« 彰化扇形車庫 | トップページ | 253系1000番代試運転とEF81訓練運転 »

彰化扇形車庫への道のり

 先日書き込んだ彰化扇形車庫ですが、駅から程近いのですが、異国の地なので、ちょっと不安がありました。

 途中、キーになる箇所で、写真を撮っていたので、それらをアップします。
台湾へお出かけの際は、是非とも立ち寄ってみてください。
 列車で台北や台中方面から南下してくると、彰化駅の手前で進行方向右側に車庫が見えるので、大体の位置は判ると思います。

 まず、彰化駅の出口を出ると、駅舎に沿って左側へ歩いていきます。(この辺の写真を撮り忘れていました…)
線路と平行な、駅前の道をそのまま進みます。 2つ目の信号で比較的大きな交差点になります。
Simg_0674

 この交差点を左に曲がると、道路は線路の下をアンダークロスしています。
ちょうどその上に、下の写真のように、「往扇形車庫請走人行地下道」と書かれています。
何となく意味が判りますね。 
Simg_0672_1

 側道を進み、着き当りで矢印の通り左側を見ると、地下道があります。
Simg_0671_1
 地下道の入口の上にもちゃんと看板がありますね。

 この地下道を通って、線路を渡って地上へ出ると、その左側に車庫があります。
車庫の入口の写真です。
Simg_0670_1

 この左側の警衛室の窓口で、氏名や住所、人数等を記帳します。
立入可能な場所の図や注意事項が書かれてありますので、そちらにも目を通しておくと良いでしょう。
守衛さんに促されて、扇形庫の裏側に沿って歩いていけば、車庫の端からターンテーブルのあるところへ出られます。 車庫内部は立入禁止なので、入らないようにしてください。
 ターンテーブルの周りは、基本的に自由に歩きまわれます。
 時々、入換で機関車が動くので、その時はちょっと離れれば大丈夫です。

 このように、現役の車庫なので、事故のないように注意して、末長く、立入できるようにしたいですね!


|

« 彰化扇形車庫 | トップページ | 253系1000番代試運転とEF81訓練運転 »

台湾」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/50531102

この記事へのトラックバック一覧です: 彰化扇形車庫への道のり:

« 彰化扇形車庫 | トップページ | 253系1000番代試運転とEF81訓練運転 »