« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

天皇陛下御在位30年記念「皇室と鉄道展」

2019年1月29日、東京ステーションギャラリーで開催されている「皇室と鉄道展」を見学しました。

 開催が発表された時、これは是非とも見学に行かなければ!と思っていましたが、なにせ各回先着順100名なので、応募できるかどうか不安でしたが、平日の初日に滑り込むことができました。

Sdsc_0010_1

 内部は撮影禁止でしたが、貴重な資料をたくさん見ることができました。

 映像展示もさることながら、御召列車の装備品も現物が間近で見学できて大変すばらしかったです。

 再び、御召列車が走り、皇族方の穏やかな様子に触れ、元気をもらえる機会が訪れてくれることを期待したいと思います。

S_dsc3326_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道「急行ロウバイ号」

 2019年1月27日、秩父鉄道へ行って来ました。

 前日から運行を開始した「急行ロウバイ号」を撮影するためです。
一昨年に「ELロウバイ号」を撮影していたのですが、電車の「急行ロウバイ号」は、ご無沙汰でした。

 天気が良いので、なるべく順光になる場所へ向かいました。

 朝日を全面に浴びて「急行ロウバイ号」がやって来ました。
S_dsc3273_1

 2本目も。
S_dsc3323_1

 だいぶ陽も廻ったので、返しは移動して別の所で。
S_dsc3336_1

 もう一種類ヘッドマークがあるようなので、機会があれば狙いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えいでん観光列車「ひえい」

 先日、京都に所用があった際、移動の隙間時間を利用して、叡山電車に立ち寄りました。

 昨年デビューした「ひえい」ですが、その大胆な外観で賛否両論ある姿を実際に見てみたいと思っていました。

 電車に乗って沿線へ出向かうとすぐに「ひえい」とすれ違いました。
後追いで直ぐにやって来るのが確定したので、予め考えていた場所へ向かいました。
Sdsc_4792_1
 「ひえい」の姿を初めて写真で見た時には、正直、嫌悪感を覚えたのですが、実物を見ると、結構落ち着いた雰囲気もあって、なかなか好感が持てました。

 もう一回は、面縦で撮影してみました。
Sdsc_5454_1
 顔だけだとやはり違和感は隠しきれません…。

 他にもいろいろと車両がやって来ました。
Sdsc_5250_1

 「鞍馬線開通90周年」のヘッドマーク付き車両もやって来てくれました。
Sdsc_5579_1

 デトにも会いに行ってみました。
Sdsc_4870_1

Sdsc_4919_1

 短い時間でしたが、撮りたいものを撮れましたので、今度はゆっくりと撮影しに訪れたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DD51 888とDD51 895 による八高訓練運転

 2019年1月20日、八高線へ行って来ました。

 この日は、八高線で訓練運転がありました。
 個人的には久々の八高訓練で、確認してみると約5年ぶりでした

 今月は既に数回訓練運転があったのですが、かなり人出が多かったようです。
この日も多くの人が訪れると思い、少々早めに現地へ向かったのですが、思った程でもありませんでした。
 おかげで、ノンビリと撮影することができました。

 往路は、薄曇りの中での撮影となってしまいました。
S_dsc3093_1
 DD51 888が先頭でした。

 復路は、太陽の周りに雲がビッシリと出てしまい生憎の天気でしたが、列車通過直前に太陽が顔を出してくれました。
S_dsc3160_1
 こちらは、DD51 895でした。

 復路は、途中で停車時間があったので、もう一回撮影できました。
S_dsc3173_1

 振り返って。
S_dsc3180_1

 今まで八高訓練で撮影したのは旧客ばっかりでしたので、12系客車での八高訓練は、初めての撮影となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急大師線 干支ヘッドマーク付1500形

 新年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

 2019年1月1日、例年通り、川崎大師への初詣のあとに、京浜急行大師線に立ち寄りました。

 今年のヘッドマークは4種類でしたが、この時運用されていた4編成で、何とか捕獲することができました。

S_dsc2731_1

S_dsc2738_1

S_dsc2747_1

S_dsc2761_1

 今年もいつものように順調にスタートすることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »