« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

「小田急ファミリー鉄道展 2019」と「高崎鉄道ふれあいデー」 -速報編-

 2019年525日、「小田急ファミリー鉄道展 2019」へ、5月26日は「高崎鉄道ふれあいデー」へ行って来ました。

写真の整理がついていないので、取り急ぎ~。

 

「小田急ファミリー鉄道展 2019」

S_dsc3640_1

S_dsc4423_1

 

「高崎鉄道ふれあいデー」

S_dsc5060_1

S_dsc5295_1

 

それにしても、両日とも大変暑かった~。

| | コメント (0)

なつかしの新特急なすの

 2019年5月26日、「なつかしの新特急なすの」を撮影しました。

 

 この日は、「高崎鉄道ふれあいデー」に行っていたため「なすの」の往路は撮れなかったので、復路は撮影しようと思い、沿線に向かいました。

 ヘッドマーク中心に正面ドカンといきたいところですが、185系のストライプを目立たせるためにサイド気味に狙いました。

ちょっと薄曇りになってきましたが、何とか晴れベースで撮影できました。

S_dsc5377_1

 そして、直ぐ後走りで「四季島」が来るとのことで、そのまま待って撮影。

S_dsc5388_1

 地味なリバイバル車両かと思いきや、思った以上に多くの人が沿線にいたのにはビックリしました。

 

| | コメント (0)

「サロンカー令和」

 2019年52日、サロンカーなにわによる「サロンカー令和」を撮影しました。

 

 ちょうど、関西方面に所用があったため、その合間に夜間ながら撮影できる時間が取れたので、宝塚線内へと向かいました。

 駅通過を撮影するしかないので、対向式ホームで程よい撮影場所を見つけて撮影することにしました。

 皆さん、昼間の撮影で十分満足されていたせいか、あまり撮影者がいなく、ノンビリと撮影することができました。

S_dsc3251_11

 牽引機は、DD51 1191でした。

 

 続行列車で大阪へ向かうと、まだ「サロンカーなにわ」はホームにいたので、停車シーンも撮影することができました。

 ただし、こちらには、多くの人がいて、出発間際に何とか撮影することができました。

S_dsc3304_1

 

 前日の真岡鐵道での「令和」ヘッドマーク付「SLもおか」に続き、JR西日本の「サロンカー令和」と、新元号のヘッドマーク付列車を撮影することができて満足しました。

 

 

| | コメント (0)

平成から令和へ! 元号ヘッドマーク付「SLもおか号」

 2019年430日と51日の両日、真岡鐡道へ行って来ました。

 元号が変わる前後の数日、「SLもおか号」に、元号のヘッドマークが取り付けられて、更にこの2日間のみ日章旗も取り付けられるとのことでしたので、これは楽しみと思い現地へと向かいました。

 まずは、430日の「ありがとう平成」から。

 こちらは数日前、既にヘッドマークを取り付けて走っており、その姿を収めた写真が多数見受けられました。

それらによると、なんと「赤富士」を模したヘッドマークでした。

これがなかなか格好良く写欲を駆り立てるものでした。

 

 ヘッドマーク中心になるので、面縦で狙うことにしました。

 生憎の小雨が降りしきる中、待望の「ありがとう平成」マークを取り付けたC11 325がやって来ました。

S_dsc2446_1 

 湿度が高いので、良い感じの煙とドレインでした。

 

 返しの始めは横位置で。

S_dsc6922_1 

 

 そして、途中駅の発車を。

S_dsc2497_1

 

 更に、流してみました。

S_dsc2541_1

 

 返却もオマケで。

S_dsc2599_1

 

 5月1日は、「令和」ヘッドマークです。

こちらは、どうやら「平和」のヘッドマークを模したようです。

S_dsc2651_1

 この日は、前日の雨も上がり、時折太陽も顔を出すような天気に復活して、気温も上がりました。

このためか、煙の方はイマイチな感じになってしまいました。

 

 返しも同じような感じでした。

S_dsc2681_1

 途中駅の発車が一番良かったかな…。

S_dsc2698_1

 

前日と同じように流し撮りも。

車が並走するハプニングがありましたが、何とかトリミングで逃げることができました。

 S_dsc2720_1

 

 更に、この日はもう一回追いつくことができました。

S_dsc2744_1

 

 最後は返却で〆!

S_dsc2807_1

 

 元号が変わるという稀な機会に、このような特製ヘッドマークを飾るという素晴らしい企画でした。

間もなく真岡鐡道を去ることになるC11 325にも、良き思い出になったことでしょう。

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »