« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

EF652139が特製ヘッドマークを掲げて東武へ譲渡される客車を牽引!

 2016年9月29日、12系と14系客車の甲種輸送を撮影しました。

 これは、東武鉄道で活躍することになる、SL列車の客車として、JR四国にいた客車が譲渡されたものです。

 四国を旅立つ時から、牽引機であるEF652139に特製のヘッドマークが取り付けられていて、これまた、絶対に撮りたい列車となりました。

 首都圏内は、夜になってから通過するので、なんとも残念ですが、逆に休みを取らなくても、撮影できる時間帯となってくれました。

 昼にネットサーフィンすると、各地での撮影結果が多数挙がっていました。
直ぐにでも沿線に出向きたい気持ちを抑えて、淡々と仕事をこなしました。

 仕事を切り上げ、何とか間に合ったのは、大船駅でした。

 当然のことながら、既に待ち構えている人が沢山集まっていました。
 合間に入れさせてもらい、撮影することができました。
S_dsc4642_1
 夜を走る青い客車は、何か懐かしい感じがしました。
ヘッドマークは、輸送ルートにちなんで「瀬戸」風のものでした。

後ろ姿。
S_dsc4656_1

 そのあと、途中での撮影候補を飛ばして、大宮駅で待ち構えました。
 到着した時は、それほど人はいなかったのですが、ちょっと時間がたったら、あっという間に撮影者でいっぱいになりました。

 そのような中、列車はゆっくりとやって来ました。
S_dsc4688_1

 引いてもう一回。
S_dsc4693_1

 ただ、ここでは停車しないので、徐行もほどほどに、通過していきました。
S_dsc4696_1

 だいぶ、くたびれた感は否めないものの、このあと整備されて、綺麗に蘇って元気に活躍してくれることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾鉄路管理局の自強号が「日光詣スペーシア」デザインに!!

 最近、台湾と日本の鉄道会社のコラボレーションが活発になっていますが、またまた、ビックリするネタが飛び込んできました。

なんと、プッシュプルタイプの自強号に「日光詣スペーシア」デザインのラッピングを施すそうです。
ソースはこちら!

 「りょうもう」に「プユマ」デザインを施しているものの逆バージョンですね。
 どこまでラッピングされているかは不明ですが、なんとも楽しみです。

 さすがに、ここまでやってくれるのであれば、是非とも見に行きたくなりますね!!

Simg_0049_1
S_dsc5111_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「TRAIN SUITE 四季島 」いよいよ登場! - 詳細編 -

2016年9月6日、「TRAIN SUITE 四季島」の甲種輸送を撮影しました。

この日に、川崎重工を出発するとのことで、ちょうど所用が近くであったので、ピッタリのチャンスだったので兵庫駅へ立ち寄りました。

兵庫駅に到着すると、和田岬線のホームには、多くの人が集まっていました。 この時間には営業列車がやって来ないのですが、ありがたいことに開放していました。

ホーム半ばから撮影することにしました。

程無くしてDE101192に牽引されて「四季島」が姿を現しました。
S_dsc2833_1

DE10が機回しされて、先頭車の顔が見えました。
S_dsc2901_1
 写真で見ていた姿より、現物は格好良く見えました。 なかなかのイケメンですね。

 この場所からだとカーブしているので、残念ながら編成全体は見渡せませんでしたが、充分満足できました。

 横顔も。
S_dsc2864_1

 中間車を見ると、独特な窓配置ですね。車内が気になりますが、見ることは叶いそうにはないです…。
S_dsc2867_1

 神戸貨物ターミナルに一旦向かうので、鷹取駅へと先回りします。

 後を追いかけて再びDE101192に牽引されて「四季島」がやって来ました。
S_dsc2949_1

 ここでも方向転換するので、直ぐにDE10が切り離され、即席の撮影会場となりました。
S_dsc3058_1
 暫く停車しているので、多くの人でごった返しでしたが、マッタリと撮影できました。

 中間車のこちらサイドは、更に特異な沢山の小窓が並んだサイドビューでした。
S_dsc3015_1

 この後も追いかけたいのですが、所用のため、ここまでで断念…。
最後は電車内から反対側を撮影して、後ろ髪を引かれながら撤収しました。
S_dsc3091_1


| | コメント (0) | トラックバック (1)

京阪石山坂本線「80型塗装の700形」登場!

 2016年9月24日、「サロンカーなにわ」の撮影後、京阪石山坂本線に立ち寄りました。

 この日から、80型塗装の700形が運用を開始しました。

 これは、80型車両の誕生55周年を記念して、700形車両を80型色にリバイバル塗装を施したものです。

 事前にリークした写真を拝見すると、昨今のリバイバル塗装に有りがちな違和感が全く無く、非常に好感の持てるリバイバル塗装だったので、是非とも撮影したい車両に一気にのしあがりました。

 坂本付近からロケハンしようと沿線沿いに車を進めようとしたら、いきなり目の前に本命の80型リバイバル色が現れました!

 駅に停車中にちょっと前に出るのですが、車を安全に停めて撮影できる程の時間まで稼ぎ出すことはできず、ショートカットの道を使っても信号に引っ掛かり、とうとう先行されてしまいました。

 沿線は車の量が多いうえに、道が細くちょっと停車することも気が引けるので、コインパーキングに入庫して、浜大津付近で撮影することにしました。

 車を停めて沿線に向かうと、程無くリバイバル塗装の701がやって来ました。
S_dsc4048_1

 運良く、近江神宮前行きだったので、直ぐに折り返ししてもう一回。
S_dsc4086_1

 更にもう一往復狙ってみました。
定番の浜大津駅の飛び出しも。
S_dsc4274_1

 かなり暗くなってしまったので、ここまでで断念…。
S_dsc4356_1


 まずは、綺麗なうちに、そして55周年のマーク付を撮影できて満足しました。
暫くの間は、この装いで走ってくれるので、また機会を見つけて、訪れようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「TRAIN SUITE 四季島」の試運転

 2016年9月25日、E001系こと「TRAIN SUITE 四季島」の試運転を撮影しました。

 先日、甲種輸送を撮影して、早く自力で動いている姿を見たく思っていました。
 そのような折、ここ数日、日中に試運転をおこなっていたようで、色々な方々から、その撮影報告が上がって来ておりました。
 それらの写真を拝見して、早く自分も撮影したく思っていたところ、日曜日にも試運転をやるかも?との情報をもらいましたので、常磐線沿線に出向きました。

 走ればラッキー程度に気持ちを抑えて、現地に向かい、目撃情報を待ちました。
すると、東京側から続々と情報が流れてきたので、安心して待つことにしました。

 そして、予定通り、「四季島」がやって来ました。
S_dsc4434_1
 ようやく、生きた姿を見ることができました。

 途中で停車時間があるようなので、高速ワープを使ってもう一回狙います。
 陽が差しており、サイドが綺麗に光ってくれると思っていたのですが、列車が見えると同時に雲が…。
早く来てくれ!との祈りもむなしく、シャッターポイントでは、完全に雲の中に隠れてしまいました。
S_dsc4465_1

 上りは、内原のお立ち台で。
S_dsc4501_1
 「四季島」は、このように上から、しかもサイド気味に撮影した方が良い感じになるような気がします。

 またも途中で停車時間があるようなのですが、上りはあまり停車時間が無いようなので、ダメ元で移動しました。
 運よく(?)列車遅延があったようで、十分間に合いました。

 こちらも俯瞰気味で、今度は逆サイドを狙ってみました。
S_dsc4537_1

 2往復目は、時間が遅いので、下りのみの撮影1本のみにしました。
 かなり陽が落ちる時間が早くなってきているのですが、雲もそれほど多くないので、何とか撮影できると目論んでいました。

 列車が来る時間になるに連れて、林の影が段々と線路際に迫って来ました。

 しかし、時間が迫っても、先行列車も来る気配がありません。
どうやら、列車障害があって、一時運転停止になっていた模様です。

 ようやく、先行列車がやって来る頃には、すっかり太陽も隠れておりました。

 しかし、逆に影も関係無くなって、直ぐに「四季島」はやって来てくれて、暗いものの何とか撮影することができました。
S_dsc4608_1_2


 7両での試運転は今回が最後とも噂されておりますが、10両になってもまた撮影しに向かいたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に「サロンカーなにわ」を撮影!

 2016年9月24日、「サロンカーなにわ」を撮影しました。

 「月見のおわら」の団臨で走るということで、ちょうど関西出張の合間だったので、ちょっと足を延ばして行って来ました。

 前回、撮影したのは何処だか覚えていない程なので、何十年ぶりという感じだと思います。

 まったく撮影経験のない湖西線なので不安でしたが、沿線でロケハンしてみると、思ったほど足回りがうるさくなさそうだったのでホッとしました。

 ロケハンにちょっと時間を費やしてしまったので、ピン電は一本のみ。
 直ぐに、本番列車がやって来ました。
S_dsc3985_1
 この日は、EF81113が牽引していました。
残念ながらヘッドマークは無しでした。

 後ろ姿も。
S_dsc3989_1

 途中で停車時間が長いところがあったので、ダメ元で北陸本線まで追っかけてみました。

 多少余裕があるかと思っていたのですが、結構追い上げが厳しく、ギリギリ間に合いました。
S_dsc4002_1

 なかなか撮影する機会がなかった、「なにわ」でしたが、偶然機会があって、撮影チャンスをモノにすることができました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「小山車両センター開設50周年記念まつり」 - 集合編 -

 2016年9月17日、小山車両センターに行ってきました。

 この日は、「小山車両センター開設50周年記念まつり」が開催されました。

 今回は、あまり宣伝もおこなわれていなかったので、ほぼ地元対象のマッタリとしたイベントとなっていました。
おまけに、車両展示という項目も無かったので、撮影目当ての人は遠慮したかもしれません。
 車両展示という項目がないものの、流石に、車両を見れないことはないと思い、物販の冷やかしも兼ねて行ってきました。

 今回は、その集合編です。

 前年は、湘南色大集合と銘打っていましたが、今回は特に何も案内が無かったので、何が見れるか楽しみでありました。

 現場に着くと、まずは「宴」の姿が目につきました。
 撮影会場となっている場所に移動すると、電池くんことne@trainやACCUMの姿も見れました。全体が見渡せられるように広角で。
S_dsc3428_1

 途中で、ヘッドマークの取付や行先変更がおこなわれたので、その度に。
S_dsc3549_1
S_dsc3702_1

 ACCUMと電池くんの2ショット。
S_dsc3448_1
S_dsc3560_1
S_dsc3714_1
 奥に115系も顔を出しています。

 後程、個別の写真も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島車両所公開PRヘッドマーク付EF652139

 2016年9月18日、EF652139を撮影しました。

 国鉄特急色に戻されて一気に注目を浴びているEF652139ですが、この度、広島車両所公開PRヘッドマークが取り付けられて、俄然注目を浴びております。

 毎度のことながら、片サイドだけのヘッドマーク取付のため、その向きにも注意が必要です。
 前日に、EF652139は下っていき、ヘッドマークは上り側だったので、この日はヘッドマーク側が先頭になるのが確定していました。
 このため、悪天候ながら沿線へと出向きました。

 列車通過直前に雨が一瞬止んでくれて助かりました。
S_dsc3950_1
 ヘッドマークは、「かもつ」。 「かもめ」モドキですね!

 特急色PFは、ヘッドマークを誇らしげに掲げて通過して行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF641001牽引の「信州カシオペア紀行」

 2016年9月17日、「信州カシオペア紀行」を撮影しました。

 翌日の篠ノ井線での走行を撮影しようかと思っていましたが、どうも天気が怪しそうなので、お気楽に撮影しようかと思い、東浦和で妥協しました。

 もうかなり日が短くなっており、ここでも既に露出は厳しい状況でした。

 そのような中、「カシオペア」はゆっくりとやって来ました。
シャッター速度を一段下げて対応。

S_dsc3924_1
 この日の牽引は、EF641001で、残念ながら今回もヘッドマークはありませんでした。

 そのまま、ゆっくりと列車は通過して行きました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に日章旗を掲げてE655系お召し列車が行く! - 本運転編 -

2016年9月11日、羽越本線へE655系のお召し列車を撮影しに行きました。

 送り込み回送を撮影してから本運転までは6時間程あるので、ロケハンしてみました。

 スッキリと晴れ渡ってくれて、鳥海山もクッキリと見えていたので、昔、鳥海山バックで撮影したことのある場所へ向かいました。
 ここであれば、午後には順光になるので、文句無しのシチュエーションです。

 沿線には多くの人が駆けつけていましたが、この一帯は、山、海、田畑とあらゆるシチュエーションに事欠かすことがなく、どこでも名撮影地になるため、あちらこちらに人が分散して、ノンビリとした雰囲気でした。

 しかしながら、鳥海山の山頂付近に雲が出始めると、徐々に雲は広がり、終には中腹まで雲で隠れるようになってしまいました。
 さらに雲は広がり、西側の空にまで進出してしまいました。

 さらに、皆さん線路から離れた位置にスタンバイしていたのですが、更に離れるように、警察の方から指導されてしまい、全体的に移動せざるを得ませんでした。

 この頃には、鳥海山は完全に雲に隠れてしまったので、多少移動しても大勢に影響なかったのですが、広角で狙う羽目になり、先頭から3両目の特別車両までの何処かに架線柱を入れなければならなくなってしまいました。

 オマケに、列車通過直前に、シャッター切り位置の奥にドンピシャで車が停車してしまい万事休す…。本来の位置より手前で切らざるを得なくなってしまいました…。

 そのような中、遠くに鋭い光が見えてきました。
 とても速い速度でお召し列車はやって来ました。
S_dsc3315_1
 ちょっと不本意な位置でシャッターを切りました。

 そして、直ぐにカメラを振って、今度は特別車両の真ん中の窓を狙います。
そこには我々の期待通り、陛下のお姿が!
S_dsc3326_1
 後から色々な方々の写真を拝見すると、どのような場面でも両陛下はお立ちになられていました。
恐らく、御乗車中は、お立ちになられたままだったのでしょう。
 せめて、お座りになれるように椅子を配置する配慮が必要かと思った次第です。
それにしても、それに期待してしまう我々も悪いですね…。

 直ぐ後を追いかけてくる、お召予備編成の651系。
S_dsc3329_1

 今回は、鼠ヶ関での式典後、直ぐに戻って来るスジだったので、復路の撮影地に直ぐに移動しました。
ところが、考えていた場所は、立入禁止や工事中で別の場所へ移動する羽目になってしまいました。

 往路で田んぼの中を撮影したので、違うシチュエーションで狙いたかったので、普段であれば撮らないようなアングルで狙ってみました。
S_dsc3377_1

 続いて、携帯電話からの切り出し。
S20160911_165600823_1

 特別車両を見ると、皇后さまのお姿が。 こんな所にいる我々にも気付いてくれました。
S20160911_165604521_1

 いつものことですが、いろいろと規制が多いのが、お召し列車撮影です。

 しかしながら、その特別な雰囲気の中での撮影は、緊張感と共に達成感も格別なものです。
やっぱり、頑張って遠征した甲斐がありました。

 また、近いうちにお召し列車の運転があることに期待しております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に日章旗を掲げてE655系お召し列車が行く! - 送り込み回送編 -

2016年9月11日、羽越本線へE655系のお召し列車を撮影しに行きました。

2012年10月の中央本線での運転以来、久々のお召し列車なので、是非とも撮影したいとは思ってはいたのですが、酒田方面での運転、おまけに日曜午後の運転ということで、帰りのことも考えると、ちょっと躊躇せざるを得ませんでした。

ところが、友人より「行かないか?」との誘惑があり、仕方なく(ウソ!)、行くことにしました。

行くからには、朝の送り込み回送から!ということで、前夜から移動して、撮影に備えました。

 天気予報は、晴れのち曇りでしたが、星が見えず心配していました。

 夜が明けると案の定、雲が広がっていました。
 ちょっと残念でしたが、この周辺では山が海岸線近くまで迫っているので、山影を気にせずに撮影できると強がってみました。

 夜明け直後に列車がやって来るため、あまりロケハンしている時間も無いので、先日、カシオペアクルーズを撮影した場所で撮影することにしました。

 待っている間に、時折雲間から太陽が顔を出すと、陽が射している場所と山影が半々になっており、この状態で列車が来てしまうと、マンダーラになってしまうので、ヤキモキしました。

 ところが、列車がやって来る時間には、良い感じに雲がかかってくれて、あまりに暗くもならずにすみました。
S_dsc3129_1
 まずは海バックで回送を抑えることができました。

 ダメ元で追いかけてみましたら、酒田手前で何とか先行できたので、ギリギリでもう一回撮影することができました。
S_dsc3145_1
 この辺りまで来ると、雲が少なくなっていました。

 そして、本運転へと備えました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「TRAIN SUITE 四季島 」いよいよ登場! - 速報編 -

2016年9月6日、「四季島」を撮影しました。

この日に、川崎重工を出発するとのことで、ちょうど所用が近くであったので、ピッタリのチャンスだったので兵庫駅へ立ち寄りました。

まだ、データはカメラの中なので、まずは携帯写真で。
Sdsc_0371_1

そして、鷹取駅で。
Sdsc_0374_1

詳細は後程~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF8181牽引の「カシオペア紀行」返却回送

 2016年9月4日、カシオペア紀行の回送を撮影しました。

 前日の本運転が撮影できなかったのですが、EF8181が牽引なので、せめて回送だけでもと思い撮影に向かいました。

 順光になりそうな場所へ行ってみたのですが、西の空にかなり厚い雲が広がっており、太陽は顔を出してくれそうにありませんでした。

 そのような中、EF8181に牽引されたカシオペアの回送が通過して行きました。
S_dsc2818_1

 ちょっと暗い中でしたが、とりあえず撮影できてホッとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士急行線「JR189系撮影会」- 送り込み編 -

 2016年8月28日、富士急行線での「JR189系撮影会」が河口湖駅で開催されました。
今回は、その送り込み編です。

 撮影会では、3種類の189系が並ぶのですが、「ホリデー快速富士山」と「山梨富士」の臨時列車の他に、団体列車で次々と河口湖駅へと向かって行くので、それを待ち構えることにしました。

 この日は、台風の接近が予想されており、天候が危ぶまれていましたが、折角のイベントなので、参加することにしました。
 当日の天気予報でも、午前中は何とか雨は降らずにもちそうだけど、午後の雨は致し方ないような予報でした。

 このため、濡れても構わない格好で、全身着替えも持参して行きました。

 現地に到着すると、やはり今にも雨が降り出してもおかしくないような、低くて分厚い雲で覆われていました。
ただ、不幸中の幸いで雨はまだ降り出していませんでした。

 いつものお立ち台へ向かうと、線路際は背丈以上の草がボウボウ…。
とても撮影できる状態ではありませんでした。

 時間ギリギリだったので、他へ移動するのも危険と思い、この場所で、面縦で狙うことにしました。
 程なくして、いきなり本命の特急色の189系M51編成がやって来ました。
S_dsc1887_1
 幕は「団体」でした。

 続いて「フジサン特急」。
S_dsc1909_1
 この車両になってから初めての撮影でした。

 次の189系までは時間があるので、移動してもう少しサイドも見えるような場所を探しに移動しました。

 線路際はどこも草が多くてなかなか開けた場所が見つかりませんでした。
そして、ようやく何とかちょこっと見える場所を見つけました。

 ここでやってきたのは、あずさ色M50編成の「ホリデー快速富士山」でした。
S_dsc1951_1

 グレードアップあずさ色M52編成の快速「山梨富士」も続けて。
S_dsc1976_1

 このあと「富士山ビュー特急」もやって来るので、待つことにしました。
S_dsc1993_1
 こちらも初めての撮影となりました。

 一時期、富士急にチョクチョクと足を運んでいたのですが、特急車両がリニューアルされてから、すっかり足が遠のいていました。


 このあと、撮影会場となる河口湖駅へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »