« 「台湾鉄道三昧の旅」 -3日目:彰化編- | トップページ | 久々に583系を撮影 »

「台湾鉄道三昧の旅」 -3日目:平溪線編-

 2014年4月26日~29日まで台湾へ行ってきました。

 今回は、3日目の続きで平溪線編です。

 彰化扇形庫の見学後、平溪線へと向かいました。

 台北からは区間車で八堵へ。ここから平溪線へ向かう車両に乗ります。

 ちょうど反対側を莒光号が通過して行きました。
S_dsc4542_1

 そして、我々が乗車するDR1000型が入線してきました。
S_dsc4550_1

 最後尾の展望席(?)で過ぎゆく景色を楽しみます。
S_dsc4559_1

 三貂嶺駅で下車して、ここで走行写真を撮影します。
まずは、今乗って来た列車をホームで撮影します。
S_dsc4572_1

 このあと、撮影場所に行きますが、その撮影場所が狭くて10人位しか入れないとのことでした。
予め、希望を聞かれて、もし人数が多すぎて、外れたら嫌だなぁと思っていましたが、希望者は少なく、希望者船員、その撮影場所へ行けました。

 撮影準備を始めようとすると、背後から何やら列車音らしき音が聞こえてきます。
列車の通過予定時刻でも無いのにぃ…、と思っていたら、電気機関車が遠くに見えてきました。
慌ててカメラを構えると、なんと貨物列車でした!
S_dsc4581_1_2
 なかなか貨物の時間は判らないので、このようなタイミングでやって来てくれたのは大変ラッキーでした。

 後ろ姿も。
S_dsc4584_1

 更に最後尾の緩急車ももちろん撮影しました。
S_dsc4588_1
 日本では緩急車付の貨物列車は、ほぼ絶滅してしまいましたから、貴重な光景ですね。

 続いて、区間車がトンネルから飛び出してきました。
S_dsc4596_1

 今度は平溪線からDR1000型がやって来ました。
S_dsc4614_1

 先頭に乗っていたオジさんが、我々に気が付いてピース!
S_dsc4626_1

 後ろ姿も。 
S_dsc4633_1
 中間車は、珍しくラッピングの無い車両でした。

 そして、TEMU2000型の普悠瑪号が駆け抜けていきました。
S_dsc4645_1
 やはり疾走感が全然違います。

 DR3000型自強号。
S_dsc4662_1

 さらにEMU500型区間車。
S_dsc4680_1

 もう一回、反対側からTEMU2000型の普悠瑪号がやって来ました。
S_dsc4691_1

 走行写真撮影はここまでで終了。
三貂嶺駅へ戻って平溪線で十分へ向かいました。

 十分駅で降りると、ちょうど交換する列車がやって来ました。
S_dsc4719_1

 直ぐに反対側の駅端に行って、出発していくところを撮影しました。
S_dsc4745_1

 青信号になって、間もなく出発する時間になっても、線路上に人が一杯いて天燈上げもやっていました。
S_dsc4751_1

 列車が動き出して、ようやく退きました。
S_dsc4753_1

 でも、列車が通り過ぎるとまた元に戻っていきました。
S_dsc4765_1

 私たちも天燈上げをおこないました。
S_dsc4774_1
 「台湾鉄道三昧の旅 万歳!」(爆)

 十分から瑞芳まで戻り、乗換ます。
乗換の待ち時間にまた撮影~。

 ちょうど貨物が停車していました。
S_dsc4787_1

 撮影機会が無かったTEMU1000型の太魯閣号もやってきました。
S_dsc4790_1
 でも、流し撮り大失敗…。

 莒光号も。
S_dsc4809_1

 この後の自強号に乗って台北へと戻り、小籠包の夕食を食べました。

 そして、お土産物買いがてらに台北駅に向かいました。
せっかくなので台北駅でも、もう少し撮影してみようと…。
 自動券売機で月台票(入場券)を買おうと思ったのですが、どの券売機を見てもボタンが無くなっていました。
以前は、券売機で買えたのですが…。
 仕方ないので、改札口にいた駅員さんに、何処で買えるか尋ねたところ、ホームに行くだけなら入っても良いと、気持ち良く通してくれました。
 後で聞くところによると、悠遊カードが入場券代わりに使用できるとのことです。 次回訪台の時に確かめてみようかと。

 中に入ると、さすがに時間が遅いので、いつもは人が溢れかえっている構内とは、全然違う様相を見せていました。

 DR3000型自強号。
S_dsc4833_1

 新しく登場したばかりのEMU800型をようやく撮影することができました。
S_dsc4841_1
 どの列車も出発待ちの間はヘッドライトは消しており、出発直前まで撮影は待たなければなりませんでした。

 30分程滞在しましたが、このあとも同じ形式しか来なかったので、駅員さんに感謝の意を表して、帰ることにしました。

 こうして、台湾を半周した長い一日が終わりました。

|

« 「台湾鉄道三昧の旅」 -3日目:彰化編- | トップページ | 久々に583系を撮影 »

台湾」カテゴリの記事

台湾鉄道三昧の旅」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/59644278

この記事へのトラックバック一覧です: 「台湾鉄道三昧の旅」 -3日目:平溪線編-:

« 「台湾鉄道三昧の旅」 -3日目:彰化編- | トップページ | 久々に583系を撮影 »