« EF510-501試運転 | トップページ | 銚子電鉄 番外編 »

銚子電鉄

 2009年12月27日、銚子電鉄に行ってきました。

この日は、「801」と「1001」が稼動していました。
Sdsc_3794_1 Sdsc_3846_1

 前回、訪問した時と比べると、「702」が、外川から仲ノ町へ移動したのと、伊予鉄からやってきた「新車」の一編成が京王グリーンに塗り替え完了していたことが大きな違いでした。
Sdsc_3671_1 Sdsc_3626_1

Sdsc_3618_1 Sdsc_3641_1

「702」のいなくなった外川は、ガラーンとしていました。そして、何故だか銚子よりのホームが延伸され、かさ上げされたようです。 同じようなホームの改造は、西海鹿島駅でも見られました。
Sdsc_3576_1

 京王グリーンに塗り替えられた「新車」は、まだ型番もなく、検査の記述等もまだありませんでした。
また、仲ノ町構内には、「京王展示車両ライトグリーン」と書かれた塗料缶がありました。このような名称の塗装のようです。
Sdsc_3705_1

 もう一方の編成は、笠上黒生に留置されたままでした。強いてあげると、銚子方に重機がおかれてしまったことです。 それでも撮影するには、影響はほとんどありませんでした。
Sdsc_3520_1 Sdsc_3546_1

Sdsc_3507_1

 仲ノ町に集った「701」と「702」は、何を語り合っているのでしょうか?
Sdsc_3689_1 Sdsc_3622_1 

 「701」と「801」には、「LAST RUN」のマークが貼り付けられており、活躍する姿を見られるのもあとわずかのようです。  また、仲ノ町では、「ありがとう701 702 801」の記念乗車券が売られていました。
Sdsc_3812_1 Sdsc_3649

 湘南顔の元京王線が復活するのは嬉しいですが、それにより、味わいのあった車両が消えていくのは寂しいものです。せめて最期に以前の銚電色に戻ったら・・・、と思った次第です。
 
 

|

« EF510-501試運転 | トップページ | 銚子電鉄 番外編 »

私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

銚子電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/47129420

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子電鉄:

« EF510-501試運転 | トップページ | 銚子電鉄 番外編 »