« 2022年5月 | トップページ

2022年6月

東武鉄道南栗橋車両管区「SL大樹3重連イベント」

 2022年619日、東武鉄道南栗橋車両管区での「SL大樹3重連イベント」に参加しました。

 

 このツアーは、東武鉄道とクラブツーリズムの2つの主催がありました。

どちらも同じ日時に受付開始でした。

 恐らく、このツアーは人気で、開始直ぐに瞬殺になると予想して、より競争率の低いと思われるクラツーの方が確実に参加できると目論んでクラツーで申し込みました。

 東武の方は、直ぐに満席になったようですが、クラツーの方は、そこまでではなかったようです。

 新型コロナウイルスの3回目の予防接種証明もしくは陰性証明が必要だったことから、敬遠されたのかもしれません。あと、時間が遅いのも原因だったかもしれません。

 

 今回のツアーは、北千住集合でした。

北千住からは、350型で現地へ向かいました。

S_dsc8028_1

恐らく、これが350型に乗車するのは、最後になりそうです。

 

 途中、南栗橋駅のホームでは、本ツアー用の幕を掲げてくれていました。

S_dsc8035_1

 

 会場である南栗橋車両管区では、3つの班に分けられて、撮影、乗車、物販を交代に行いました。

運良く、最初に撮影の班でした。

メインが、最初にあった方が良いので、これは助かりました。

 てっきり、停車している所を撮影できるかと思っていたのですが、停車している所は建物の陰に隠れてしまっており、走行のみの撮影だけでした。

走行も一往復のみとのことで、撮影機会がかなり少なかったのです。

暑い中、待つこと暫し、3両の蒸気機関車が次々と汽笛を上げて出発しました。

S_dsc8078_1 S_dsc8096_1

 小型のC11とはいえ、やはり3重連となれば迫力が違います!

 

 3両それぞれのサイドを。

 C11 123
S_dsc8109_1

 C11 207

S_dsc8110_1

 C11 325

S_dsc8111_1

 後ろ姿も。

S_dsc8115_1

 戻ってくるところは、流し撮りするかどうしようか?でも結構距離が近いので、広角で流すと画像が変になるのでは?とか悩んでいるうちに汽笛が聞こえたので、、結局そのまま撮影することに。

S_dsc8138_1

S_dsc8158_1

    あっという間に撮影の部は終了してしまいました。

 

 物販の時にも、後ろ姿だけですが、走行を撮影できました。

S_dsc8274_1_20220619234101

S_dsc8281_1_20220619234101

 体験乗車も終わり、あっという間に帰りの時間になってしまいました。

S_dsc8326_1

 

 帰路は、DRCカラーのスペーシアでした。

停車位置が、なんと8111の真横だったので、歩きながらツーショットを撮影。

S_dsc8406_1

 

 そして、北千住へ戻り、解散となりました。

S_dsc8432_1

 

 早く、日光・鬼怒川方面で、この3重連を見たいですね!

 

| | コメント (0)

関東鉄道「旧型車両夜間撮影会」

 2022年64日、関東鉄道の「旧型車両夜間撮影会」に参加しました。

 

 ここのところ、DD502の夜間撮影会が何度か開催されましたが、ようやく気動車の出番が回ってきました。

昨年12月の撮影会の夜バージョンといったところでしょうか。

 

 今回は、守谷駅からスタートでした。

先ずは送り込み回送から。キハ002が、水海道車両基地へと運んでくれました。

S_dsc5915_1

 撮影会場到着時はまだ明るかったので、のんびりと撮影しました。

S_dsc6082_1

S_dsc6373_1

 

 そして、最近恒例の職員の皆様によるパフォーマンスを。

今回はタブレットでした。

S_dsc6156_11

S_dsc6177_11

(かなりトリミングしております)

 

 生憎、太陽の周りに雲があって、ギラリにはなりませんでしたが、

徐々に暗くなっていき、良い感じに。

S_dsc6422_1

S_dsc6426_1

S_dsc6437_1_20220609211601

S_dsc6452_1

 そして、真っ暗に。

S_dsc6529_1

 暗闇に浮かび上がる車体が大変綺麗でした。

 

 帰り際、下館側の顔も、ちょこっと拝むことができました。

S_dsc6604

 

 帰りも行きと同じキハに乗車して守谷駅で解散となりました。

今回は、「いば旅あんしん割」が、適用されたため、3000円割引の上、2000円のクーポン券も付いていたので、関鉄の鉄コレもゲットできました。

 

 毎度のことながら、今回も素晴らしい企画で大変楽しむことができました。

 

| | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ