« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

1日は長い! 今度は東武DE10 1109へ

 2020913日、カシオペア返却回送の撮影後、東武鉄道へ転戦しました。

 陽が高くなると、眠気も何処へやら。 電池切れの直前の輝きとでも言うのでしょうか?

ちょっと元気が出てきたので、東武沿線へ出向きました。

 

 この後、雲が広がる予報でしたので、逆光を気にせずにDE10撮影できるかと目論んでおりました。

あれだけ快晴だったので、そう簡単には曇らなさそうでしたが、一気に雲が広がり良い感じに。

そのような中、DE10 1109は、やってきました。

  望遠で圧縮かけてみて。

S_dsc0105_1  

 中望遠で、いつものありがち構図で。

S_dsc0399_1

 

 このまま、追いかけても良いのですが、急に電池切れで眠くなるのが不安だったので、帰宅の途に着きました。

 

 DE10の直前には、350系の「きりふり」もやって来ました。

S_dsc0094_1

 こちらは、カウントダウンがだいぶ進んできたので、注目しないといけませんね。

 

 それにしても、小田急を追っかけてからまだ半日も経っていないので、1日は本当に長いと感じました。

| | コメント (0)

EF81 95牽引のカシオペア返却回送

  2020913日、小田急でSE車を撮影後、北に進路を進めました。

 

  今度は、EF8195牽引の「カシオペア」の返却回送を撮影しました。

 

 コロナ騒ぎで、ずっと運休していた「カシオペア」がようやく運転を再開しました。

再開初日が金曜日のため撮影できなかったので、返却回送をと思ったのですが、生憎小田急SEと重複する事態に。

 でも、小田急撮影後に北に向かえば、ちょうど良い時間に到着するのでは?という悪魔の囁きに反応してしまい、北へと向かってしまいました。

 

 夜明け前は雲が多かったのですが、みるみるうちに雲が消えていきました。

稲穂が綺麗では、と思っていましたが、もう刈られていたり稲が倒れていたりと、思うようになりませんでした。

 数少ない稲が綺麗に残っているところもありましたが、既に後ろの方で構えている方がいたりと、思うような構図が取れず、何とも中途半端な構図になってしまいました。

S_dsc0027_1

 牽引機は、EF81 95でしたので青空に映えてくれたのがせめての救いでした。

 

| | コメント (0)

小田急SE車 本線上へ登場!

 2020913日、深夜に小田急線沿線に出向きました。

 

 この日は、あのSE車こと小田急3000形が、「ロマンスカーミュージアム」での展示準備のために、大野総合車両所から海老名車両基地へと回送されました。

 子供の頃から親しんでいたSE車でしたが、恐らくこれが最後の本線走行となるかと思い、体力的に非常に厳しい深夜ですが、出撃することにしました。

 

 昨年の「小田急ファミリー鉄道展 2019」にて晴天の下で美しい姿を披露した時とはまた違った感慨深い気持ちで見送りました。

 

 相模大野駅に到着すると、既に多くの人達が集まっており、これから祭りが始まる雰囲気でした。

賑やかな所からちょっと離れた所からSE車が登場するのを待ちました。

 

 賑やかな空気感が、緊張した空気に一瞬で変わると、SE車が1000形に押されて登場しました。

S_dsc9859_1

 綺麗に磨きだされた車体に雨粒を纏い、更に美しく輝いていました。

S_dsc9867_1

 SEの横顔も。簡素ながら綺麗な流線形ですね。

S_dsc9890_11

 SSE顔も。

S_dsc9917_1

 相模大野駅へ押し込まれるのを見届けて、沿線へと先回りしました。

 時間が時間だけに光源があるのは踏切と駅くらいしかないので、そこに皆さん大集合でした。

S_dsc9938_1

S_dsc9948_1

 踏切の照明が正面に当たる一瞬を狙いました。

ギャラリーと共に。

S_dsc9985_1

 海老名にも行ってみましたが、他の車両の合間に入ってしまい、ちょっと顔を覗かしたところしか見られませんでした。

S_dsc0003_1

 ほぼ夜通しの撮影でしたが、やっぱり参戦して良かったです。

今度は、博物館内での再会を楽しみにします!

 

 

| | コメント (0)

秩父鉄道ELパレオエクスプレス「EL七草お花見号」

 2020年9月12日、秩父鉄道に行って来ました。

 雨ベースの天気予報でしたが、前週、現地まで行ったのに「ELパレオエクスプレス」が運休になってしまったので、そのリベンジを兼ねて行ってきました。

 今回は、「EL七草お花見号」としての運用でした。

ELの組み合わせは、以前の機関車だったのですが、雨もほとんど降らなかったので、いつものように追いかけてしまいました。

 

送り込み回送もデキ201でした。

S_dsc9646_1

 三峰口側の機関車は、黄色のデキ502でした。

S_dsc9665_1

 熊谷側の機関車は、赤色のデキ506でした。

S_dsc9776_1

 

 悪天候の影響もあったかと思いますが、今回は以前に比べて撮影者がかなり少なく、ノンビリと撮影することができました。

 

 

| | コメント (0)

ELパレオエクスプレスが運休だったものの、EF210-315の代走を代撮!

 2020年9月6日、代走EF210-315を撮影しました。

 この日は、秩父鉄道「ELパレオエクスプレス」を撮影しようと思い、出撃しておりました。
現地近くのコンビニで小休止している時に、今日の牽引機を再確認しようと調べていると、なんとELパレオエクスプレスは運休になるとのこと!

 折角ここまで来たのに…、と悔しいので、なにかしら振り替えできるモノが無いかと、検索してみると、高崎線でEF210-315が代走しているとのこと。
 詳細時間を調べてみると、熊谷貨物ターミナルで停車時間がかなりあるようなので、走行も撮影できると踏んで、高崎線へ転戦しました。

 念のため、熊谷貨物ターミナルを覗くと、ちょうど入換の最中でした。

S_dsc9507_1_20200906225301

 直ぐに、オカポンへと移動して走行を撮影しました。

S_dsc9531_1

 

 ELパレオエクスプレスが撮影できなかったのは、非常に残念でしたが、それでもEF210-315を高崎線内で撮影できたので、ホッとしました。

 

 

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »