« D51498都心を走る! | トップページ | 「D51とSL銀河客車撮影会」 »

「みちのくSLギャラクシー号」がやって来た!

 2014年3月8日、「みちのくSLギャラクシー号」を撮影しました。

 前日に、尾久-上野間でのD51498試運転を撮ったので、この日は、客車(と言っても実際には気動車ですが…)の方をメインにしたいと企てました。

 普段、この手のネタでは、詳細な時刻は不明ですが、今回はいろいろなところに詳細が出ていており、時間がはっきりしていました。
 所々で停車時間があるので、その前後で複数回撮影可能であると目論んでいました。
 しかしながら、やっぱり本番のSLも撮りたくなり、両方とも欲張りたくなりました。

 列車移動だと駅撮りだけになり、しかも前泊も余儀なくされるし、車移動だと首都高の渋滞が気になります。
結局、車移動にして、最悪、首都高渋滞の場合は、浦和美園駅から埼玉高速鉄道で向かうことも考えました。

 朝早く出発して現地でロケハンをしました。
すると、予定していたところが工事でNG、さらに他の場所も枯れ草が伸びているとの友人からの連絡もあり、当初の2回撮る予定のところを1回に絞ることにしました。
そして、後の行程時間に不安がある、もう1箇所も省いて、1か所だけで確実に撮影することにしました。

 この時期にしては、かなり冷たい風が吹いており、付近では雪が舞い散っていました。
おまけに雲が沸き出していて、晴れたり曇ったりしていました。

 直前の列車が予定より遅れて来て不安が過りましたが、本番列車は、それほど遅れることなくやって来ました。
S_dsc8720_1
 EF510-515の牽引でした。
 懸念していた雲も運良く厚いところではなく、ほとんど影響無く、助かりました。

 後ろ姿も。
S_dsc8727_1
 このカマと客車の組み合わせは、想像以上に似合っていますね!
今後もオフシーズンには、コンビを組んでもらいたいですね。

 ここから、一気に東京へ向かいます。
首都高も大きな混雑も無く順調に東京に到着しました。
 この時間からだと、車両撮影に良い場所は確保できないのは承知していたので、逆にギャラリーを入れて撮影できそうな場所を探しました。
 それで、尾久近くの踏切を入れて撮影することにしました。
付近はフェンスが高く、脚立等を使用したいところですが、脚立等は使用禁止となっていたため、それも叶いません。
しかしながら、この撮影場所だけは道路ではないので、脚立OKで助かりました。

 予定時刻になって、踏切が鳴り出すと、一気に皆さん遮断機前に群がりました。絶好の撮影アイテムです!
しかしながら、一向にSLがやって来る気配がありません…。
心配していると、暫くして遠くから煙が見えてきました。
いよいよSLの登場です! 子供達の歓声も大きくなる中、汽笛一声、一気に主役が変わります。
S_dsc8760_1
 堂々と主役の登場、青空の下、昨日に増して磨きかけられた車体を皆に囲まれながら、ゆっくりと、そして堂々と通り過ぎて行きました。
 やはり、SLの存在感は別格ですね! 

 返しも同じ場所で、前日と同じように撮影することにしました。

 まずは、EF65501から。
S_dsc8785_1
 この日は、完全に裏方ですね。

 そして、D51の後ろ姿~。
S_dsc8797_1

 尾久へと下がっていく姿を皆でいつまでも見送っていました。
S_dsc8806_1

 このような大イベントは対応が大変ですが、やっぱりあると嬉しいですね!

|

« D51498都心を走る! | トップページ | 「D51とSL銀河客車撮影会」 »

D51」カテゴリの記事

EF510」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

SL」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/59259471

この記事へのトラックバック一覧です: 「みちのくSLギャラクシー号」がやって来た!:

« D51498都心を走る! | トップページ | 「D51とSL銀河客車撮影会」 »