« 青森遠征 弘前郊外で朝練 | トップページ | 津軽鉄道開業80周年記念イベント - 混合列車編 - »

津軽鉄道開業80周年記念イベント - 撮影会編 -

 2010年8月28日、JRでの優等列車撮影後、津軽鉄道80周年記念イベントに向かいました。

津軽五所川原に着くと、駅前にはフリー切符を購入するための長い列が…。 早くも大盛況を予感させてくれます。
やっとの思いで、切符を購入して、イベント会場へ向かいました。 ちょうど撮影会が始まったところでした。

 この撮影会、大変素晴らしい企画力だったのです!
時間を区切り、それぞれ撮影主体が明確になっていました。 その度に、車両位置も微妙に変えて撮影しやすい状態にしてくれます。
 しかも太陽の位置がちゃんと計算されていて、順光で撮れるようにタイムスケジュールが組まれていました。
更に驚くのは、これらのタイムスケジュールが予めHPで告知されていたのです。 ほとんどの撮影会は、時間配分等は当日現場に張ってあるだけですが、ここは違いました。お陰様で、ゆっくりと撮影することができました。

 まずは機関車たちから。
Sdsc_8555_1
Sdsc_8510_1

 続いて、ナハフ12。
Sdsc_8498_1

 さらにキハ22。
Sdsc_8682_1
 これら2両もいずれ整備してほしいですね!

 そして、新鋭の走れメロス号
 方向幕の回転サービスもしてくださり、普段みることのできない幕も表示してくださいました。
Sdsc_8614_1 Sdsc_8619_1

 今回の目玉ともいえる、復活した貨車たちです。 黒光りした貨物を久々にみました。
Sdsc_8494_1
Sdsc_8684_1
Sdsc_8691_1

 最後は、津鉄オールスターズ! 澄み切った青空の下、大変綺麗でした。
Sdsc_8645_1

 撮影会と並行して、ラッセル車の体験乗車も行っていました。 運転席に座れるだけでなく、実際に走らせての体験乗車でした。
Sdsc_8530_1
Sdsc_8523_1

 流石に人気があって、整理券はすぐに無くなってしまいました。 
しかしながら、時間まで運転するために若干の空きがあるとのことで、運良く乗車することができました。
高い運転台の旋回窓から見る風景。ゴツゴツとした、線路の振動がダイレクトに伝わってくる感じは、大変新鮮で貴重な体験でした。
Sdsc_8670_1

 撮影会のあとは、いよいよ混合列車の運転となりました。

|

« 青森遠征 弘前郊外で朝練 | トップページ | 津軽鉄道開業80周年記念イベント - 混合列車編 - »

撮影会」カテゴリの記事

津軽鉄道」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

さすがに青森遠征は出来ず、東京総合車両センターでDD51やEF5861を愛でていましたが・・。
整備された車両達も青空に満足しているようですね。
ぜひキハ22も整備して欲しいですね。

投稿: モリモリ | 2010年8月31日 (火) 20時34分

 この週末は、どこもイベントラッシュでしたね。 どこに行くか、選択に迷ってしまいます。 もう少し分散してくれると助かるのですが…。
 津軽鉄道は、四季を通じて、本当にロケーションの良い所です。 間もなく新幹線も新青森まで開通しますので、だいぶ近くなります。

投稿: でこいち | 2010年8月31日 (火) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/49300651

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽鉄道開業80周年記念イベント - 撮影会編 -:

« 青森遠征 弘前郊外で朝練 | トップページ | 津軽鉄道開業80周年記念イベント - 混合列車編 - »