私鉄

真岡鐡道での最後のSL重連運転

  
2019
1123日、真岡鐵道へ行って来ました。

 

いよいよ今回が真岡鐵道での最後の重連になるとの発表がありました。

 

しかしながら生憎の天気模様…。

外出するのは躊躇したいような感じでした。

それでも最後の重連と思い出撃しました。

 

先ずは下館までの回送から。

S_dsc5240_1 S_dsc5245_1

 

 この形で回送ということは、トンボ重連で本運転をするということになります。

前回とはちょっと違った形での運転となりました。

  冷たい小雨が降りしきる中、C11325が先頭でやって来ました。

S_dsc5290_1

 手前に煙が流れてきてしまい、客車がちょっと隠れてしまいました。

  標準でも。

S_dsc7642_1

 

 せっかくのトンボ重連なので、もっとサイドから撮ろうと思い、次はサイド流しで。

S_dsc5304_1 S_dsc5326_1

 行き当たりばったりで撮影したので、手前の電線には気が付いていませんでした…。

 

 返しは、いつもの場所で。

S_dsc5369_1  

もう一回重連運転を。

S_dsc5387_1

 ここでも煙が手前になびいてしまいました。

 

 真岡で重連運転は終了してしまうので、この後はC11の単独運転を。

S_dsc5423_1

 

 最後は、真岡への回送運転も。

S_dsc5470_1 S_dsc5504_1

 

 C11325は、東武へ行った後も真岡へ里帰りすることがあるようですが、さすがに重連運転にはならないと思いますので、今回の重連運転をしっかりと噛み締めました。

 

 

 

| | コメント (0)

久々にひたちなか海浜鉄道でキハ205を撮影

 20191116日、久々にひたちなか海浜鉄道へ行ってきました。

 

 キハ205が塗装し直して綺麗になってから、なかなか会いに行けなかったのですが、ようやく行くことができました。

ただし、夕方の那珂湊-勝田間の一往復のみにしか利用されていなかったので、陽の短いこの時期にはかなり厳しい条件でした。

 

 何とか陽がもちそうな箇所で待っていたのですが、通過数分前にはとうとう陽が差し込まなくなってしまいました。

S_dsc4996_1

残念な状況になってからキハ205は通過していきました。

でも陽がささなかったものの、綺麗な塗装は健在でした。

 

 返しは、サイドから。

S_dsc5057_1

この運用限定だと暫くは良い環境で撮影することは難しいですが、綺麗な姿は末永く見たいですね。

 

| | コメント (0)

真岡鉄道「SLもおか」重連運転

 2019年10月14日、真岡鐡道へ行って来ました。

この日は、久々のSL重連運転でした。

 C1266がようやく検査から上がってきて、C11325が間もなく東武へ売却されるため、この2両が仲良く重連運転を組むのは、もうチャンスがあまりないのではと思われるので、多くの人が集まっていました。

S_dsc3230_1

 往路は、C11が先頭に立っていました。

S_dsc3253_1

 いつもなら3発は余裕で撮影できるのですが、この日は、車の量が大変多いためになかなか先行できなかったので、2発に絞ることにしました。



復路は、C12が先頭でした。

S_dsc3290_1

_dsc7402_1

そしてもう一回。

S_dsc3318_1

 最後は、C11単独になってから。

_dsc3367_1

 再び、重連運転が実施される日が来ること祈っております。




| | コメント (0)

東京メトロ03系 北陸鉄道へ!

 2019712日、東京メトロ03系の甲種輸送を撮影しました。

東京メトロ03系が北陸鉄道で第2の人生を歩むことになったようです。

 

 この日は、ちょうど所用で金沢に行っていた最中だったので、早く用事が済めばどこかしらで撮影できそうでした。

ところが、そう巧くは所用が終わる筈が無く、ギリギリ駅撮りが出来るかどうかでした。

 

 予定スジだと金沢貨物ターミナルに20分程度停まるようなので、その直前に間に合えばと願い普通列車に乗りました。

駅の線形からbetterと思われる森本駅を目指しました。

 途中ですれ違わないかヒヤヒヤしましたが、森本駅にはスタンバイしている方々が居ましたので一安心しました。

 

 予定スジでは直ぐに通過する時間なのですが、なかなかやって来ません。

どうやら、途中でバカ停して予定スジより遅い時間で金沢タでの停車を無くしたようです。

 

 その予想通り、20分程度遅い時間で列車がやって来ました。

S_dsc9548_1

 牽引機は、EF510-1でした。

 

 後ろ姿も。

S_dsc9565_1

 

 後続の列車で目的地である松任駅まで追いかけてみました。

 

 既にEF510は切り離されていて、DE10での入換が始まる直前でした。

S_dsc9580_1

 直ぐに駅から出て入換の様子を撮影しました。

 

 かなり暗くなってきたので、高感度、シャッター停速度で対応せざるを得ませんでした。

S_dsc9588_1

S_dsc9669_1

 先頭車通しの連結面も。

S_dsc9631_1

 押し込まれるまで、追いかけてみて撮影終了~。

S_dsc9698_1

写真をよくみると、傍らにトワガマも写っていました。

肉眼では気がつかなった程暗かったのでした…。

 

このあと、どのような姿で北陸鉄道へ現れるか楽しみですね!

 

 

 

| | コメント (0)

伊豆急「クモハ103引退記念特別運行」

 201977日、とうとうクモハ103の最終日となってしまいました。

 

 伊豆急下田駅での「車両展示会」の後、沿線に出向きました。

 

 霧雨が降っているものの、時折薄日が差し込むようになり、天気の回復が見込めそうになって来ました。

 先ずは、最初のヤマで片瀬白田-伊豆稲取往復があるので、効率良く撮るため、この区間に向かいました。

皆さん考えることが同じで、この区間に集まっていました。 その仲間に入れてもらい待機。

 

 霧雨はまだ降り続けているものの、かなり明るくなってきました。

そのような中、クモハ103がやって来ました。

S_dsc9263_1

 1両ですが、前パンがしっかりと上がっているので、キリッとした顔付きになっていますね!

 

 白田で直ぐに折り返してくるので、向きを変えて。

S_dsc9299_1

 こちらはヘッドマークが変わっていました。

 

 稲取からの折り返しも早いので、同じ場所で。

今度はちょっと遠目でシャッターを切ることにしました。

S_dsc9357_1

 返しは、その前とほとんど同じになってしまいました…。

S_dsc9412_1

 

 天気がかなり回復してきて、海も青く見えるようになったので、海バックで撮影することにしました。

S_dsc9449_1

海もすっかり青くなり、伊豆らしい風景が広がってくれました。

 

サイドも。

S_dsc9454_1

白田からの折り返しも。

S_dsc9473_1

水平線も入れるはずだったのですが、手持ちでちょっと外してしまいました…。

S_dsc9490_1

この次のヤマまではちょっと時間が空いてしまうので、撮影はここまでとして帰途に着きました。

 

 

 

 

| | コメント (0)

伊豆急行線「クモハ103車両展示会」

 2019年7月7日、朝方に伊豆急下田駅で「クモハ103車両展示会」がありましたので、先ずそれに参加することにしました。

 

 駅の構内を見てみると、ちょうど入換を始めるところだったので、先ずは入換の様子から撮影することにしました。

S_dsc9110_1

S_dsc9115_1

 

 そして、駅に向かい展示会入場券をもらい、1番線に留置中のクモハ103の車内見学へ。

  運転室のアップ

S_dsc9160_1

 客室内

S_dsc9154_1  

 レトロな中吊広告も

S_dsc9174_1

 

 車両展示会は、数分でローテーションされるので、一旦改札外に出て、今度は普通入場券で2番線側から撮影しました。

S_dsc9223_1_20190715232401

S_dsc9192_1

 ここまでで伊豆急下田駅構内での撮影を終了して、沿線へと出向きました。

 

| | コメント (0)

伊豆急行線クモハ103引退記念 特別運転

 2019767日の両日、伊豆急へ行って来ました。

とうとう、伊豆急行線クモハ103が引退となってしまいました。

 

 当初、天気予報はずっと天気が悪いようだったので、撮影行は諦めておりましたが前日になって予報が少々好転したので、「行かなかったことで後悔するより、行って後悔した方が良い」とのお教え通り行くことにしました。

 現地へ向かって行くと雲が立ち込めているものの雨は降っていなかったので、なんとかなるかなと思っていましたが、南下していくと徐々に悪化して、とうとう雨が振りだしてしまいました…。

 海もドンヨリとして暗い雰囲気だったので、山側で接近戦に持ち込むことにしました。

 

 露出がないので、先ずは流し撮りから。

 練習電で確認してみると、大したシャッター速度でもないのに、何故か止まりが悪いため、シャッター速度を速めて、逃げの体制で挑みました。

S_dsc8816_1

S_dsc8847_1

 風が強く吹いてきたので、山影に隠れるためにトンネル飛び出し狙いで。

S_dsc8884_1

S_dsc8954_1

 

 最後のヤマは、再び流してみることにしましたが、どうも不調でアタリが悪すぎました…。

S_dsc9005_1

S_dsc9053_1

 

 伊豆急下田駅に戻ってみると留置線にクモハ103が留まっていました。

S_dsc9090_1

 ヘッドマークが取り外されるところにも遭遇できました。

S_dsc9098_1

 

 雨風が強く気温もだいぶ下がってきたので、早めに切り上げてキンキの煮付定食にありつきました。

Sdsc_0039_1

 

| | コメント (0)

小田急3000形SE車が青空の下へ

 2019年525日、小田急電鉄の「小田急ファミリー鉄道展 2019」に行って来ました。

 

 この日は、珍しくいろいろとネタがあり、どれに向かおうかと迷う程でした。

しかも頑張れば掛け持ちも可能だったのですが、子供の頃から馴染み深い小田急3000形が、屋外で見ることができる最後のチャンスとなる、このイベントにじっくりと参加することに決めました。

 

 朝から天気が良く、かなり気温も高くなり、絶好のお天気というよりか厳しい環境となってしまいました。

 会場に到着すると、入場待ちの行列は、思った程長くはありませんでした。

ただし、炎天下だったので、かなりの暑さに始まる前からかなり体力を消耗してしまった感じでした。

 

 ようやく時間になり入場すると、お待ちかねの車両は、GSEこと70000形と新宿方の頭を並べていました。

3000形の新宿方は、SE顔に復元されているので、初代ロマンスカーと最新のロマンスカーとの貴重で豪華な並びを披露してくれていました。

 まずはこの並びから。

S_dsc3640_1_1

S_dsc3677_1

 暑い太陽の光を浴びて、キラキラとまぶしい程でした。

 

 そして、SEも単独で。

S_dsc3925_1

曲線美でまとめられた独特な顔は、美しくもあり、可愛さもあり、最高傑作だと思っております。

 

 反対側のSSE側も。

S_dsc4258_1

 こちらの方は、長い間見慣れた姿なのでしっくりきます。

 なんとも愛嬌のある顔付きが好きでした。

 

サイドも。

 

 S_dsc4463_1

 サボは、実際に使用されていたモノのようで、年季が入っていました。

 

 逆光になると人が少なくなってきたので、左右に人が入らないで撮ることもできました。

S_dsc4550_1

S_dsc4377_1

 

 今度、3000形と出会うのは、「ロマンスカーミュージアム」に収まった姿になると思います。

青空の下での美しい姿は、これで見納めなので、暑さにもめげずに、傍らでじっくりと堪能しました。

 

| | コメント (0)

平成から令和へ! 元号ヘッドマーク付「SLもおか号」

 2019年430日と51日の両日、真岡鐡道へ行って来ました。

 元号が変わる前後の数日、「SLもおか号」に、元号のヘッドマークが取り付けられて、更にこの2日間のみ日章旗も取り付けられるとのことでしたので、これは楽しみと思い現地へと向かいました。

 まずは、430日の「ありがとう平成」から。

 こちらは数日前、既にヘッドマークを取り付けて走っており、その姿を収めた写真が多数見受けられました。

それらによると、なんと「赤富士」を模したヘッドマークでした。

これがなかなか格好良く写欲を駆り立てるものでした。

 

 ヘッドマーク中心になるので、面縦で狙うことにしました。

 生憎の小雨が降りしきる中、待望の「ありがとう平成」マークを取り付けたC11 325がやって来ました。

S_dsc2446_1 

 湿度が高いので、良い感じの煙とドレインでした。

 

 返しの始めは横位置で。

S_dsc6922_1 

 

 そして、途中駅の発車を。

S_dsc2497_1

 

 更に、流してみました。

S_dsc2541_1

 

 返却もオマケで。

S_dsc2599_1

 

 5月1日は、「令和」ヘッドマークです。

こちらは、どうやら「平和」のヘッドマークを模したようです。

S_dsc2651_1

 この日は、前日の雨も上がり、時折太陽も顔を出すような天気に復活して、気温も上がりました。

このためか、煙の方はイマイチな感じになってしまいました。

 

 返しも同じような感じでした。

S_dsc2681_1

 途中駅の発車が一番良かったかな…。

S_dsc2698_1

 

前日と同じように流し撮りも。

車が並走するハプニングがありましたが、何とかトリミングで逃げることができました。

 S_dsc2720_1

 

 更に、この日はもう一回追いつくことができました。

S_dsc2744_1

 

 最後は返却で〆!

S_dsc2807_1

 

 元号が変わるという稀な機会に、このような特製ヘッドマークを飾るという素晴らしい企画でした。

間もなく真岡鐡道を去ることになるC11 325にも、良き思い出になったことでしょう。

 

| | コメント (0)

小田急モハ1 -過去の撮影より-

 先日、本線回送された小田急モハ1ですが、昔、撮影した写真をちょっと漁ってみました。

 1987年に小田急多摩センターでの公開。
S871009_odr_moha1_1
 パン上げが嬉しい。

 2006年、海老名でのファミリー鉄道展。
S061015_odr_moha1_1

 先日見た姿は、これらの写真とほとんど変わらないですね。
いかに大事に保存されていたかが判ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

103系 107系 113系 115系 117系 12系 14系 169系 183系 185系 200系 201系 205系 209系 211系 24系 253系 300系 371系 400系 415系 485系 489系 583系 651系 789系 C11 C12 C56 C57 C58 C61 D51 DD16 DD51 DE10 E231系 E233系 E2系 E3系 E531系 E5系 E653系 E655系 E657系 E6系 E751系 E7系 ED75 ED79 EF200 EF210 EF510 EF55 EF58 EF60 EF64 EF65 EF66 EF80 EF81 EH200 EH500 EH800 East-i FASTECH HD300 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 ne@トレイン SL あけぼの いすみ鉄道 えいでん お座敷列車 しなの鉄道 つくばエクスプレス とき はくつる ひたちなか海浜鉄道 わたらせ渓谷鐵道 カシオペア グルメ シキ トロッコ トワイライトエクスプレス ハイブリッド バス モノレール ラッセル 一畑電気鉄道 上信電鉄 上毛電鉄 上田電鉄・上田交通 久留里線 乗り鉄 事業用車 京成電鉄 京浜急行 京王電鉄 京葉線 京都 京阪電車 伊豆急 伊豆箱根鉄道 会津鉄道 保存車 函館市交通局 北斗星 十和田観光電鉄 南海電鉄 南部縦貫鉄道 博物館 古い写真 台湾 台湾鉄道三昧の旅 名古屋鉄道 四季島 回送 地下鉄 大井川鐵道 大糸線 富士急行線 富山ライトレール 富山地方鉄道 専用線 小湊鉄道 小田急線 岡山電気軌道 岳南鉄道 引退 弘南鉄道 御召列車 撮影会 新幹線 日光線 旧型国電 旧型客車 東急 東武鉄道 東海道本線 松本電気鉄道 気動車 水島臨海鉄道 津軽鉄道 流鉄 熊本市電 熊本電鉄 甲種回送 相模鉄道 真岡鐵道 砕石列車 磐越西線 神奈川臨海鉄道 私鉄 秩父鉄道 第11回台湾鉄道三昧の旅 箱根登山鉄道 紅葉狩り 能登 花見 西武鉄道 訓練運転 試運転 足尾 路面電車 近江鉄道 近鉄 都電荒川線 鉄道 銚子電鉄 長野電鉄 関東鉄道 阪堺電気軌道 陸送 電車 青ガエル 青函私鉄めぐり 静岡鉄道 韓国 頸城鉄道 風っこ 飛行機 飯山線 養老鉄道 高崎線 高松琴平電気鉄道 鶴見線 黒部峡谷鉄道 キハ110 キハ28 キハ30 キハ40 キハ52