« 野岩鉄道開業30周年記念列車 | トップページ | JR四国12系&14系客車がいよいよ東武鉄道へ! - 速報編 - »

東武鉄道8111F セイジクリーム色になって初運用!

 2016年10月2日、東武鉄道へと出向きました。

 8111Fは、装いも新たにセイジクリーム色に塗り替えられましたが、なかなか運用に就いてくれませんでした。
そして、ようやくこの日、「春日部市民の日記念号」として、営業運転で登場しました。

 天気予報は、一日中曇りの予報でしたが、朝から晴れ模様。
 ほぼ逆光の中を走るので、曇ってくれた方が良いと思っていたので、どうしたものかと悩みましたが、取り敢えず予定通りの場所に行くことにしました。

 まずは、伊勢崎線内の複線区間から。
どうせ、面が潰れてしまうなら、完全逆光側から狙ってみようと思いました。

 薄雲が出てきたものの、太陽は隠れることもない状態で、8111Fはやって来ました。
S_dsc4887_1
 何かしらヘッドマークが付くのでは?と期待していましたが、ヘッドマークは無しで、「たびじ」幕を掲出していました。
 折しも、前日に撮影した「野岩鉄道開業30周年記念号」と同じ装いとなっていました。

 写した映像を見ると、逆光では、思った以上にセイジクリームの良さが出ていませんでした。

 このため、2回目の撮影地は、当初考えていた場所ではなく、完全順光になるような場所へ行くことにしました。

 ところが、現地に到着すると、線路際は草が伸び放題で、撮影できそうにありません。
時間があまりないので、同じような角度で何とか先頭の方だけでも草がかからないような場所を見つけて妥協。
S_dsc4911_1
 すっきりとした順光ですが、その分、ケーブルの影もしっかりと付いてしまいました。
なかなか上手くはいかないものです…。

 3発目の場所は、2発目の場所を変更したため、間に合いそうもなくなったので、ちょっと手前の場所で。
S_dsc4929_1
 2発目をここでやっておけば…、と、ちょっと後悔。

 今度は、桐生線へと転戦して4発目。
S_dsc4942_1

 赤城からの折り返しは、是非とも順光で!と思っていたのですが、午後から雲が急に出てきて、太陽は雲の中…。
 せっかくの順光なのに…、と思っていましたが、致し方がありません。

 しかし、列車が近づくにつれて、太陽が顔を出し始めました。
ちょうど列車が走るのに合わせて、陽が当たるような感じでした。

 慌てて露出を絞って何とか対応しました。
S_dsc4968_1

 このあと、もう1回撮影できそうでしたが、無理をせず、これにて終了することにしました。


 個人的には、8111Fが以前に纏っていたツートン色より、今回のセイジクリーム色の方が馴染み深いので、
この色で、もっと活躍の場があったら良いと思う次第であります。


|

« 野岩鉄道開業30周年記念列車 | トップページ | JR四国12系&14系客車がいよいよ東武鉄道へ! - 速報編 - »

東武鉄道」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/64290251

この記事へのトラックバック一覧です: 東武鉄道8111F セイジクリーム色になって初運用!:

« 野岩鉄道開業30周年記念列車 | トップページ | JR四国12系&14系客車がいよいよ東武鉄道へ! - 速報編 - »