ひたちなか海浜鉄道

ひたちなか海浜鉄道キハ205とネモフィラと

 2017年5月4日、ネモフィラを見にひたちなか海浜公園に行って来ました。

 その帰りすがりに、ひたちなか海浜鉄道へ立ち寄りました。
キハ205が、那珂湊-勝田間の区間運転の運用に入っていたので、それを撮影しようと思っていました。

 すでに沿線の田んぼには水が張られて田植えも始まっていました。
ところが、風が満遍なく吹き続いており、水鏡は期待できませんでした。

 そのような中、キハ205がやって来ました。
S_dsc5116_1

 返しは逆光なので、流してみました。
S_dsc5180_1
S_dsc5191_1

 他の2運用は、どちらも3連でした。
S_dsc5027_1
S_dsc5101_1
 連休中は、大忙しですね。

 で、肝心のネモフィラを。
S_dsc4971_11
 人影を木で隠してみました。

 人を写してみると、こんな感じでした。
S_dsc4990_1
 午前中なのに、既に丘に通じる通路は、渋滞しておりました。

 人出が多くて大変でしたが、とても綺麗なので、行ってみる価値は十分あります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたちなか海浜鉄道キハ205と中根駅の桜

 2017年3月18日、ひたちなか海浜鉄道へ立ち寄りました。

 この日は、朝早く起きて大井川にでも行こうかと思っていましたが、連日の疲れか早い時間には起きれませんでした…。
 大井川には間に合わないけれど、午前中には起きたし天気も良いので、家族を誘って那珂湊へ向かいました。

 お昼ご飯をおさかな市場で済ませてから、ひたちなか海浜鉄道の沿線に向かいました。
ちょうど、この日はキハ205が運用に入っていました。
S_dsc0425_1
S_dsc0445_1

 キハ205を撮影していると、中根駅で桜が咲いているとの情報を得ましたので、向かってみました。
まだ咲き始めたばっかりなのと、陽の光の当たり具合が微妙だったので、アングルはどうにもなりませんでした。
 キハ3710がやって来ました。
S_dsc0455_1

 せっかくなので、キハ205が来るまで待つことにしました。
待ち時間があったのですが、合間にメジロがやって来たりして時間潰しにはちょうど良かったです。
S_dsc0471_1

 そして、いよいよキハ205が登場しました。
S_dsc0495_1

 せっかくなので、勝田からの返しも待ちました。
S_dsc0520_1

 ここまで撮影して、再びおさかな市場へ向かい、夕食のお刺身と干物を買い込みました。

 もう少し花が咲いている場所が多ければよかったのですが、思いがけない時期に桜と列車のコラボが見れて満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北関東で気動車を狙う - ひたちなか海浜鉄道編 -

 2017年1月22日、烏山線とひたちなか海浜鉄道に行って来ました。

 午前中の烏山線キハ40の撮影後、ひたちなか海浜鉄道へ向かいました。

 那珂湊から阿字ヶ浦へ向かう列車の途中からキハ205に差し替えになる予定だったので、まずはその区間に行きました。

 那珂湊からやって来る列車は逆光になってしまうので、順光になるケツ打ちをすることにしました。
綺麗な青空だったので、空も入れるべく縦位置で狙ってみました。
S_dsc7253_1

阿字ヶ浦からの返しは、普通に走行写真を。
S_dsc7262_1

場所を変えて、勝田からの折り返しを。
S_dsc7277_1
もう少し正面に陽が回ってくれるかと思いましたが、ちょっと正面が弱くなってしまいました。

2往復目は、影との戦いです。
S_dsc7309_1

築堤に木々の影がだいぶ伸びてきましたが、何とか回避できると思っていましたが、車体にも薄い影が伸びて来てしまってました。

最後に那珂湊へ向かう列車は、流し撮りで。
S_dsc7326_1

他の車両たちも。
S_dsc7359_1
S_dsc7397_1

 撮影終了後、おさかな市場に行ってみましたが、17時近くだったので、既に店仕舞いしている店も多かったのですが、何とか美味しそうなお刺身を購入することができました。

 それにしても、キハ205の色の褪せ方が気になります。
そろそろ、塗り替えが必要なのかもしれませんね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたちなか海浜鉄道 留置車両たちを見に行く

 2015年10月12日、キハ2004単行運転を撮影する前に那珂湊駅に立ち寄りました。

 この春に搬入されたキハ11の様子と、少し前に搬入された東海交通事業城北線キハ11-201の様子を確認しに行きました。

 まず春に到着した車両から。
S_dsc7591_1
 車庫横に2両連結された状態で留置されており、行先幕は「試運転」になっていました。

 しかもサイドのサボも「試運転」に! 既に試運転を行っているのでしょうか?
S_dsc7576_1

 城北線からやって来たキハ11は中線の車両群の中に連結されていました。
なんとか正面が見えたので。
S_dsc7566_1

 この後単行運行予定のキハ2004が中線の先頭に立っていました。
S_dsc7602_1

 駅の外側に回ってみるとキハ11-201の様子がもう少し見えました。
S_dsc7607_1

 キハ11-203は一人ぼっちで佇んでいました。
S_dsc7613_1

 さらに、阿字ヶ浦駅にも向かってみました。
ここには先日引退宣告されたキハ2005が留置されていました。
S_dsc7648_1
S_dsc7635_1

 労いの言葉と共に…。
S_dsc7627_1

 ひたちなか海浜鉄道でも世代交代が間もなく完了するようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたちなか海浜鉄道 キハ2004単行運転

 2015年10月12日、夕食の食材を調達しに那珂湊へ行く途中、ひたちなか海浜鉄道へ立ち寄りました。

 とうとうキハ2004も引退の日が近づいてしまったようです。
この3連休、特別にキハ2004の単行運転をおこないましたが、那珂湊-勝田間の一往復のみでした。

 この日は、快晴で撮影日和。
このままであれば、勝田行きが順光で綺麗に撮影できると意気込んでいました。
ところが、時間が経つにつれて影がドンドン伸びてきて、車両にかかってしまうのではないかとヒヤヒヤしました。

 そのような中、キハ2004はやってきてくれてギリギリ間に合いました。
築堤の上は何とか陽が当たったままでした。
S_dsc7818_1

 しかし、影は直ぐそこまで伸びてきていました。
S_dsc7824_1

 返しは、影が完全に伸びてしまうと思ったので、急いで他の場所へ移動してみました。
ところがどこも同じような感じでしたので、ならば背景が煩くない先程の場所へと戻りました。

 折り返し時間が短いのでドタバタになってしまいましたが、何とか間に合いました。
山影の中に入ってしまうので、流し撮りで対応することにしました。
S_dsc7876_1

 後ろの木々には陽が当たっているのにぃ…。
S_dsc7892_1

 キハ2004が落ちると、いよいよ旧型はキハ205を残すのみです。
ひたちなか海浜鉄道にも、車両の大変革の時が来たようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ひたちなか海浜鉄道開業7周年記念祭」

 2015年5月17日、ひたちなか海浜鉄道へ行ってきました。

 この日は「ひたちなか海浜鉄道開業7周年記念祭」がおこなわれていました。

 まずは、記念祭に合わせての旧型車両の運転を沿線で撮影しました。
S_dsc9236_1
 キハ2004とキハ205との連結運転の予定でしたが、さらにキハ3710-01も連結されていました。

 もう片方の運用はキハ3710-02とキハ37100-03との運転でした。
S_dsc9246_1

 もう一回旧型車両を撮影。
S_dsc9265_1

 このあとは、那珂湊駅の会場へと向かいました。

 去就が注目されているキハ222には、前年12月の「さようならキハ222」イベント時のヘッドマークが取り付けられていました。
S_dsc9274_1

 さらにサボ受けには、「さようならキハ222 2015.5.10」と「築別炭礦行」のサボが収まっていました。
S_dsc9348_1

S_dsc9350_1

 今回の目玉と思われる、JR東海から購入したキハ11-203も展示されていました。
S_dsc9343_1

 こちらも「キハ11ようこそ湊線へ」という特製ヘッドマークが付けられていました。
S_dsc9341_1

 サボも。
S_dsc9297_1

 車内も見学できたので、乗ってみました。
S_dsc9320_1
 運賃表等は、まだJR東海の時のままでした。

 車庫の方に留置してあったキハ11にも何やらヘッドマークが取り付けられていました。
S_dsc9330_1

 アップにしてみると、「さようなら さおりんご号」と書かれていました。
S_dsc9330_11
 彼女が退社する時にでも、ひっそりと走ったのでしょうか?
この鉄道の再建にいろいろなことにチャレンジしてくれましたので、大いに労いっても良いですね!

 「さようならキハ222」の記念乗車券やクリアファイルも無事ゲットすることができましたし、さんまの甘露煮等のお土産も手に入れることができました。
 そして、近所で、少々遅い昼食に海鮮丼を食して早々と帰宅の途につきました。

 鉄道ファンばかりではなく、一般の方々にも楽しめる地域イベントとして、以前にも増してかなり充実していました。

 そして、今後のキハ11のデビューも気になります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたちなか海浜鉄道にJR東海のキハ11がやって来た!

 2015年5月2日、家族旅行の途中でひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅に立ち寄りました。

 先日、JR東海からキハ11が3両、ひたちなかに運び込まれたので、是非とも自分も見たくて立ち寄りました。

 那珂湊駅に到着すると、3両とも屋外に留置されていました。
S_dsc7901_1

 他の留置車両と一緒に記念撮影。
S_dsc7900_1

 ちょうど列車がやってきたので、こちらも一緒に。
S_dsc7907_1
 こうやってみると色こそ違いますが、キハ3710とその形状はソックリですね。

 そして、キハ11の登場で、その去就が気になる旧型気動車と。
S_dsc7913_1

 まだ正式発表が何もされていないようですが、果たしてキハ11が今後どのような動きがあるのか、目が離せませんね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたちなか海浜鉄道「ありがとうキハ222」

 2014年12月6日、水郡線での「DL,SL奥久慈清流ライン号」の合間にひたちなか海浜鉄道へ行ってきました。

 本来なら、こちらの「ありがとうキハ222イベント」の方をメインイベントと位置付けしていたのですが、午前中は「キハ222」の出番は無く、午後からのお披露目は、あろうことか逆光側の阿字ヶ浦側に連結されるという、晴天時には非常に残念な予定でした。
 那珂湊での増結は、阿字ヶ浦側なのは十分承知していますが、せっかくの大イベントなので、何とかなるかと思いきや…。

 この日は、大変天気が良くて、とても曇天になるような天候ではありませんでした。
走行時間は、どう考えても正面に陽が当たらないので、なんとか撮影する手立てが無いか考えていました。

 キハ222が後から増結されるのであれば、車庫前に留置されているはず。 特に、この日であればキハ222は、見えやすい場所に置いてあるのでは? と推測してみました。
 となれば、「DL奥久慈清流ライン号」と「SL奥久慈清流ライン号」との撮影の合間に那珂湊駅に行けば、まだ順光のはずなので、ダメ元で那珂湊駅に向かってみました。
 道路が混雑する中を縫いながら那珂湊駅へと向かいました。
 駅の中に入ると、キハ222は想像していた場所にはいませんでしたが、中線に他の車両と共に留置されていました。

 場所こそ違うものの、順光で撮影することができました。
S_dsc1443_1

 近寄って撮影。
S_dsc1447_1

 正面も。
S_dsc1468_1

 ちょうど列車がやって来たので、旧型同士の並びも撮影できました。
S_dsc1476_1_2
 ただし、影がぁ…。

 あまりゆっくりしていると「SL奥久慈清流ライン号」に間に合わなくなってしまうので、撮影もホドホドにして移動しました。

 そして、「SL奥久慈清流ライン号」の撮影後、再び、ひたちなか海浜鉄道へと戻りました。
今度は、沿線で走行写真を撮りました。

 案の定、正面には陽が当たりません…。
もう片方の運用の列車が勝田からやって来ました。
S_dsc1518_1
 ポツリポツリと浮かんでいる雲が良いアクセントになってくれました。

 この列車と那珂湊で交換した、キハ222を連結したメイン列車がやって来ました。
S_dsc1525_1
 順光側は全く無視して、この日の主役であるキハ222がくっついている後ろ側を撮影しました。

 そして、勝田から戻って来るのをもう一度撮影しました。
S_dsc1546_1

 この夜は忘年会があるので、ここまでで撤収しました。

 この日をもって、一般運用から外れたキハ222ですが、引退という言葉は無く、おまけにキハ222の今後についてのミーティングがあったようです。
全国的にも少なくなってしまった旧型気動車なので、これからも活躍できるようになると良いですね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたちなか海浜鉄道とネモフィラと

 2014年5月6日、ひたちなか海浜鉄道に立ち寄りました。

生憎の天気でしたが、この日はキハ222+キハ2004、キハ3710-01+キハ3710-02という組み合わせで運行していました。
この組み合わせならば、どちらも絵になりますね!

 まずはキハ222+キハ2004から。
S_dsc6424_1
S_dsc6482_1

 勝田側のキハ2004には「ネモフィラ・シャトル」のマークを取り付けていました。
S_dsc6470_1

 そして、キハ3710-01+キハ3710-02。
S_dsc6438_1
 この日は風が強いので、水鏡にはなりませんでした。

S_dsc6456_1

 こちらも同様に勝田側にマークが付いていました。
S_dsc6499_1

 ひたちなか海浜鉄道の前には、ひたちなか海浜公園でネモフィラを見学しました。
S_dsc6395_1
S_dsc6392_1
 ちょっと見頃を過ぎてしまったようです…。しかも雨と強風と低温で、ゆっくりと観賞している場合ではありませんでした…。 せっかく朝早く出てきたのに、ちょっと残念でした。

 ひたちなか海浜鉄道の撮影後は、いつものようにお魚市場へ向かい、昼食を食べて、お刺身や干物を購入して早めに切り上げました。
 我が家の食卓は、しばらく海産物のオンパレードになります。


 それにしても海浜公園や市場周辺の渋滞はいつも慢性的ですねぇ…。特に連休になると大変な混雑です。
以前やっていた、パーク&ライドが復活すれば…。
 車で来る観光客を途中から海浜鉄道に乗り換えて公園や市場に行けるような仕組みがあると、渋滞にハマらなく快適になると思います。
 さらに海浜公園のHPの「自動車で行く場合」にも紹介してもらえれば、認知度が上がると思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたちなか海浜鉄道で2013年の撮り納め

 2013年12月31日、年末年始の買い物ついでに、ひたちなか海浜鉄道に立ち寄りました。

 今年は、何故かひたちなかとの相性が悪く、記念の年だったのに、訪れる機会がほとんどありませんでした。
ようやく大晦日にもう一度訪ねるチャンスを得ました。

 この日は運良く2本とも旧型車両が運用に入っていました。
綺麗な光線の中、列車はやって来ました。
S_dsc3894_1
S_dsc3934_1

もう一回、光線の良いケツ打ちをしようと待ち構えていると、様子がおかしい…。
S_dsc3941_1
なんとアニマルトレインが増結されてしまいました。
S_dsc3945_1

 走行写真はここまで。
おさかな市場に向かい、早めのお昼ご飯を食べ、買い出しを済ませました。 それにしても、市場は大変多くの人が詰めかけていて、前に進むのも大変なほどでした。

そして、帰りがけに那珂湊駅に立ち寄り、ようやくヒゲ付きを撮影することができました。
S_dsc3987_1

これにて、2013年の撮り納めとなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

103系 107系 113系 115系 117系 12系 14系 169系 183系 185系 200系 201系 205系 209系 211系 24系 253系 300系 371系 400系 415系 485系 489系 583系 651系 789系 C11 C12 C56 C57 C58 C61 D51 DD16 DD51 DE10 E231系 E233系 E2系 E3系 E531系 E5系 E653系 E655系 E657系 E6系 E751系 E7系 ED75 ED79 EF200 EF210 EF510 EF55 EF58 EF60 EF64 EF65 EF66 EF80 EF81 EH200 EH500 EH800 East-i FASTECH HD300 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 ne@トレイン SL あけぼの いすみ鉄道 えいでん お座敷列車 しなの鉄道 つくばエクスプレス とき はくつる ひたちなか海浜鉄道 わたらせ渓谷鐵道 カシオペア グルメ シキ トロッコ トワイライトエクスプレス ハイブリッド バス モノレール ラッセル 一畑電気鉄道 上信電鉄 上毛電鉄 上田電鉄・上田交通 久留里線 乗り鉄 事業用車 京成電鉄 京浜急行 京王電鉄 京葉線 京都 京阪電車 伊豆急 伊豆箱根鉄道 会津鉄道 保存車 函館市交通局 北斗星 十和田観光電鉄 南海電鉄 南部縦貫鉄道 博物館 古い写真 台湾 台湾鉄道三昧の旅 名古屋鉄道 四季島 回送 地下鉄 大井川鐵道 大糸線 富士急行線 富山ライトレール 富山地方鉄道 専用線 小湊鉄道 小田急線 岡山電気軌道 岳南鉄道 引退 弘南鉄道 御召列車 撮影会 新幹線 日光線 旧型国電 旧型客車 東急 東武鉄道 東海道本線 松本電気鉄道 気動車 水島臨海鉄道 津軽鉄道 流鉄 熊本市電 熊本電鉄 甲種回送 相模鉄道 真岡鐵道 砕石列車 磐越西線 神奈川臨海鉄道 私鉄 秩父鉄道 第11回台湾鉄道三昧の旅 箱根登山鉄道 紅葉狩り 能登 花見 西武鉄道 訓練運転 試運転 足尾 路面電車 近江鉄道 近鉄 都電荒川線 鉄道 銚子電鉄 長野電鉄 関東鉄道 阪堺電気軌道 陸送 電車 青ガエル 青函私鉄めぐり 静岡鉄道 韓国 頸城鉄道 風っこ 飛行機 飯山線 養老鉄道 高崎線 高松琴平電気鉄道 鶴見線 黒部峡谷鉄道 キハ110 キハ28 キハ30 キハ40 キハ52