« 「台湾鉄道三昧の旅」 -4日目:七堵機務段編(最終回)- | トップページ | 「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」 -SL編- »

天皇皇后両陛下、私的旅行の御乗用列車

 2014年5月22日、わたらせ渓谷鐵道と両毛線へ行ってきました。

 この日は、天皇皇后両陛下の私的旅行として、この両線をご利用になりました。

 私的旅行であるため、日章旗の掲示等はないようですが、やはり通常とは違う列車なので、撮影したくなる列車です。
 ところが、この日は、どうしても外せない所用が午後にあり、肝心の本番列車が撮影できません。
 ただ、午前中は時間作れそうなので、せめて回送だけでも撮影しようと向かいました。
それでも奥の方で撮影すると、間に合わなくなるので、できるだけ手前で撮影することにしました。

 まずは、大間々駅の様子から。
S_dsc8413_1
S_dsc8422_1
 既に3両編成に仕立てられて後は出発を待つのみとなっていました。
車体は綺麗にワックス掛けされており、ピカピカでした。

 ちょっと前に出て停車。
S_dsc8431_1

 恐らく、一旦ホーム側に転線してから発車すると思い、いつもの入換停止位置で待っていました。
案の定、踏切が鳴って列車がやって来ました。
S_dsc8453_1
 そしてホームの方へ移動しました。

 回送列車も、大間々近くで撮影することにしました。
この辺りで撮影すれば、時間的に問題ありません。

 時間通りに回送列車は発車して、我々の前をゆっくりと通過しました。
S_dsc8463_1

 後ろ髪を引かれる思いで、わたらせ渓谷鐵道を後にしました…。


 所用が予定より早く終わったために、両毛線でのE655系も撮影できるチャンスができました。
ところが、周囲は黒い雨雲が立ち込めていました。
 西の方が黒い雲が多く、その下では雨が降っているのが見えました。

本来なら、夕刻遅い時間なので、できるだけ西側で早めに撮影したいのが山々ですが、雨に打たれては元も子もありません。

 ならば、できるだけ小山に近い方で撮影することにしました。

 ポツリポツリと雨が落ちてきましたが、濡れる程の雨ではありませんでした。
暗くなる中、列車がやって来ました。
S_dsc8501_1
 連結器が出ていない等が、普段のE655系とは違う点ですね!

 真ん中の車両の3号車に両陛下がご乗車になっていると思い、カメラを向けて手を振ろうと思っていましたが、人影が見えません…。
アレッ?と思った瞬間、後ろから2両目でお手を振る姿が…。
 VIP室ではなく、一般席にご乗車になられているとは、思ってもいませんでした。
せっかく、お手を振られていたのに、振り返すこともできずに残念なことをしてしまいました。

 

|

« 「台湾鉄道三昧の旅」 -4日目:七堵機務段編(最終回)- | トップページ | 「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」 -SL編- »

E655系」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

わたらせ渓谷鐵道」カテゴリの記事

トロッコ」カテゴリの記事

御召列車」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/59688747

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下、私的旅行の御乗用列車:

« 「台湾鉄道三昧の旅」 -4日目:七堵機務段編(最終回)- | トップページ | 「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」 -SL編- »