« 秩父鉄道1009号関西線色が引退 | トップページ | 世界の車窓から »

相模線のキハ30

 来週の2月27日に、「相模線電化20周年記念115系電車の旅」の記念列車が運転されるようです。

 電化が遅かった相模線ですが、早いもので、もう20年も経ってしまうのですね!

 電化されるまで、キハ30、35の天下でした。また、寒川から西寒川までの支線もありました。
この支線が廃止になったのが、1984年3月31日でした。 この頃、赤字路線の廃止が加速しており、次から次へとローカル線が廃止になっていました。

 最終日に訪問した時の写真を掲載します。

Simg452_1

 小さなさよなら記念ヘッドマークが付いていました。
この数日前にも訪問しましたが、その時には、このようなヘッドマークは付いていませんでした。

 キハ30のトップナンバーが運用に入っていました。
Simg454_1

 支線が記入されている駅名標も、この日が最後になったのでしょう。
Simg453


|

« 秩父鉄道1009号関西線色が引退 | トップページ | 世界の車窓から »

古い写真」カテゴリの記事

引退」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

キハ30」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/50927476

この記事へのトラックバック一覧です: 相模線のキハ30:

« 秩父鉄道1009号関西線色が引退 | トップページ | 世界の車窓から »