花見

ひたちなか海浜鉄道キハ205と中根駅の桜

 2017年3月18日、ひたちなか海浜鉄道へ立ち寄りました。

 この日は、朝早く起きて大井川にでも行こうかと思っていましたが、連日の疲れか早い時間には起きれませんでした…。
 大井川には間に合わないけれど、午前中には起きたし天気も良いので、家族を誘って那珂湊へ向かいました。

 お昼ご飯をおさかな市場で済ませてから、ひたちなか海浜鉄道の沿線に向かいました。
ちょうど、この日はキハ205が運用に入っていました。
S_dsc0425_1
S_dsc0445_1

 キハ205を撮影していると、中根駅で桜が咲いているとの情報を得ましたので、向かってみました。
まだ咲き始めたばっかりなのと、陽の光の当たり具合が微妙だったので、アングルはどうにもなりませんでした。
 キハ3710がやって来ました。
S_dsc0455_1

 せっかくなので、キハ205が来るまで待つことにしました。
待ち時間があったのですが、合間にメジロがやって来たりして時間潰しにはちょうど良かったです。
S_dsc0471_1

 そして、いよいよキハ205が登場しました。
S_dsc0495_1

 せっかくなので、勝田からの返しも待ちました。
S_dsc0520_1

 ここまで撮影して、再びおさかな市場へ向かい、夕食のお刺身と干物を買い込みました。

 もう少し花が咲いている場所が多ければよかったのですが、思いがけない時期に桜と列車のコラボが見れて満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたらせ渓谷鐵道でお花見

 2016年4月10日、今週ならば、まだ桜が咲いていると思いわたらせ渓谷鐵道に行って来ました。

 目論見通り、まだ桜は咲いており、曇り空ながらまずまず期待できそうでした。

 まずは、上神梅駅から。
S_dsc3726_1
 ここは、駅を入れても絵になりますね!

 そして、小中へ。
 ここもちょうど良い感じで桜が咲いていました。
S_dsc3758_1

 ここで「トロッコわたらせ渓谷号」を撮影。
S_dsc3782_1

 午後は中野で撮影しました。

 ここも桜は満開でした。 ベストアングルに立ちはだかるコンクリート柱を何とかかわしての撮影。
S_dsc3839_1

 そして、「トロッコわたらせ渓谷号」
S_dsc3992_1
 「花桃号」のヘッドマークでした。

 最後は水沼で「トロッコわっしー号」を。
S_dsc4092_1

 なんとか今年もわたらせの桜シーズンに間に合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたちなか海浜鉄道とネモフィラと

 2014年5月6日、ひたちなか海浜鉄道に立ち寄りました。

生憎の天気でしたが、この日はキハ222+キハ2004、キハ3710-01+キハ3710-02という組み合わせで運行していました。
この組み合わせならば、どちらも絵になりますね!

 まずはキハ222+キハ2004から。
S_dsc6424_1
S_dsc6482_1

 勝田側のキハ2004には「ネモフィラ・シャトル」のマークを取り付けていました。
S_dsc6470_1

 そして、キハ3710-01+キハ3710-02。
S_dsc6438_1
 この日は風が強いので、水鏡にはなりませんでした。

S_dsc6456_1

 こちらも同様に勝田側にマークが付いていました。
S_dsc6499_1

 ひたちなか海浜鉄道の前には、ひたちなか海浜公園でネモフィラを見学しました。
S_dsc6395_1
S_dsc6392_1
 ちょっと見頃を過ぎてしまったようです…。しかも雨と強風と低温で、ゆっくりと観賞している場合ではありませんでした…。 せっかく朝早く出てきたのに、ちょっと残念でした。

 ひたちなか海浜鉄道の撮影後は、いつものようにお魚市場へ向かい、昼食を食べて、お刺身や干物を購入して早めに切り上げました。
 我が家の食卓は、しばらく海産物のオンパレードになります。


 それにしても海浜公園や市場周辺の渋滞はいつも慢性的ですねぇ…。特に連休になると大変な混雑です。
以前やっていた、パーク&ライドが復活すれば…。
 車で来る観光客を途中から海浜鉄道に乗り換えて公園や市場に行けるような仕組みがあると、渋滞にハマらなく快適になると思います。
 さらに海浜公園のHPの「自動車で行く場合」にも紹介してもらえれば、認知度が上がると思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再びわたらせ渓谷鐵道でお花見!

 2014年4月15日、お花見を兼ねて再度、わたらせ渓谷鐵道へ行ってきました。

 先日、人が多かったので敬遠した神戸駅で撮影したいと思い、わたらせへと向かいました。

 まずは、ちょうど上り列車がやって来るので、上神梅駅での撮影から開始しました。
枝垂れ桜バックで撮影しました。
S_dsc2374_1

 そして、神戸駅へと向かいました。
水仙、桜、花桃と、色々な花に囲まれました。
S_dsc2396_1

 駅の跨線橋から出発していく姿を。
S_dsc2407_1
 平日にもかかわらず、かなり多くの人が居ました。

 上り列車を駅北側の陸橋から狙います。
こちらも花桃が大変綺麗でした。
S_dsc2418_1

 来る時に大間々駅横を通過したら、トロッコ客車のカバーが外されていたので、もしかしたら運転があるかも?と思っていましたので、少し待つことにしました。
すると、本当にトロッコ列車がやって来ました!
S_dsc2449_1

 後ろ姿も。
S_dsc2465_1

 こうなると、トロッコ列車撮影をメインへと変更になります。先回りして、もう一回撮影しました。
S_dsc2476_1
 足尾近くまで来ると、桜はようやく咲き始めたばかりでした。

 返しまで時間があるので、一旦間藤へ行ってみました。
S_dsc2506_1

 この列車をもう一度撮影するのに、沢入駅へと向かいました。
ここの桜はほぼ満開でした。
S_dsc2516_1

 そして、トロッコ列車を撮影するために、再び神戸駅へと向かいました。
S_dsc2534_1
 やって来た列車にはヘッドマークがありませんでした。
よく見ると、乗客がいませんでした。
そういえば、足尾駅に観光バスが数台停まっていたので、そちらに乗ってしまい、返しのトロッコ列車は、回送扱いになったのでしょう。

 ヘッドマーク無しでの姿は、これはこれで貴重ですね。

 まだ桜が残っていた水沼駅に向かいました。
駅進入側の桜はかなり散ってしまいました。
S_dsc2550_1

 停車の間に、駅先へと移動して、水沼駅出発を狙いました。
S_dsc2565_1
 こちらは、まだ結構桜は残っていました。

 引いて、もう一回撮影。
S_dsc2568_1

 先へ行くと、上神梅で先行していたようなので、おまけ撮りできました。
S_dsc2587_1

 そして、最後は、大間々駅に行って、入換の様子を撮影しました。
S_dsc2624_1
S_dsc2630_1

 DE101537は塗り替えたばかりなので、大変綺麗な姿を見ることができました。
S_dsc2649_1
S_dsc2665_1
 もう少し引いて撮れれば良いのですが、ここではこれが精一杯でした。


 普通列車で、花桃絡みを撮影するつもりで行ったのですが、思わぬトロッコ列車登場で得した気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花いっぱいのわたらせ渓谷鐵道で「花桃号」を撮影

 2014年4月12日、わたらせ渓谷鐵道へ行ってきました。

 この日は、トロッコ列車の今年最初の運転である「花桃号」の運転がありました。

 「花桃号」は、通常のトロッコ列車と違い、桐生からの出発となり、大間々-桐生間は、ディーゼル機関車のプッシュプル運転になります。

 大間々駅に立ち寄り、トロッコ列車の様子を見ることにしました。
S_dsc2089_1
 編成は既に組成されており、足尾側にピカピカになったDE101537が連結されていました。

 桐生に向かう列車を、桜並木のお立ち台で狙いました。
桜自体は、もうかなり散っておりました。
S_dsc2101_1
 後ろのディーゼル機関車も写るかと思っていましたが、計算通りにはなりませんでした…。
桐生側はDE101678でした。 この機関車もかなり色褪せてきたので、お化粧直ししてあげたいですねぇ。

 後ろのDE101537も撮影。
S_dsc2110_1

 桐生からやって来る列車は、枝垂れ桜が綺麗だった上神梅駅で狙いました。
S_dsc2122_1

 さらに先に進み、小中のお立ち台へ向かいました。
ここは桜が満開で、撮影者も大変多くいました。
S_dsc2143_1

 後ろ姿も。
S_dsc2159_1
 こちら側は、下草がかなり伸びてきていました。

 このあとは、追いかけることなく、ロケハンをすることにしました。
神戸駅は、花々が大変綺麗でしたが、「花桃まつり」が開催されており、大変多くの人が詰めかけており、撮影は困難そうでした。
沢入駅は、まだ桜が咲き始めたばかりで、花を絡めて撮れそうもありませんでした。 

 取りあえず、「トロッコわっしー号」が戻って来るので、上神梅-大間々のお立ち台で撮影しました。
ここでは桜は散りまくっていて、ドンドン花が無くなっていました。
風が吹くと花吹雪になって綺麗でしたので、列車が来るタイミングで花吹雪になればと思っていましたが、そうは上手くいきませんでした…。
S_dsc2169_1

 トロッコが戻って来るのをどこで撮影するかは迷った挙句、水沼駅にしました。
駅の周りの桜は満開で大変綺麗でした。

 まずは「トロッコわっしー号」の後追いから。
S_dsc2182_1

 そして、本命の「花桃号」。
S_dsc2210_1

 大間々方面に進むと、どうやら途中で追い抜いていたようで、もう一回撮影できました。
S_dsc2237_1

 「トロッコわっしー号」が戻って来るのを上神梅駅で出迎えました。
一番端の枝垂れ桜が咲いていなかったので、画角には苦労しましたが、無理矢理、枝垂れ桜と列車を入れてみました。
S_dsc2262_1

 帰りに大間々駅に立ち寄ると、トロッコ列車は既に組成されていまいた。
S_dsc2269_1

 自然豊かなわたらせ渓谷鐵道。 この時期撮影アイテムは事欠かしませんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井川鐵道 家山の桜

 2013年3月23日、岳南鉄道「電車・機関車祭り」から大井川鐵道へ向かいました。

 家山の桜が間もなく見頃を迎えるようだし、SLが3往復設定されていたので、SLと桜を絡めてみようと思いました。

 現地に到着したのが少々遅れてしまい、1本目のSLは通過10分前程だったため、既に多くギャラリーが場所取りをしており、合間に入れてもらいました。 肝心の桜は、もう一息でした。

 最初のSLは、C11190でした。
S_dsc8547_1

 2本目はC108。
S_dsc8591_1
 白煙が綺麗でした。

 そして、3本目はC5644でした。
S_dsc8611_1

S_dsc8566_1
 SLの時間になると、ギャラリーが多く集まってきますが、普電だとあまり人気が無いようでした。
こちらも貴重な車両なのですが…。 やっぱりSLは別格なのですねぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛鳥山でお花見

 2012年4月8日、京葉臨海鉄道のイベント後に飛鳥山で都電荒川線を撮影しました。

 飛鳥山は午後の方が、桜に陽が当たって綺麗になるかと思っていましたが、肝心の列車停止位置に、マンションの影が落ちてしまい、列車が動き出して、影から出たところが撮影ポイントとなりました。

 まずは、幸せの黄色い電車から。
S_dsc3506_1

 そして、旧塗装の7022。
S_dsc3513_1
 チャリンコが見事に被り、ようやく画面から消えかかったのが、この一コマ…。結局見事にフレームインしたままでした…。 ネタ車が来る時に限って、変に被られてしまうのが、このポイントの難点です…。

 桜の花模様が散りばめられた9002。
S_dsc3543_1

 9001。
S_dsc3568_1

 7019。 
S_dsc3619_1

 マンションの影は時間と共に奥の方へと動いて撮りやすくなっていきましたが、逆にマンションの影が背景の桜にかかってしまい、桜が暗くなってしまいました。

 電柱や電線が思った以上に目立ってしまい、折角の満開の桜があまり綺麗に見えなく残念でした。
もう少し、ロケハンをキチンとして、綺麗に桜を撮りたいと思いました。
 それにしても、花見客の多さと、都電撮影客の多さには、改めてビックリしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたらせ渓谷鉄道で桜と戯れる

 2012年4月15日、わたらせ渓谷鉄道へ行ってきました。

 朝から天気が良かったので、桜も綺麗だろうと思い出かけてきました。

 まずは、大間々近くで撮影。
S_dsc3762_1
 青空と桜が綺麗でした。

 そして、小中駅近くのお立ち台へ向かいました。
ここで、「トロッコわっしー号」と「トロッコわたらせ渓谷号」を撮影しました。
廃校にある立派な桜をバックに列車たちがやってきました。
S_dsc3825_1
S_dsc3867_1
 「トロッコわたらせ渓谷号」は、なぜか「花桃号」のヘッドマークをつけていました。

 「トロッコわっしー2号」は、大間々手前で一発勝負にしました。
S_dsc3913_1
 さすがに人気スポットだけあって、多くの人が訪れていました。

 2往復目は、ここから。
S_dsc3949_1
 バックに綺麗に桜が入ってくれると思いきや、うまくいきませんでした…。

 「トロッコわたらせ渓谷号」の上りは、水沼駅で撮影しました。
S_dsc3971_1
 水沼駅周辺は、桜が大変綺麗でしたが、なかなか列車とうまく絡められそうな場所が見つかりませんでした…。

 先回りして、再び大間々手前で撮影。
S_dsc3992_1

 「トロッコわっしー4号」は、再び小中へ。
S_dsc4017_1
 振り向いて、桜と校舎と若葉を絡めて。
S_dsc4028_1

 そして、水沼駅進入。
S_dsc4044_1

 さらに、大間々手前でと撮影することができました。
S_dsc4060_1
 振り向いて。
S_dsc4073_1

 最後に大間々駅で整備されているところを撮影して帰宅の途につきました。
S_dsc4088_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道でちょっとお花見

 2010年4月10日、SL回送と12系団臨の撮影後、時間がありましたので、秩父鉄道に寄りました。

 大麻生周辺の桜と菜の花が大変綺麗でした。
Sdsc_1425_1 Sdsc_1462_1

Sdsc_1432_1 Sdsc_1443_1

 先日、引退したオレンジバーミリオン色の1000系も片隅にいました。
すでに部品取り用になっているのでしょうか? かなり痛々しい姿になっておりました。
Sdsc_1482_1 Sdsc_1502_1
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見

Dsc_1523 Dsc_1561 Dsc_1655

Dsc_1596_2 Dsc_1614_2

2009年4月4日、都内へお花見に行ってきました。
まずは、浅草から隅田川の水上バスで浜離宮へ。隅田川公園付近はちょうど見頃でした。
浜離宮の桜は八分咲きといった感じでした。菜の花畑は満開でとてもきれいでした。
せっかくだから、築地へ向い、早めの昼食をと思ったのですが、まだ11時というのに、
どの店の前にも既に長蛇の列! しょうがないので、一時間近く並びました。
並んだだけあって、さすがにおいしかったです。
そのあと、千鳥が淵⇒靖国神社⇒市ヶ谷外濠通りへと桜の名称を散策しました。
どこもすごい人出で、大変な賑わいでした。市ヶ谷では、最後の春と思われる201系にも偶然会うことが出来てラッキーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

103系 | 107系 | 113系 | 115系 | 117系 | 12系 | 14系 | 169系 | 183系 | 185系 | 200系 | 201系 | 205系 | 209系 | 211系 | 24系 | 253系 | 300系 | 371系 | 400系 | 415系 | 485系 | 489系 | 583系 | 651系 | 789系 | C11 | C12 | C56 | C57 | C58 | C61 | D51 | DD16 | DD51 | DE10 | E231系 | E233系 | E2系 | E3系 | E5系 | E653系 | E655系 | E657系 | E6系 | E751系 | E7系 | ED75 | ED79 | EF200 | EF210 | EF510 | EF55 | EF58 | EF60 | EF64 | EF65 | EF66 | EF80 | EF81 | EH200 | EH500 | EH800 | East-i | FASTECH | JR九州 | JR北海道 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本 | JR貨物 | ne@トレイン | SL | あけぼの | いすみ鉄道 | お座敷列車 | しなの鉄道 | つくばエクスプレス | とき | はくつる | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | カシオペア | グルメ | シキ | トロッコ | トワイライトエクスプレス | ハイブリッド | モノレール | ラッセル | 一畑電気鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電鉄 | 上田電鉄・上田交通 | 久留里線 | 乗り鉄 | 事業用車 | 京成電鉄 | 京浜急行 | 京王電鉄 | 京葉線 | 京都 | 京阪電車 | 伊豆急 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 保存車 | 函館市交通局 | 北斗星 | 十和田観光電鉄 | 南海電鉄 | 南部縦貫鉄道 | 博物館 | 古い写真 | 台湾 | 台湾鉄道三昧の旅 | 名古屋鉄道 | 四季島 | 回送 | 地下鉄 | 大井川鐵道 | 大糸線 | 富士急行線 | 富山ライトレール | 富山地方鉄道 | 専用線 | 小湊鉄道 | 小田急線 | 岡山電気軌道 | 岳南鉄道 | 引退 | 弘南鉄道 | 御召列車 | 撮影会 | 新幹線 | 日光線 | 旧型国電 | 旧型客車 | 東急 | 東武鉄道 | 東海道本線 | 松本電気鉄道 | 気動車 | 水島臨海鉄道 | 津軽鉄道 | 流鉄 | 熊本市電 | 熊本電鉄 | 甲種回送 | 相模鉄道 | 真岡鐵道 | 砕石列車 | 磐越西線 | 神奈川臨海鉄道 | 私鉄 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 紅葉狩り | 能登 | 花見 | 西武鉄道 | 訓練運転 | 試運転 | 足尾 | 路面電車 | 近鉄 | 都電荒川線 | 鉄道 | 銚子電鉄 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阪堺電気軌道 | 陸送 | 電車 | 青ガエル | 青函私鉄めぐり | 静岡鉄道 | 韓国 | 頸城鉄道 | 風っこ | 飛行機 | 飯山線 | 高崎線 | 高松琴平電気鉄道 | 鶴見線 | 黒部峡谷鉄道 | キハ110 | キハ28 | キハ30 | キハ40 | キハ52