« EF510-514牽引のカシオペア | トップページ | 台湾 枋寮駅にて »

台湾 屏東線を行く列車たち

 南廻線に乗り鉄しに行った際に、昨年末に引き続き坊寮駅近くで、屏東線の車両達を撮影しました。

 まずは、観光列車から。
Simg_0797_1
コンデジ撮影の難しいところ。 危うくフレームアウトするところでした。

 入れ替わりでやってきたDC自強号。 キハ58を彷彿させる容貌に好感がもてます。
Simg_0804_1

 その後を追うようにやってきたのは、区間車。これが普通列車とは、ちょっと贅沢かな?
Simg_0811_1

 区間車が続きます。
Simg_0818_1

 反対側からも。
Simg_0823_1

 この後を追っかけて自強号がやってきました。
Simg_0826_1

 ダイヤ改正で、前回とは、かなり違ったパターンで列車達がやって来ました。

 この撮影した場所は、駅から近くて良いのですが、この日は雑草が多くて、気が付くと、ズボンに沢山の花粉や草の実がくっついてしまい、これを落とすのに苦労しました。
 

|

« EF510-514牽引のカシオペア | トップページ | 台湾 枋寮駅にて »

台湾」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

上から2枚目、DC自強号は八景の東急車輌製ですね。
25年前に甲種輸送を撮りました(笑)。

投稿: よういち | 2011年3月 9日 (水) 00時30分

よういちさん、日本で撮影していたとは!!
今度、ブログで公開してくださいね!

投稿: でこいち | 2011年3月10日 (木) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/51070679

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾 屏東線を行く列車たち:

« EF510-514牽引のカシオペア | トップページ | 台湾 枋寮駅にて »