27日に、EF66 27がやって来た!

 2021年2月27日、久々にEF66 27を撮影しました。

 前週の祝日に4093レにEF6627が充当されそうだったのですが、その前日に入ってしまい残念無念でしたが、またまた運用が変わって、27号機にお似合いのこの日に充当されました。

 この日は、天気が良すぎてしまい、ほぼ逆光区間となってしまう東北本線内では辛い撮影となってしまいます。
このため、面ドッカンで撮影することにしました。

S_dsc6159_1

 いつまでEF66が東北本線を走ってくれるのか、いつまで27号機が活躍してくれるのか不明ですが、撮れる時には撮っておきたいところです。

 

| | コメント (0)

西金ホキの郡山入場回送 -水戸線編 -

 2021年2月21日、西金ホキの郡山入場回送を撮影しました。

 

 前日に水郡線内で撮影した、西金ホキの郡山入場回送ですが、この日は、水戸線内で撮影しました。


この日は、EF81 80 が牽引しておりました。

S_dsc5922_1

 もう一回撮影。

S_dsc5943_1

 更に、東北本線内でも撮影しました。

S_dsc5951_1

 来月末には、水郡線が全線開通する予定なので、西金ホキが郡山へ入場する際に、水戸線を経由するのは、今回が最後になってしまうかもしれませんね。

 

| | コメント (0)

西金ホキの郡山入場回送 -水郡線編 -

 2021年2月20日、西金ホキの郡山入場回送を撮影しました。

水戸線内でのEF81牽引は、何度か撮影しましたが、水郡線内では未撮影でした。

 ようやく水郡線内での撮影機会に恵まれました。


 良い天気の中、DE10 1604 に牽引されてやって来ました。

S_dsc5855_11

 新型砕石輸送気動車GV-E197系も出現してきましたので、
ホキも余命幾許もなくなってしまったので、今のうちに撮影しておきたいところです。

| | コメント (0)

185系 快速「早春成田初詣号」

 本年もよろしくお願いいたします。

 2021年1月10日、快速「早春成田初詣号」を撮影しました。

とうとう特急「踊り子」からの引退が正式発表された185系ですが、その後も一体どのくらい活躍の場があるのか不透明であります。

臨時列車に充当されると思いますが、このコロナ禍の中ではどれだけ臨時列車の運用があるのかは前途不明です。

 今回の快速「早春成田初詣号」も、直前に発表された緊急事態宣言によって、運休になってしまうかと懸念しておりましたが、運転されることになってホッとしました。

_dsc5173_1

 ヘッドマークは、お決まりの「臨時快速」でしたが、走っている姿を見られるだけでも満足しないといけませんね。

 

| | コメント (0)

2020年の最後に

2020年も間もなく終わろうとしております。

一年前には、まったく想像することができなかった、とてつもない事態となってしまいました。

緊急事態宣言が出される直前のある日、上野駅での放送の中で、「明日も通常通り運転します!」という駅員さんのの力強いメッセージがありました。

次の日がどうなるのか不安がある中でも、鉄道はきちんと動かすという、我々に安心感を与えてくれる力強いメッセージでした。

思い起こせば、東日本大震災の時にも、鉄道の力強さと繋がっているということの大切さを体現させてくれました。

普段、当たり前だったことが、実は大切なことだったということを改めて実感できました。

来年の大晦日は、笑って迎えられるようになっていてほしいと切望します。

S_dsc4955_1

| | コメント (0)

東武鉄道で再び走り出した「C11 325」

 2020年12月26日、東武鬼怒川線でC11 325を撮影しました。

真岡鐡道から譲受されたC11 325が、この日から営業運転開始となりました。

 日章旗が付いているとのことだったので、まずは、正面アップから。

S_dsc4507_1

 

 続いて定番位置で。

S_dsc4576_1

 更に。

S_dsc4685_1

 ビデオから切り出しも。

Sdsc_4658_moment_1

 

 この日は、脇役になったC11 207

S_dsc4536_1

 

 また、350型も団体専用列車として走っていました。

S_dsc4521_1

S_dsc4620_1

 こちらの去就も気になりますね。

| | コメント (0)

「さようならデキ108号」ヘッドマークを装飾した「快速秩父路デキ108号」

 20201212日、秩父鉄道へ行って来ました。

 

 この日は、「快速秩父路デキ108号」と称したデキ108号のさよなら運転がありました。

一灯、ヒサシ付で人気のあったデキ108でしたが、とうとうラストランを迎えることになってしまいました。

 

 前回、「ちちてつ秋まつり」で、デキ108が貨物を牽引した時に、結構人出が多かったので、今回は、送り込み回送の撮影は諦めて、デキ108が先頭に立つところからスタートすることにしました。

 

 早めに到着したつもりだったのですが、既に多くの三脚が立っておりました。

それでもまだ余裕があったので、その中に混ざりました。

S_dsc4229_1  

 デキ108は、特製の「さようならデキ108号」のヘッドマークが取り付けられていました。

 

 続いて、面縦で。

S_dsc4278_1

 午後は所用があったので、復路はパスしたため、これが最後のなってしまいました。

| | コメント (0)

えちごトキめき鉄道 直江津運転センター 見学会

 くびきのレールパークでの撮影会の翌日は、えちごトキめき鉄道の直江津運転センターの見学です。

 

先ずは、「雪月花」の出庫シーンから。

S_dsc3343_1

 この列車には是非とも乗りたいのですが、なかなかその機会に恵まれません。

この列車とあの列車と、何パターンか乗りたい列車の組み合わせが思い付くのですが、実行に移っていないのが実状です。

 そんなことを思いつつ、出庫シーンを見送りました。

S_dsc3357_1

S_dsc3367_1  

 

 ここ直江津には、まだターンテーブルが残っておりました。

S_dsc3419_1

その後ろには、機関庫もありました。

S_dsc3433_1

 機関庫の入口に、建物財産標なるものがあったので、見てみると、なんと昭和1911月との記入が!

かなり昔から存在していたようです。

S_dsc3415_1

時代を経て、何度も改造されてきたようです。

 

S_dsc3400_1

この写真のように、ガラーンとしておりますが、間もなく、魅惑的な車両達が集うことになりそうです。

 

 先ず、いきなりターンテーブルに似合う大スターのD51がやって来ました!

早く会いに行きたいです。

 

 何と言っても、鳥塚社長ですから、今後に期待が持てますね。

まだ生き残っている国鉄形車両達が集う姿を想像するとワクワクしますね。

 数年後には、足繁く通うようになっていることでしょう!

 

 

| | コメント (0)

くびき野レールパーク撮影会

  2020320日、くびき野レールパークでの撮影会に行って来ました。

 

 関東地方は、晴天だったのに、国境のトンネルを抜けると雨模様。

オマケに強風が吹いており、撮影なんかできないのでは…と思う程でした。

しかし、くびきに近づくに連れ、雨は小降りになり、時折、雲の隙間から陽射しが差し込むようになりました。

風が強く吹いているので、雲の動きも早くて雲が途切れ途切れになってくれて、雨が止んでくれました。

 

 久々のレールパーク訪問でしたが、車両達は綺麗な状態で車庫の中に佇んでおりました。

DC92がエンジン始動したので、庫外で待ちかまえていると程無くDC92は、ゆっくりと仲間を引き連れて出てきました。

S_dsc2616_1

 大変美しい綺麗な車体は、いかに大切に保存されているかが良く判ります。

  一通り編成写真を撮ったら、次はホジ3の単独撮影。この車両もなかなか愛くるしい姿をしていますね。

S_dsc2686_1

 そして、なんと言ってもビックリするのは、その御年!1914年生まれなのです!

その後の数奇な運命は、是非とも調べてみてください。

いかに様々な改造を受けて、奇跡的に現存するのかが判ります。

 

 DC92が再び動き出しました。

S_dsc2751_1  

 

 今度は、おまちかねの2号蒸気機関車のコッペルが引き出されました。

S_dsc2781_1  

 しかも、後ろに魅惑的な客車や貨車を引き連れてきました。

こちらもピカピカに輝いていました。

S_dsc2854_1

コッペルの煙突から煙が!

まるで、現役の機関車かと思わせるような素晴らしい演出ですね!

 

 すると、今度は、その横をホジ3が排気煙を出しまくって駆け抜けて行きました。

S_dsc2954_1  

 

 やがて、夕方になり、良い感じの光線状態になりました。

S_dsc3120_1

 あっという間に暗くなり、今度は夜の帳がおりました。

風が吹いていて煙が横に流れてしまったのは残念ですが、煙が良い感じでした。

S_dsc3288_1  

 

 最後は、ホジが横に並びました。

S_dsc3309_1

 

 たっぷりと時間があると思っていましたが、あっという間に終わってしまいました。

 

| | コメント (0)

秩父鉄道電気機関車撮影会 – 会場編 -

 2020104日、秩父鉄道電気機関車撮影会に行ってきました。

 

 本来なら、3月に開催されるはずだった本撮影会でしたが、生憎のコロナ騒ぎで、中止になってしまいました。

中止の連絡を受けた時に、この騒ぎが一段落したら是非リベンジ撮影会を開催してほしいと、お願いしておりましたが、多くの人から同じような意見が沢山あったのでしょう、それが現実となりました。

 更に、3月に申し込んだ人には、優先的に事前申込できると、恩恵も受けました。

 これによって、最終日の、関車の入れ換えも撮影できる、最終回を無事確保できました。

 

 集合場所の武川駅からはバスで会場である熊谷貨物ターミナルへ向かいました。

S_dsc0832_1

はやる気持ちを抑えて、先ずは、信号操作室の見学から。

これはこれで大変貴重な体験でした。

S_dsc0849_1

S_dsc0852_1

 よく見るとおいしい情報も書いてありました。

 

 そして、いよいよ撮影会場へ。

 午前中に送り込み回送された5両の機関車が斜めに並んでいました。

S_dsc0858_1

S_dsc0935_1

S_dsc0893_1

 デキ108には、松尾鉱業鉄道時代のナンバープレートも再現されていました。

S_dsc0877_1_20201107213601

 なかなか粋な計らいですね!

 

 デキ502には、「ELパレオ」のヘッドマークが取り付けられていました。

S_dsc0910_1

 

 デキ201には「ありがとう熊谷貨物ターミナル」のヘッドマークが。

S_dsc0923_1

 

 デキ302には、「ELパレオ」が。

S_dsc0951_1

 

 そして、デキ505には、「三ヶ尻線さよなら甲種輸送」のヘッドマークが取り付けられておりました。

S_dsc0938_1

 

 暫くすると、装飾品を取り外し、すっぴんの姿になりました。

S_dsc1011_1

 

 いよいよ入れ換えが始まります。

牽引機は、黄色のデキ201が担当します。

S_dsc1112_1

 先ずはデキ108を繋ぎました。

S_dsc1131_1

 一瞬、重連貨物になりました。

 

 

 今度は。デキ201を迎えに行きます。

S_dsc1148_1

 EF65が脇を通過していきました。

S_dsc1188_1

 この出会いもこれが最後になってしまうのでしょうか。

  

 3重単。

S_dsc1216_1

 

 そして、4重単

S_dsc1294_1

 

 更に5重単!

S_dsc1367_1

 朝の送り込み回送の再現ですね。

 

 このまま、返却回送になるのかと思いきや、再び戻ってきて、何とヲキの前に連結しました。

S_dsc1445_1

 5重連の貨物列車の出現です。

撮影場所が近くて狭いのが玉に傷でしたが、このような編成を仕立てくれ感謝に耐えません。

S_dsc1559_1  

 そして、編成が解かれて返却回送として、出発していきました。

 

 後に残ったヲキの編成。

S_dsc1512_1  

 黒い貨物編成は、しっくりします。

 

 あっという間に、タイムアップ。

バスに乗り込み武川駅へと戻り、撮影会は終了しました。

 

 再び、このような素晴らしい撮影会を開催してほしいですね。

今度は、是非オリジナル塗装の機関車だけでの撮影会も開催をご検討お願いいたします。 

 

 

 

| | コメント (0)

«最後のデキ108牽引の貨物編成