« 集集線 | トップページ | 乗務員訓練運転 »

団体臨時列車「越後号」

2009年7月4日、団体臨時列車「越後号」に乗車しました。

集合場所の上野駅に行くと、使用する車両がまだ到着していないとのこと。出発時間も目処がたたな
い状況でした。 客車は、青森から回送しており、大雨にため、大幅に遅れていました。

上越線を通る夜行列車も遅れており、8時を過ぎているのに、まだ能登すらも到着していませんでした。
このため、列車が来るまでの間、久々に上野駅で駅撮り三昧になってしまいました。
折しも、この日は、リバイバルあいづも運転されており、全く退屈することもなく、待ち時間を過ご
すことができました。

最初にいたのは、「和み」です。肉眼で見る以上に車体に周りのものが写り込んでいます。
やはり、写真には難しい被写体です。その後に、能登がやってきました。
心なしかいつも以上にくたびれている様に感じました。

Sdsc_4630_1_2 Sdsc_4647_1_2

次にやってきたのは、「リバイバルあいづ」でした。
なんとT-18編成でした。このためかヘッドマークがシールだったのがちょっと残念です。しかし、4つ目は良いですね。

Sdsc_4699_1 Sdsc_4669_1 


ほどなく、「北陸」が到着。この日は、EF641051牽引でした。

Sdsc_4719_1

「あけぼの」も到着しました。こちらは、EF6437、茶釜が牽引していました。

Sdsc_4757_1 Sdsc_4724_1

そして、ようやく、約2時間遅れで、当該列車が到着しました。

乗った車両は、24系寝台車で、牽引機は、下り方がEF641001で、上り方がEF8181でした。どちらにも特製ヘッド
マークが付いていました。64側は「出羽」、81側は「日本海」をベースにしているようです。

乗ってしまえば、あとは順調。元気良く走ってくれました。さすがに、現役特急車両です。

目的地の越後湯沢まで行かず、ひとつ手前の越後中里で下車しました。
乗ってきた列車を今度は撮影するのです。
中里駅近くで、写真を撮り、再び中里から当該列車に乗り込みました。

Sdsc_4780_1 Sdsc_4812_1

Sdsc_4824_1 Sdsc_4840_1


後はひたすら終着駅上野を目指しました。
久々に乗った寝台客車は、通路側の椅子や、テーブル等、昔から変わらない様相でした。
枕元の電気が、以前はON/OFFだけだったと思うのですが、この日乗った車両は、常夜灯にもなりました。

車内では、みんなで持ち寄った写真を肴にお酒もすすみ、あっという間に上野へ戻ってきてしまいました。

|

« 集集線 | トップページ | 乗務員訓練運転 »

EF64」カテゴリの記事

EF81」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/45585142

この記事へのトラックバック一覧です: 団体臨時列車「越後号」:

« 集集線 | トップページ | 乗務員訓練運転 »