« 485系あかべぇ編成が国鉄色へ! | トップページ | 185系のお召電車 »

秩父鉄道C58 かつての姿

 秩父鉄道のC58が形式無しの美しいナンバープレートになる話をしましたが、以前の姿がどうだったか、あらためて確認してみました。

 復活当初の炭水車に描かれた大きなロゴが気に入らなく、正面がちな構図ばっかりしか残っていません。
その正面にも、「PALEO EXPRESS」のロゴと、大きなナンバープレートが取り付いており、ちょっといただけませんでした。
Simg515_1

 炭水車のロゴは、数年後には無くなり、正面のロゴもいつの間にか無くなっていました。
ナンバープレートも昨年辺りから、形式無しのスッキリしたモノを時々装着して、落ち着いた姿になってきましたね。

 しかしながら、牽引する客車が12系客車になってしまっているのが残念です…。
9月連休の重連運転では、久々に旧客を牽引するので、形式無しプレートで活躍してほしいものです。
Simg518_1


|

« 485系あかべぇ編成が国鉄色へ! | トップページ | 185系のお召電車 »

C58」カテゴリの記事

SL」カテゴリの記事

古い写真」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/51838578

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父鉄道C58 かつての姿:

« 485系あかべぇ編成が国鉄色へ! | トップページ | 185系のお召電車 »