上毛電鉄

上毛デハと上信デキと東武8111&1800と藤まつり号と

 2013年5月3日、群馬県と栃木県に跨って私鉄の臨時列車を撮影しました。

 まずは、上毛電鉄のデハ101から。
この日は、ホキ車点検のため、新里から大胡までデハがホキを牽引しました。

 新里への送り込み回送のデハ単行。
S_dsc1906_1
 新緑の中をゆっくりとやって来ました。

 そして、ホキ牽引。
S_dsc1946_1
 手前の麦を入れて赤城山バックで撮影してみました。

 続いて、上信電鉄のデキ牽引のファンタジー号を撮影しに向かいました。
 結構、盛りだくさんのイベントなので、参加してみたかったのですが、他にも回りたかったので、今回は断念しました。
 道路は、GW後半の初日とあって、北関東道も上信越道も渋滞していたので、下道でアプローチしました。
何とか予定していた場所まで辿り着けてホッとしたのも束の間、直ぐにデキがやって来ました。
S_dsc1960_1

 今度は逆方向なので、高速ワープを使って吉井手前でもう一回。
S_dsc1983_1

 後ろの電車も貴重ですね。
S_dsc1988_1

 吉井で長時間停車があるので、先回りして更にもう一回。
S_dsc2001_11
 菜の花が咲いている所があったので、菜の花を絡めて撮影しました。

 次は、東武日光線へ転戦しました。
多客臨で8111Fと1800系とが運転されていて、上りはほぼ同じ時刻でやってくるので外せません。
 撮影場所を探していると、スカイツリートレインが下って行くのを見る鉄…。 こちらは完全にノーマークでした。

 そして、本命2本。
S_dsc2023_1
S_dsc2038_1
 普段、走らない車両が、連続してやって来てくれるのは嬉しいですね。

 最後は、JRで藤まつり号を3本。
 1本目は、東北本線の順光になる場所で撮影。
S_dsc2049_1

 残りの2本は、1時間程合間があるので、場所を変えようと思っていると、雲がかなり多くなってきたので、太陽が隠れるなら両毛線でも良いかなと思い、思川へ移動しました。
麦畑と男体山のシルエットを入れて。
S_dsc2071_1

 常磐線からの藤まつり号は、E653系に変わってしまいました。
S_dsc2083_1

 連休初日ですが、いろいろと転戦できて充実した鉄分補給できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張るぐんまの中小私鉄フェア2011

 2011年9月18日、デキの旧客牽引の撮影前に上信電鉄本社で開催される「頑張るぐんまの中小私鉄フェア2011」の会場へ顔を出しました。

 上毛電鉄のデハ101の回送を撮影後、現地へ向かいました。
まだ、開場まで30分程あるというのに、会場前には長い行列ができていました。
その最後尾に並びましたが、しばらくすると記念切符購入とそれ以外との2つの列に別れました。
自分は、すぐにSLレトロ碓氷号の撮影に向かうので、今回は記念切符の購入は断念しました。

 そして、時間通りに開場すると、真っ先にデキの前へと向かいました。 この後のデキの撮影で、どのような編成になっているか確認を兼ねるためです。 すると、デキは重連ではなく、デキ3にスハフ422173が連結されていました。 デキ1は車庫内に入っていました。 後から判ったのですが、デキ1は、故障していたとのことでした。
S_dsc7977
S_dsc7950_1

 デキ1は、車庫の中で、運転台開放にまわっていました。
S_dsc7970_1

 もう1台の機関車のED316にも旧客が連結されていましたが、狭い構内のため、全然写真が撮れるような状態ではありませんでした。 なんとか撮影してみたのがこの一枚。
S_dsc7996_1
 この位置では、せっかくの役者揃いが台無しでした…。

 999号にも群馬DCのヘッドマークが貼られていました。
S_dsc7993_1

 こちらの車両は、今までラッピングが無く、すっきりとした姿でしたが、とうとうラッピングが施されてしまいました。
S_dsc7968_1

 そして、気になったのはこちら。
S_dsc8005_1
 「臨時急行 上州富岡⇔高崎」の表示が出ていました。
 この日の前後に走っていた臨時列車に使用されていたのでしょう。

 これらの車両たちを撮影後、SLレトロ碓氷やデキ旧客を撮影するために、早々と会場をあとにしました。


 会場に入る前に撮影した上毛電鉄のデハ101はこちら。
S_dsc7934_1
 西桐生へと回送されるデハ101です。 乗客がいない、すっきりとした姿のデハ101を撮影したかったためです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

群馬DCキャンペーン列車三昧! - 速報編 -

 2011年9月18日、群馬DCキャンペーン真っ盛りの高崎界隈へ、特別列車たちを撮影しに行きました。

 まずは、上毛電鉄のデハ101。
S_dsc7934_1

 上信電鉄の「頑張るぐんまの中小私鉄フェア2011」の会場。
S_dsc7945_1

 C6120の「SLレトロ碓氷号」
S_dsc8013_1

 この日のメインとなる、上信電鉄のデキ3と旧客スハフ42による臨時列車。
S_dsc8030_1

 EF641001の「ELレトロ碓氷号」
S_dsc8097_1

 リゾートやまどりの「特急リゾート草津」
S_dsc8113_1

 D51498の「SLみなかみ」
S_dsc8126_1

 詳細は後程~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上毛電鉄感謝フェアイベント2011

 2011年9月4日、「上毛電鉄感謝フェアイベント2011」へ行ってきました。

 まずは、デハ101の走行を新屋-北原間で撮影しました。
S_dsc6447_1
 以前見た時と違い、渡り板も塗装されて落ち着いた感じになっていました。 この方が良いですね。

 中央前橋からの返しを江木-大胡間で撮影。
S_dsc6471_1
 下から狙い過ぎたため、サイドが空の反射で白っぽくなってしまいました…。

 そして、大胡車庫のイベント会場へと向かいました。
S_dsc6496_1

 悪天候にも関わらず、予想以上に多くの人が訪れており、ビックリしました。
S_dsc6540_1
 撮影会場は、場所の制約もあるためか、いつものように並びでした。

 デキと貨物の連結されている姿は、サイドから撮影したいのですが、なかなか実現できません…。
今回もこのような撮影が精一杯でした。
S_dsc6534_1

 今回の目玉は、デハ101だけではなく、デハ104も車内に入れたことです。
S_dsc6562_1
S_dsc6567_1
 車内見学をしている時に、急に大雨が降って来てしまい、暫く車内に留まることに。
思わぬ形で車内でゆっくりできて、しばしタイムスリップした気分になりました。

 デハ101が午後の運転に出発する時間になり、駅へと移動しました。
そして、デハ104が前に出てきました。
S_dsc6582_1

S_dsc6585_1
 デハ101が乗客を乗せている間に、駅先の鉄橋へ移動して、撮影。
S_dsc6594_1_2

 このあと、233系の甲種回送を撮影しに行こうと思っていたところ、上越線が不通になっているようで、再びイベント会場へ戻りました。

 デハ104とデキとの並び。
S_dsc6610_1
S_dsc6639_1

 人が少なくなってきたので、貨物の後ろ姿を撮影。
S_dsc6636_1

 さらに、デハ104の形式写真も撮ることができました。
S_dsc6670_1
 パンタが上がっていないのは残念…。

 再び、デハ101の走行写真を撮ることに。
S_dsc6687_1

 これで帰宅しようと思いましたが、ちょうど、わ鉄のトロッコ列車が走っている時間だったので、大間々駅近くで撮影しました。
S_dsc6712_1
 国鉄色DE10が牽引していました。

 ここまで撮影して終了。 何度か通り雨に出会いましたが、移動時や車内にいた時だったので、タイミング良く濡れずに済んで助かりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

上毛電鉄 新里駅にて

 2011年5月21日、上毛電鉄の砕石列車の撮影後、入換のある新里駅へ行きました。

 ちょうど側線に一旦停止しており、普通電車の出発待ちでした。
S_dsc8171_1
 鯉のぼりも絡めて撮影~。

 本線側に出てきました。
S_dsc8174_1

 ホームで一旦停止。
S_dsc8179_1

 そして、ホキを解放。
S_dsc8180_1

 デハが単行で機回し。
S_dsc8181_1

 この合間に、自分は駅の外へ出ました。
 そして、側線へ再びホキを押し込む形で入って行きました。
S_dsc8185_1
S_dsc8194_1
 暫く、この状態のままのようだったので、走行写真を撮りに移動しました。

 そして、デハが大胡へ回送されるところを撮影して終了しました。
S_dsc8213_1

 このあと、2日間、砕石列車の運行がありましたが、日替わりでヘッドマークが違っていたようです。
個人的には、最終日のマークが好みでした。

 また、来年も、このように情報公開された形で砕石列車が運行されることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上毛電鉄 砕石列車

 2011年5月21日、上毛電鉄の砕石列車を撮影しました。

 バラスト散布をする、この手の列車は、なかなか撮影することができません。
しかしながら、上毛電鉄では、数年前から、砕石列車の運行日時や作業場所を公開してくださっています。

 今年は当初3月に運転予定でしたが、東日本大震災の影響で延期になってしまい、この日に実施されました。

 まずは、新里へホキを迎えに行くデハ101単行を撮影しました。
S_dsc8046_1
 すっきりとした、サイドビューが美しいですね。

 そして、バラスト散布予定場所へ向かいました。

 程なく砕石列車がやってきました。
ゆっくりとした速度で、バラストを散布しながら走って来ました。
S_dsc8078_1
 いつの間にか、貫通ドア側のステップが大きなものへ変更されてしまったのですね。 それにしても、ちょっと目立ち過ぎではないでしょうか? 

 前回撮影した時よりも沢山散布していました。
S_dsc8084_1
S_dsc8104_1

 続いて、折り返し列車も撮影しました。
S_dsc8133_1
S_dsc8147_1

 こちらも豪快にバラスト散布してくれました。
S_dsc8158_1
S_dsc8161_1

 前回は、散布しなかったりしましたが、今回は往復とも、目の前で散布したので、大変満足しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

上毛電鉄 春のイベント

 2010年4月25日、上毛電鉄の春のイベントに行ってきました。

 まずは、「デハ101」の臨時運用から撮影しました。 大胡から新里への折り返しで、復路では、ホキを牽引しました。 菜の花がまだ残っていましたので、無理矢理入れてみました。 
Sdsc_1940_1 Sdsc_1963_1

 デハ101を撮影後、イベントのメイン会場の大胡車庫へ向かいました。
一月のイベント時と同じような並びになっていました。
Sdsc_2005_1 Sdsc_2036_1

 どうやっても、人が入らないようなカットで撮影することができませんでした。 折角の貴重な資産を綺麗に撮影したいのですが、なかなか思うようにはなりませんでした。
 できれば、綺麗な形式写真を撮れるような配置を今後期待したいと思います。

 少しでも人を入れないように、個々のアップでお茶を濁しました。
 「デハ101」
Sdsc_1981_1 Sdsc_2031_1

 「デキ3021」
Sdsc_2043_1 Sdsc_2058_1

 「デハ104」
Sdsc_2070_1 Sdsc_2040_1
 この「デハ104」は、上毛電鉄の社長のお話によると、茶色に塗り替えるようです。

 次回のイベント時には、是非とも、撮影会にも力を入れてもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「上毛電鉄 春のイベント」で「デハ101とホキ」連結運転へ

 今年の年明け早々、新春イベントで、デキ3021の走行運転をして、我々を楽しませてくれた上毛電鉄から、再びイベントの告知がありました。 
 今度は、4月25日に実施され、デハ101とホキの連結運転もあるようです。
 昨年は、砕石列車の時刻を公表していただき、今年も次々とファン好みのイベントを企画していただき、感謝に絶えません。 我々も、事故やトラブルの無きよう、協力しないといけないですね!
Sdsc_0846_1
    <2009.3.15 赤城-東新川>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010新春企画「上毛電鉄イベント」

 2010年1月3日、上毛電鉄へ行ってきました。

 大胡構内で「デキ3021」が走るのと、「デハ101」が臨時運行で走りました。

 朝早めに着いたので、大胡の車庫の様子を見に行くと、ちょうどデキが貨車を入換していました。
貨車があるとは、思っていなかったので、大変ビックリしました。
Sdsc_4071_1 Sdsc_4080_1

 大胡駅横には、「デハ101」もスタンバイしていました。
前後に、今年の干支にちなんだヘッドマークが取り付けられていました。
Sdsc_4096_1 Sdsc_4103_1

 「デハ101」が運行に入る時間が迫っていたので、大胡駅先の鉄橋で、走行を撮影しました。
Sdsc_4115_1

 デハの撮影後、大胡車庫のイベント会場へ向かいました。
デキに貨車を付けた状態で撮影することができました。 地方私鉄の雰囲気がバッチリ出ていました。

Sdsc_4142_1 Sdsc_4155_1_2

 デキの隣には、「デハ104」が並んでいました。
Sdsc_4170_1 Sdsc_4188_1

 1回目のデキの構内運転が終了すると、デキと貨車が切り離されて個別に撮影できました。
Sdsc_4264_1 Sdsc_4272_1
Sdsc_4290_1

 「デハ101」の運行が終了すると、3つ並びが実現しました。
Sdsc_4309_1 Sdsc_4331_1
Sdsc_4526_1 Sdsc_4433_1

 「デハ101」と「デハ104」は、しばしば、ヘッドマークを取り替えていました。
Sdsc_4341_1 Sdsc_4487_1
Sdsc_4427_1 Sdsc_4535_1
Sdsc_4348_1 Sdsc_4518_1

Sdsc_4409_1 Sdsc_4197_1
Sdsc_4247_1 Sdsc_4194_1
Sdsc_4568_1 Sdsc_4400_1

 今回のイベントで、デキの走行が公開されましたが、これが今後、本線での運転に繋がっていくものと信じております。 昨年も砕石列車の運行を公開していただいたり、我々ファンにも色々とサービスしていただいておりますので、これからも期待したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

上毛電鉄 デハ101

2009年9月27日、上毛電鉄へ行ってきました。

この日は、「頑張るぐんまの中小私鉄フェア2009」の開催の一環で、デハ101の運転がありました。
沿線には、秋を感じる風景が広がっていました。
Sdsc_8721_1 Sdsc_8644_1
Sdsc_8707_1 Sdsc_8799_1

 大胡車庫に立ち寄ると、デハ104が庫外に出ておりました。
すでに搬入されていると思うデキ3021の姿は、残念ながら拝むことはできませんでした。
Sdsc_8685_1 Sdsc_8691_1

「頑張るぐんまの中小私鉄フェア2009」のメイン会場である大間々駅にも立ち寄りました。
ここでは、各社のグッズや切符等も売られていました。
 駅構内では、DE10の体験乗車がおこなわれており、頻繁に走っておりました。
Sdsc_8767_1 Sdsc_8793_1

「サロン・ド・わたらせ」の展望車両もまだ留置されていました。
Sdsc_8733_1 Sdsc_8735_1

このあと、東北本線の訓練運転で、EF651118が牽引しているとの情報を得ましたので、栗橋へ向かいました。
Sdsc_8821_1

直前に日が翳ってしまい、ちょっと残念でした。
でも、休日の訓練運転に、ネタ釜を投入してくれるのは、大変喜ばしいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

103系 107系 113系 115系 117系 12系 14系 169系 183系 185系 200系 201系 205系 209系 211系 24系 253系 300系 371系 400系 415系 485系 489系 583系 651系 789系 C11 C12 C56 C57 C58 C61 D51 DD16 DD51 DE10 E231系 E233系 E2系 E3系 E531系 E5系 E653系 E655系 E657系 E6系 E751系 E7系 ED75 ED79 EF200 EF210 EF510 EF55 EF58 EF60 EF64 EF65 EF66 EF80 EF81 EH200 EH500 EH800 East-i FASTECH HD300 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 ne@トレイン SL あけぼの いすみ鉄道 えいでん お座敷列車 しなの鉄道 つくばエクスプレス とき はくつる ひたちなか海浜鉄道 わたらせ渓谷鐵道 カシオペア グルメ シキ トロッコ トワイライトエクスプレス ハイブリッド バス モノレール ラッセル 一畑電気鉄道 上信電鉄 上毛電鉄 上田電鉄・上田交通 久留里線 乗り鉄 事業用車 京成電鉄 京浜急行 京王電鉄 京葉線 京都 京阪電車 伊豆急 伊豆箱根鉄道 会津鉄道 保存車 函館市交通局 北斗星 十和田観光電鉄 南海電鉄 南部縦貫鉄道 博物館 古い写真 台湾 台湾鉄道三昧の旅 名古屋鉄道 四季島 回送 地下鉄 大井川鐵道 大糸線 富士急行線 富山ライトレール 富山地方鉄道 専用線 小湊鉄道 小田急線 岡山電気軌道 岳南鉄道 引退 弘南鉄道 御召列車 撮影会 新幹線 日光線 旧型国電 旧型客車 東急 東武鉄道 東海道本線 松本電気鉄道 気動車 水島臨海鉄道 津軽鉄道 流鉄 熊本市電 熊本電鉄 甲種回送 相模鉄道 真岡鐵道 砕石列車 磐越西線 神奈川臨海鉄道 私鉄 秩父鉄道 第11回台湾鉄道三昧の旅 箱根登山鉄道 紅葉狩り 能登 花見 西武鉄道 訓練運転 試運転 足尾 路面電車 近江鉄道 近鉄 都電荒川線 鉄道 銚子電鉄 長野電鉄 関東鉄道 阪堺電気軌道 陸送 電車 青ガエル 青函私鉄めぐり 静岡鉄道 韓国 頸城鉄道 風っこ 飛行機 飯山線 養老鉄道 高崎線 高松琴平電気鉄道 鶴見線 黒部峡谷鉄道 キハ110 キハ28 キハ30 キハ40 キハ52