« 南武線用E233系8000番台 配給輸送 | トップページ | 補修が進む西武鉄道の横瀬車両基地 »

東武伊香保軌道線デハ27

 2014年8月6日、南武線用E233系配給の撮影後、伊香保温泉に立ち寄りました。

 伊香保と言っても温泉には入らず、伊香保軌道線で使用されていた車両デハ27を見て来ました。

 この車両は、長年個人宅で保管されていた車体で、今年になって、この温泉近くに展示されています。
足回りは、ここで使用されていたものではないようですが、同様のブリル21Eを寄贈していただき、復元したようです。
S_dsc4572_1

 案内板~。
S_dsc4533_1

 車内は、月1回ペースで公開されるようですが、この日は生憎その日ではありません。
しかしながら、外からでも窓を通して、車内を見ることができました。
 運転機器は何故か片側だけにしかありませんでした。
S_dsc4562_1
S_dsc4560_1

 車体の手前には線路も少しあって、どうやらこの辺りに軌道があったようです。
S_dsc4551_1

 踏切の標識も展示されており、英語表記になっていました。
S_dsc4573_1
 英語表記には違和感あると思っていましたが、展示されていた当時の写真を見てみると、なんと正にこの表記でした。
S_dsc4557_1
 この写真の右側の建物の裏に当たる部分に現在車両が保存されており、私の写真は、この道路の下側から見上げるようなアングルだと思われます。

 それにしても、渋川から伊香保までの道のりは、かなりの急勾配で、ここを電車が登って行ったとは俄かに信じがたい程でした。 案内板によると、平均勾配41.8‰で、伊香保から渋川に戻る時は、ブレーキ制御だけで戻ったという、ジェットコースターのような運転がされていたようです。

 しっかりとした屋根も設置されているので、この車両へのただならぬ愛情が込められているのでしょう。末長く、綺麗な状態が保たれること間違いないですね!

|

« 南武線用E233系8000番台 配給輸送 | トップページ | 補修が進む西武鉄道の横瀬車両基地 »

保存車」カテゴリの記事

東武鉄道」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/60121197

この記事へのトラックバック一覧です: 東武伊香保軌道線デハ27:

« 南武線用E233系8000番台 配給輸送 | トップページ | 補修が進む西武鉄道の横瀬車両基地 »