« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

「SL大樹」、C11故障により、DE10牽引「DL大樹」に急遽代走!

 2017年9月30日、東武鉄道鬼怒川線へ行って来ました。

 「SL大樹」で活躍しているC11 207が故障してしまい、代わりにDLが牽引することになった、と情報を得ました。

 このようなことは、滅多にないぞ!とのお告げが下ったため、急遽出撃することにしました。

 「大樹1号」は9時頃出発なので、ちょっと間に合わないかと思っていましたが、土曜日の割には道路が空いており、ギリギリ間に合いました。

 東武鉄道に渡ったDE10 1099は、「今日は俺が主役だ!」と言わんばかりにヘッドマークを誇らしげに走って来ました。
S_dsc2913_1

 鬼怒川温泉駅手前で、もう一回撮影。
S_dsc2929_1

 「DL大樹2号」は、一位側が先頭でやって来ました。
S_dsc2994_1

 二山目の「DL大樹3号」は、正面がちに狙ってみました。
S_dsc3049_1

 14系の後ろ姿は、SLの時には撮影できないので、こちらも貴重ですね。
S_dsc3067_1

 先程と同じくもう一回。
S_dsc3085_1

 「DL大樹4号」は、今度は二位側が先頭でやって来ました。
S_dsc3147_1
 本来ならば、順光だったのに、直前の雲出現によって撃沈…。

 3往復目は、ちょっと時間が遅くなってしまうので、自粛して帰宅しました。

 DL牽引に急遽変更になってしまい、指定席券の払い戻しもおこなっていたのに、それでも結構お客様が乗車しており、沿線にも多くの人出がありましたので、年に数回、DL牽引の「大樹」を走らせてみたら良いかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF6627がヘッドマークを掲げてやって来た!

 2017年9月28日、EF66 27を撮影しました。

 1ヶ月程前に、EF6627が2日連続で同じ運用に入ってくれて、思いがけなく撮影できたと喜んでおりましたが、今度は、この時期恒例の広島運転所公開PRのヘッドマークを掲げての凱旋となりました。

 一昨年に、同機の同ヘッドマーク付きの姿を拝見できたときには、また再び、このようなチャンスがやって来るとは思ってはいませんでした。

 平日ながら朝早い時刻なので、撮影してからも仕事に赴くことは可能なので、このチャンスを見逃す訳にはいきません!

 しかしながら、秋分の日も過ぎて日の出の遅い時期で、オマケに未明からのまとまった雨降りで、撮影には不向きな状況でした。
 それでも、ネタがネタだけに、勇んで線路際へと向かいました。

 全く露出が上がらなかったものの、通過直前に雨はほとんど止んでくれて、傘無しで対応できる程になってくれました。

 そのような中、ヘッドライトをギラつかせてEF66 27はやって来ました。
S_dsc2817_1
 フレアが出てしまうかと危惧してましたが、その影響もなく、高感度ながらも無事撮影することができました。

 この10分後にやって来るPFも折角なので撮影するにしました。
 こちらは、なんと先日からJR貨物30周年記念ヘッドマークを付けたEF65 2095でした。
S_dsc2833_1
 しかし、残念ながらヘッドマークは反対側でした。

 ここまで撮影したら、速攻で撤収。 仕事モードへと突入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「JR貨物30周年」記念ヘッドマーク付EF65 2095

 2017年9月24日、EF65 2095を撮影しました。

 春先にEF65 21392067に「JR貨物30周年」記念ヘッドマークが取り付けられていましたが、再び、このヘッドマークを取り付けられたとの情報がありました。

 今回は、EF65 2063とEF65 2095に装着されました。
2063は、東海道本線を下ったようで、もう片方の2095は、宇都宮線を巡っていたようです。

 2095の運用を調べてみると、ちょうど撮影しやすい時間に走ってくるようなので、撮影へと出向きました。
S_dsc2775_1
 心地よい晴天の中、ゆっくりと列車は通過して行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DD51の並びが斬新だった「高崎鉄道ふれあいデー」

 2017年9月23日、「高崎鉄道ふれあいデー」に行って来ました。

 今年は、DD51揃い踏みと予告されていたので、どんな感じになるのか気になっていました。

 なにせ、直流電気機関車の個性的なスターがたくさんいる高崎なのに、敢えてディーゼル機関車ばかりを登場させるという、大英断に出ました。
 前年はEF6627が遠路遥々やって来ましたhttp://dekoichi.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/----c892.htmlが、今回は自前の機関車で賄うことになりました。

 開始時間直前に会場に到着すると、入場待ちの列が高崎駅まで延びていました。
それでも、列はゆっくりながらも進み、会場へと吸い込まれました。

 真っ先に撮影会場へと向かいました。
DD51が4両、整然と並んでおり、ヘッドマークも取り付けられていました。

 まずは、集合写真から。
S_dsc2340_1
S_dsc2352_1
S_dsc2406_1
 DD51が4両も並ぶと圧巻ですね。

 個別写真は、DD51 842から。
S_dsc2372_1
 当然のことながら、日章旗の装飾で。

 DD51 897は、「日本海」
S_dsc2132_1

 DD51 895は、「出雲」
S_dsc2104_1

 DD51 888は、「カートレイン」
S_dsc2366_1

 これらのヘッドマークは、なんと鉄道博物館から貸りたものとのことでした。

 脇役もしっかりと。

 DE10 1571
S_dsc2435_1
S_dsc2424_1

 DE10 1705
S_dsc2472_1
S_dsc2455_1

 そして、忘れてはいけないD51498
S_dsc2502_1
 何とホキを連結していました。
この編成が実現したら良いですねぇ~。

 今年は、特別ゲストがいなかったためか、来客はそれほど多くはありませんでしたが、DD51の並びという、今までに無かった新しい試みには、大変満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代走EF66にHD300-901無動回送連結

 2017年9月18日、宇都宮線沿線に出向きました。

 EF66代走の4093レに、HD300-901が次無で連結されているとのことでした。

 台風一過の晴天でしたので逆光になってしまうと危惧していましたが、運良く(?)雲が太陽を隠してくれましたので助かりました。

 この日の牽引は、EF66 127でした。
S_dsc1966_1

 そして、HD300-901も。
S_dsc1974_1

 時々ある無動回送ですが、たまに遭遇すると嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バスまつり2017 in 晴海」

 2017年9月16日、「バスまつり2017 in 晴海」に行って来ました。

 この日は、八王子でブルーインパルスが飛ぶようなので、そちらに行こうと思っていましたが、天気が悪くなる予報だし、朝からドンヨリとした曇り空だったので、ローパスしかないと思い、断念することにしました。
その代わりに、どこか行く場所が無いかと探していたところ、「バスまつり」が目に付きました。

 バスのイベントなんて、ほとんど気にかけたことが無かったので、たまには趣を変えて参加しようと思いました。

 イベント自体は10時から開催なのですが、撮影会は9時から10時までとなっていましたので、朝早くからの出撃となりました。

 天気は良くないし、バスの撮影会なんて、そんなに人が来ないと勘ぐっていましたが、開催時間前に到着したにも関わらず、既に入場待ちの列ができていました。その後ろに着き、開場を待ちました。

 そして、ようやく開場となって撮影会場へと入ることができました。

 ちょっと狭いながらも車両たちは整然と並んでいました。
S_dsc1804_1

 どの車両も頻繁に行先表示を変更しているので、あっちもこっちもで移動が大変でした。
沢山の行先表示から幾つかを。

 まずは、燃料電池バスから。
「ようこそバスまつりへ」
S_dsc1511_1

「平成30年元旦 謹賀新年」
S_dsc1564_1
 年賀状に使えそうですね!

 続いて都バス
「東京都交通局」
S_dsc1519_1

「東京スカイツリー駅」
S_dsc1623_1

「ようこそバスまつりへ」
S_dsc1690_1

「平成30年元旦 謹賀新年」
S_dsc1664_1

 東急バス
「東急」
S_dsc1845_1

「経済産業省前」
S_dsc1585_1

「教習車」
S_dsc1742_1

 関東バス
「関東バス」
S_dsc1535_1

「日本年金機構入口」
S_dsc1715_1

「教習車」
S_dsc1795_1

 小田急バス
「小田急」
S_dsc1875_1

「きゅんた」
S_dsc1784_1
 マスコットキャラクターの「きゅんた」が運転席に乗っていました。
S_dsc1728_1

「新百合ヶ丘駅」
S_dsc1593_1

 京王バス
「バスまつりin晴海」
S_dsc1680_1

「国立駅」
S_dsc1767_1

 京浜急行バス
「京浜急行バス」
S_dsc1567_1

「JR代行輸送」
S_dsc1809_1

 1時間あった撮影会は、あっという間に終了。
このあとは、車内開放となり、行先表示も消えました。

 それにしても、バスイベントもかなり多くの人が集まっているのにはビックリしました。
物販会場も多くの人が並んでおり、特に買いたいモノが決まっていなかったので、その列に並ぶのは断念しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF8181牽引の「カシオペア紀行」返却回送

 2017年9月16日、EF8181牽引の「カシオペア紀行」の返却回送を撮影しました。

 金曜日に上野発ですと、本運転が撮影できないので、返却回送だけの撮影になってしまいます。

 以前、同様の運用の時は、蒲須坂まで遠征しましたが、またまた天気が悪いので、今回はそこまで遠征せずに済ませてしまいました。

S_dsc1947_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF8198牽引の「カシオペア紀行」

 2017年9月9日、EF8198牽引の「カシオペア紀行」を撮影しました。

 この日は、午後から天気が良くなって、雲がほとんど無くなったので、正面に陽が周りそうな場所へ向かいました。

 しかし、通過30分前位には、西の空に雲が沸いて来て陽が遮られるようになってしまいました。
それでも、通過直前に、雲の薄い部分が太陽と重なり、何とか薄日が差すようになりました。

 ところが、もっと正面に陽が周ると思っていたのですが、かなり太陽の位置が南側になっており、ほとんど表面には周らず、オマケにかなり低い位置で影が伸びて来ていました。

 次回の撮影時には、更に条件が悪くなっているので、場所を変えたり、撮り方を考えたりする必要がありそうですね!

S_dsc1487_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF81139牽引の「カシオペア紀行」

 2017年9月2日、EF81139牽引の「カシオペア紀行」を撮影しました。

 青森から田端へEF81139が転属してきてから、「カシオペア」を牽引する時は、なるべく撮影に出かけようとしていたので、撮影したいアングルでは一通り撮影した気分でした。

 この日は、午後から急激に天気が回復して、太陽が顔を出していました。
暫くは雲も出ないようなので、順光になりそうな場所へ向かいました。

 ところが、雲が徐々に出始めました。 かなり雲の動きが早いので運が悪いと曇ったタイミングで列車がやって来てしまうかもと危惧せざる得ない状況になってしまいました。

 通過時間が近づくと、雲の動きが遅くなり、しかもドンドン広がっていくという残念な状況になってしまいました。
 今更、場所変更もできないので、その場で撮影することにしました。

 かなり、暗くなってきたので、ちょい流し撮りすることに。
ところが、やって来た列車は、遅れ気味だったのに、あまりスピードが出ておらず、中途半端になってしまいました。

S_dsc1201_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小湊鉄道 創立100周年記念 「キハ5800形」一般公開

 2017年8月27日、小湊鉄道の「キハ5800形一般公開」に行って来ました。

 以前、五井の車庫にあるSLを撮影させていただいた時に、その横の庫の中にひっそりと佇んでいたキハ5800を見たことがありました。
この車両もいつかは撮影したいと思っていたのですが、なかなかその機会はやって来てくれませんでした。
 ところが、今回、一般公開されるという、願ったり叶ったりで、参加させていただきました。

 9時から一般公開開始で、11時からは庫外に引き出すとのことでした。
9時に到着するには早起きしなければならないし、11時の引き出し直前では何かと慌ただしいので、10時頃を目処に会場へと向かいました。

 ところが、会場に到着すると、入場待ちの列が長く延びていました。

 注目度が高いのは承知でしたが、開場1時間後でも入場待ちの行列が残っている程、多くの人が来ているとは思いもしませんでした。
結局、40分程並んだ末にようやく入場することができました。

 入場して判ったのですが、人出が多過ぎと言うよりは、運用側がこの程度の来客を想定していなかったようで、入場券の売り方にその原因があったと感じました。
春先の小湊鉄道沿線への人出を考えれば、もう少し想定できたかと思いますが…。

 ちょっと苦言が多くてすみません…。 閑話休題、入場して直ぐに引き出しの時間になりました。
それまで庫の中で、車内見学に利用されていたのですが、キハ210が連結をして、ゆっくりと庫の外へと引き出してきました。
S_dsc0786_1

 表面は、かなり傷んでいるようですが、まだ移動が出来るとは、奇跡的なことではないでしょうか!
S_dsc0793_1_2

 途中からヘッドマークも取り付けられました。
S_dsc0844_1

 正面から
S_dsc0857_1
 狭い所での撮影会なので、大変でした。

 もし、また撮影の機会があるのであれば、次回はもう少し広い場所で御披露目してくれることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »