« 東京総合車両センター「夏休みフェア2018」展示車両の返却回送 | トップページ | EF8195牽引の「カシオペアクルーズ」 »

「第11回台湾鉄道三昧の旅」-CT273 台東-山里,山里-狩野、海瑞-池上間撮影編-

 往路も引き続き朝から晴天で、絶好の撮影日和でした。

 最初の撮影地は、前日の最後に撮影した台東-山里間の複線区間です。

 前日は右側通行だったので、この日も右側通行になるのか、ヤキモキさせられます。

 左側通行であれば、順光の絶好なポジションですが、右側通行だと、雑草が生い茂っているので撮影が困難になってしまいます。

 どちら側から来ても無難にこなせるように、逆光側から撮るのも安全策でありますが、どうしても、順光側の方が撮影したいので、順光側に賭けることにしました。

 すると、直前の対向列車が左側通行で通過していきました。
これなら、間違いなく左側通行でやって来ると確信できました。

 そして、思惑通りSLは、左側通行でやって来てくれました。
S_dsc9971_1
 駅近くのために、煙はまったく期待できませんが、思いのアングルで撮影できて、一発目から満足できました。

 次の撮影地は、この日のハイライトである山里-狩野間の鉄橋です。
有名撮影地だけあって、既に多くの人がスタンバイしておりました。

 その人垣の後ろから構えようとしたところ、ちょうど前の方が日本語のできる方で、こちらが日本人だと判ると、日本語で話しかけて、折角遠くから来てくれたのだからと、わざわざ三脚をずらして、場所を譲ってくれました。感謝の念を伝えて、暫し鉄道談義。
 日本のSLにももちろん興味があるとのことでちょっと情報交換。

 そうこうしているうちに、SLがやって来ました。
S_dsc9998_1
 さすがに多くの人が集まっているためか、頑張って煙を上げてくれました。
このくらい煙を出してくれれば、架線柱も容易に隠すこともできます。

 SLが来る前には、キティ模様のタロコ号もやって来てくれました。
S_dsc9977_1

 DC特急の12連も。
S_dsc9986_1

 次の撮影地へ向かう途中で、バスの車窓からSL列車と並走しました。
S_dsc0025_1

 なかなか先行できなかったせいか、次の撮影地ではあまり時間 がありませんでした。
S_dsc0052_1
 この感じだったら、流してみても良かったかも?

 お昼御飯は、池上の駅弁を。
S_dsc0117_1

 果物を露店で売っている光景も台湾らしくて良いですね。
S_dsc0118_1


|

« 東京総合車両センター「夏休みフェア2018」展示車両の返却回送 | トップページ | EF8195牽引の「カシオペアクルーズ」 »

SL」カテゴリの記事

台湾」カテゴリの記事

第11回台湾鉄道三昧の旅」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536473/67120530

この記事へのトラックバック一覧です: 「第11回台湾鉄道三昧の旅」-CT273 台東-山里,山里-狩野、海瑞-池上間撮影編-:

« 東京総合車両センター「夏休みフェア2018」展示車両の返却回送 | トップページ | EF8195牽引の「カシオペアクルーズ」 »