« 209系疎開回送 | トップページ | 黒部峡谷鉄道 »

大糸線

 2009年5月2日、家族旅行の途中で、大糸線に寄りました。

 連休初日&高速料金1000円の影響で、上信越自動車道の信州中野ICから先が想像以上に渋滞して、
想定していたより1時間以上もかかってしまいました。
 ロケハンする時間もままならず、糸魚川ICで降りて、国道を走りながらで適当な場所を探すと、
根知-小滝間で程よい場所を見つけ、列車が来る直前にギリギリ間に合いました。
線路沿いには、点々と電柱が立っていますが、2両編成なら、その間隔になんとか入りました。

S090502_1 S090502_

その後、昼食をとり、再び大糸線へ。今度は小滝駅手前の鉄橋で撮影しました。
青空と新緑がきれいだったので、縦位置で狙いました。

Sdsc_2428

 鉄活動を一通り終えた後、フォッサマグナミュージアムへ向かいました。
 ここには、下写真の東洋活性白土株式会社で使用されていた「くろひめ号」が展示されていました。
塗り替えたばかりのようで、大変きれいな状態でした。
しっかりとした屋根と、サイドは雪囲いが付けられるようになっていて、大切に保存されているようでした。

Sdsc_2449 Sdsc_2454

|

« 209系疎開回送 | トップページ | 黒部峡谷鉄道 »

JR西日本」カテゴリの記事

気動車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/45107507

この記事へのトラックバック一覧です: 大糸線:

« 209系疎開回送 | トップページ | 黒部峡谷鉄道 »