« 間もなく終焉か? 183系の日光線集約臨 | トップページ | 台湾で走り始めた日本製「プユマ号」 »

久々(?)の双頭機牽引の「あけぼの」

 2013年9月13日、EF641031牽引の「あけぼの」を撮影しました。

 EF641051の復活、1030の入場で双頭機が「あけぼの」に充当されるのは久々だと思われます。

 大宮駅ですが、この日は停車位置が悪く、どこからでも停車目標がスカートにかかってしまう最悪の場所でした。
仕方なく、出発して少し動き出すまで我慢。
S_dsc2988_1

 何とか、シャッタースピード1/13秒でちょい流し。 
ナンちゃって一眼でも、手ブレ補正サマサマです。

 それにしても、ここは停目が沢山あって、それを避けるのは至難の業ですね!


|

« 間もなく終焉か? 183系の日光線集約臨 | トップページ | 台湾で走り始めた日本製「プユマ号」 »

EF64」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

あけぼの」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/58187191

この記事へのトラックバック一覧です: 久々(?)の双頭機牽引の「あけぼの」:

« 間もなく終焉か? 183系の日光線集約臨 | トップページ | 台湾で走り始めた日本製「プユマ号」 »