« EF551鉄道博物館へ搬入! - 入換編その1 - | トップページ | 金色の東武鉄道「日光詣スペーシア」 »

EF551鉄道博物館へ搬入! - 入換編その2 -

 2015年4月11日、鉄道博物館に行って来ました。
 今回は、入換編その2です。

 ED75とキハ41307が一旦引き出されて、通路が完成しました。
その編成ごと再び一番端の線路に進んできて、キハをDD13が先程まで留置されていた場所に置かれました。
S_dsc5876_1
S_dsc5886_1

 そして、時間がかかった、問題の車輪を元のように置く作業へと取り掛かりました。
退かすのに時間がかかれば、元通りにするのにも時間がかかります。
S_dsc5914_1

外ではEF55がこの作業を見守っています。
S_dsc5921_1

そして、痺れを切らしたかのように、EF55とED75が押し込まれてきました。
S_dsc5935_1
とうとう、EF55が鉄博入りする瞬間です。

ゆっくりと進んで来ると、ターンテーブルの手前で一旦停止。
S_dsc5949_1

入換機も一旦切り離されてしまいました。
S_dsc5975_1

 どうするのか?と思いきや、高所作業車が近付いてきて、作業者が屋根に登りパンダを上げて固定しました。
S_dsc5987_1
 やはり電気機関車はパン上げしているのといないのとでは全然雰囲気が違いますね!

 両方ともパンタが上がると 再び入換機が連結されて、ゆっくりとターンテーブル上へEF55が押し込まれてきました。

S_dsc6050_1
S_dsc6061_1

「あけぼの」ヘッドマーク付きED75とEF55との連結している姿は、何とも新鮮でした。
S_dsc6083_1
S_dsc6068_1

 EF55がターンテーブル上で切り離されて、ED75は今まで通りの位置に収まりました。
S_dsc6107_1

 しばらく外に留置されていた車両たちを2階から見ることができました。
S_dsc6127_1
S_dsc6130_1

 残りは、最初に引き出されていたEF66と貨物達を元通りの位置に戻します。
このため、再びてっぱく広場の183系に移動して入館の様子を見学しました。
S_dsc6143_1
S_dsc6148_1
S_dsc6160_1
 これらの車両達を再び屋外で見れることができれば良いのですが…。
定期的に展示車両を屋外で展示してくれたら良いのにと切望する次第です。

 押し込みが終わると、入換機がDD13を引き連れて総合車両センターへと帰っていきました。
S_dsc6191_1

 ターンテーブルを譲り渡したC57はちょっと寂しそうでした。
S_dsc6224_1

 営業時間内に搬入作業をおこなうという前代未聞のイベントになりましたが、トラブルもなく、粛々と作業が遂行されていくのをじっくりと観察できて大変楽しむことができました。


|

« EF551鉄道博物館へ搬入! - 入換編その1 - | トップページ | 金色の東武鉄道「日光詣スペーシア」 »

EF55」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

保存車」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/61440616

この記事へのトラックバック一覧です: EF551鉄道博物館へ搬入! - 入換編その2 -:

« EF551鉄道博物館へ搬入! - 入換編その1 - | トップページ | 金色の東武鉄道「日光詣スペーシア」 »