でした。

 

 結局、前回と同じような行程で撮影しました。

S_dsc0822_1

S_dsc0895_1

 

| | コメント (0)

«秩父鉄道「EL REIWA 2」