わたらせ渓谷鐵道

わたらせ渓谷鐵道でお花見

 2016年4月10日、今週ならば、まだ桜が咲いていると思いわたらせ渓谷鐵道に行って来ました。

 目論見通り、まだ桜は咲いており、曇り空ながらまずまず期待できそうでした。

 まずは、上神梅駅から。
S_dsc3726_1
 ここは、駅を入れても絵になりますね!

 そして、小中へ。
 ここもちょうど良い感じで桜が咲いていました。
S_dsc3758_1

 ここで「トロッコわたらせ渓谷号」を撮影。
S_dsc3782_1

 午後は中野で撮影しました。

 ここも桜は満開でした。 ベストアングルに立ちはだかるコンクリート柱を何とかかわしての撮影。
S_dsc3839_1

 そして、「トロッコわたらせ渓谷号」
S_dsc3992_1
 「花桃号」のヘッドマークでした。

 最後は水沼で「トロッコわっしー号」を。
S_dsc4092_1

 なんとか今年もわたらせの桜シーズンに間に合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたらせ渓谷鐵道「302号ファイナルツアー」 - 午後の部 -

 2015年3月29日、わたらせ渓谷鐵道へ行ってきました。

 この日は、「302号ファイナルツアー」なる、「わ89-302号」のさよなら運転が午前と午後に1往復づつありました。

 今回は、その午後の部です。

 午後の部は、小中のお立ち台から始めることにしました。
 学校の校庭の桜がまだ咲いていないので、いつもとは違うアングルで撮影してみました。

 まずは渡良瀬川を入れて。
Sdsc_4438_1

 アップで。
Sdsc_4454_1

 更に後ろ姿も。
Sdsc_4455_1

 午前の部と同じように、追いかけてもう一回。
Sdsc_4474_1

 午後の部は、間藤駅での折り返し停車時間が短いので、深追いはしないで、返しの場所探しをしました。
結局いつもの場所で撮影することに。
Sdsc_4492_1

 再び追いかけて、もう一回。
Sdsc_4512_1

 桐生から大間々への回送列車も撮影することに。
かなり暗くなってきたので、低速シャッターでアウトカーブの正面ドカンで。
Sdsc_4534_1
 幕も「団体」から「回送」になっていました。

 最後に大間々駅へ行ってみると、すでに「」マークは取り外されて留置されていました。
Sdsc_4600_1
Sdsc_4566_1

 これで302号はもう本線上を走ることはないのは寂しい限りですが、この302号も101号に続いて静態保存されることになったのは、嬉しいですね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたらせ渓谷鐵道「302号ファイナルツアー」 - 午前の部 -

 2015年3月29日、わたらせ渓谷鐵道へ行ってきました。

 この日は、「302号ファイナルツアー」なる、「わ89-302号」のさよなら運転がありました。
丸い目が可愛い302号でしたが、いよいよ引退となってしまいました。
このようなデザインは好きだったので、ちょっと残念です…。

 まずは挨拶がてら大間々駅へ向かいました。
程無く、車庫の中から302号が現れて、一旦311号と並びました。
S_dsc4232_1

 綺麗に磨かれていて、最後まで愛されていたのが、よく判ります。
S_dsc4234_1
S_dsc4235_1
 小停車した後、ホームへ入れ換えに行ったので、こちらも移動。

 桐生へ向かう列車が順光になる場所へ向かいました。
桜が咲くにはまだ早く、列車主体で狙ってみました。
S_dsc4245_1
 順光だと磨かれていることがよく判ります。

 反対側も順光で狙いたいので、ちょっとバックが煩いのですが順光になる場所を見つけたので、こちらで撮影することに。
ところが、直前に曇ってしまい、狙い通りにはいきませんでした。
S_dsc4266_1

 一本前の列車の時は、ちゃんと晴れていたのに…。
S_dsc4253_1

 気を取り直して、後を追いかけてみると途中で追い抜いたようなので、もう一回撮影。
今度は正面ドカンで狙ってみました。
Sdsc_4285_1

 間藤駅で折り返しまで少々止まっているので、撮影に向かいました。
レールバス1両だけで、お客様も少ないので、のんびりと撮影できました。
Sdsc_4338_1_2

 返しは小中のお立ち台で撮影。
アップの写真を撮っていたので今度は渡良瀬川を入れてみました。
Sdsc_4367_1

 やっぱりアップも。
Sdsc_4375_1

後ろも。
Sdsc_4379_1

 再び追っかけてみると、もう一回撮影できました。
バックに梅を絡めて~。
Sdsc_4393_1

 午後の部へ続く~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トロッコわたらせ渓谷号

 2014年11月15日、わたらせ渓谷鐵道へちょこっと行ってきました。

 この日は、午前中は家族運用でしたが、午後には時間ができるため何処かへ出かけようと思っていました。
 半日なので、尾久のイベントか紅葉かと迷いましたが、尾久のEF8181に装飾無いようだし、天気が良いので、
わたらせ渓谷鐵道を選択しました。

 前日の同社のHPを確認したところ、紅葉の色付き具合がなかなか良かったし、この日は天気が良かったので、
ワクワク感いっぱいで、現地に向かいましたが、どう見ても色付き具合がイマイチ…。
 救いは、天気が良くて、優しい日差しがたっぷりと注いでくれていたことでした。
S_dsc9779_1
 空を入れて「トロッコわたらせ渓谷号」を撮影しました。
この日は、DE10 1678が牽引していました。 
オレンジ色なので、木々に埋もれず綺麗に映えていました。

 先回りしてもう一回。
S_dsc9823_1
 残念ながら、直前で陽が山影に入ってしまい残念…。 あと数分早ければ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇皇后両陛下、私的旅行の御乗用列車

 2014年5月22日、わたらせ渓谷鐵道と両毛線へ行ってきました。

 この日は、天皇皇后両陛下の私的旅行として、この両線をご利用になりました。

 私的旅行であるため、日章旗の掲示等はないようですが、やはり通常とは違う列車なので、撮影したくなる列車です。
 ところが、この日は、どうしても外せない所用が午後にあり、肝心の本番列車が撮影できません。
 ただ、午前中は時間作れそうなので、せめて回送だけでも撮影しようと向かいました。
それでも奥の方で撮影すると、間に合わなくなるので、できるだけ手前で撮影することにしました。

 まずは、大間々駅の様子から。
S_dsc8413_1
S_dsc8422_1
 既に3両編成に仕立てられて後は出発を待つのみとなっていました。
車体は綺麗にワックス掛けされており、ピカピカでした。

 ちょっと前に出て停車。
S_dsc8431_1

 恐らく、一旦ホーム側に転線してから発車すると思い、いつもの入換停止位置で待っていました。
案の定、踏切が鳴って列車がやって来ました。
S_dsc8453_1
 そしてホームの方へ移動しました。

 回送列車も、大間々近くで撮影することにしました。
この辺りで撮影すれば、時間的に問題ありません。

 時間通りに回送列車は発車して、我々の前をゆっくりと通過しました。
S_dsc8463_1

 後ろ髪を引かれる思いで、わたらせ渓谷鐵道を後にしました…。


 所用が予定より早く終わったために、両毛線でのE655系も撮影できるチャンスができました。
ところが、周囲は黒い雨雲が立ち込めていました。
 西の方が黒い雲が多く、その下では雨が降っているのが見えました。

本来なら、夕刻遅い時間なので、できるだけ西側で早めに撮影したいのが山々ですが、雨に打たれては元も子もありません。

 ならば、できるだけ小山に近い方で撮影することにしました。

 ポツリポツリと雨が落ちてきましたが、濡れる程の雨ではありませんでした。
暗くなる中、列車がやって来ました。
S_dsc8501_1
 連結器が出ていない等が、普段のE655系とは違う点ですね!

 真ん中の車両の3号車に両陛下がご乗車になっていると思い、カメラを向けて手を振ろうと思っていましたが、人影が見えません…。
アレッ?と思った瞬間、後ろから2両目でお手を振る姿が…。
 VIP室ではなく、一般席にご乗車になられているとは、思ってもいませんでした。
せっかく、お手を振られていたのに、振り返すこともできずに残念なことをしてしまいました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再びわたらせ渓谷鐵道でお花見!

 2014年4月15日、お花見を兼ねて再度、わたらせ渓谷鐵道へ行ってきました。

 先日、人が多かったので敬遠した神戸駅で撮影したいと思い、わたらせへと向かいました。

 まずは、ちょうど上り列車がやって来るので、上神梅駅での撮影から開始しました。
枝垂れ桜バックで撮影しました。
S_dsc2374_1

 そして、神戸駅へと向かいました。
水仙、桜、花桃と、色々な花に囲まれました。
S_dsc2396_1

 駅の跨線橋から出発していく姿を。
S_dsc2407_1
 平日にもかかわらず、かなり多くの人が居ました。

 上り列車を駅北側の陸橋から狙います。
こちらも花桃が大変綺麗でした。
S_dsc2418_1

 来る時に大間々駅横を通過したら、トロッコ客車のカバーが外されていたので、もしかしたら運転があるかも?と思っていましたので、少し待つことにしました。
すると、本当にトロッコ列車がやって来ました!
S_dsc2449_1

 後ろ姿も。
S_dsc2465_1

 こうなると、トロッコ列車撮影をメインへと変更になります。先回りして、もう一回撮影しました。
S_dsc2476_1
 足尾近くまで来ると、桜はようやく咲き始めたばかりでした。

 返しまで時間があるので、一旦間藤へ行ってみました。
S_dsc2506_1

 この列車をもう一度撮影するのに、沢入駅へと向かいました。
ここの桜はほぼ満開でした。
S_dsc2516_1

 そして、トロッコ列車を撮影するために、再び神戸駅へと向かいました。
S_dsc2534_1
 やって来た列車にはヘッドマークがありませんでした。
よく見ると、乗客がいませんでした。
そういえば、足尾駅に観光バスが数台停まっていたので、そちらに乗ってしまい、返しのトロッコ列車は、回送扱いになったのでしょう。

 ヘッドマーク無しでの姿は、これはこれで貴重ですね。

 まだ桜が残っていた水沼駅に向かいました。
駅進入側の桜はかなり散ってしまいました。
S_dsc2550_1

 停車の間に、駅先へと移動して、水沼駅出発を狙いました。
S_dsc2565_1
 こちらは、まだ結構桜は残っていました。

 引いて、もう一回撮影。
S_dsc2568_1

 先へ行くと、上神梅で先行していたようなので、おまけ撮りできました。
S_dsc2587_1

 そして、最後は、大間々駅に行って、入換の様子を撮影しました。
S_dsc2624_1
S_dsc2630_1

 DE101537は塗り替えたばかりなので、大変綺麗な姿を見ることができました。
S_dsc2649_1
S_dsc2665_1
 もう少し引いて撮れれば良いのですが、ここではこれが精一杯でした。


 普通列車で、花桃絡みを撮影するつもりで行ったのですが、思わぬトロッコ列車登場で得した気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花いっぱいのわたらせ渓谷鐵道で「花桃号」を撮影

 2014年4月12日、わたらせ渓谷鐵道へ行ってきました。

 この日は、トロッコ列車の今年最初の運転である「花桃号」の運転がありました。

 「花桃号」は、通常のトロッコ列車と違い、桐生からの出発となり、大間々-桐生間は、ディーゼル機関車のプッシュプル運転になります。

 大間々駅に立ち寄り、トロッコ列車の様子を見ることにしました。
S_dsc2089_1
 編成は既に組成されており、足尾側にピカピカになったDE101537が連結されていました。

 桐生に向かう列車を、桜並木のお立ち台で狙いました。
桜自体は、もうかなり散っておりました。
S_dsc2101_1
 後ろのディーゼル機関車も写るかと思っていましたが、計算通りにはなりませんでした…。
桐生側はDE101678でした。 この機関車もかなり色褪せてきたので、お化粧直ししてあげたいですねぇ。

 後ろのDE101537も撮影。
S_dsc2110_1

 桐生からやって来る列車は、枝垂れ桜が綺麗だった上神梅駅で狙いました。
S_dsc2122_1

 さらに先に進み、小中のお立ち台へ向かいました。
ここは桜が満開で、撮影者も大変多くいました。
S_dsc2143_1

 後ろ姿も。
S_dsc2159_1
 こちら側は、下草がかなり伸びてきていました。

 このあとは、追いかけることなく、ロケハンをすることにしました。
神戸駅は、花々が大変綺麗でしたが、「花桃まつり」が開催されており、大変多くの人が詰めかけており、撮影は困難そうでした。
沢入駅は、まだ桜が咲き始めたばかりで、花を絡めて撮れそうもありませんでした。 

 取りあえず、「トロッコわっしー号」が戻って来るので、上神梅-大間々のお立ち台で撮影しました。
ここでは桜は散りまくっていて、ドンドン花が無くなっていました。
風が吹くと花吹雪になって綺麗でしたので、列車が来るタイミングで花吹雪になればと思っていましたが、そうは上手くいきませんでした…。
S_dsc2169_1

 トロッコが戻って来るのをどこで撮影するかは迷った挙句、水沼駅にしました。
駅の周りの桜は満開で大変綺麗でした。

 まずは「トロッコわっしー号」の後追いから。
S_dsc2182_1

 そして、本命の「花桃号」。
S_dsc2210_1

 大間々方面に進むと、どうやら途中で追い抜いていたようで、もう一回撮影できました。
S_dsc2237_1

 「トロッコわっしー号」が戻って来るのを上神梅駅で出迎えました。
一番端の枝垂れ桜が咲いていなかったので、画角には苦労しましたが、無理矢理、枝垂れ桜と列車を入れてみました。
S_dsc2262_1

 帰りに大間々駅に立ち寄ると、トロッコ列車は既に組成されていまいた。
S_dsc2269_1

 自然豊かなわたらせ渓谷鐵道。 この時期撮影アイテムは事欠かしませんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょこっと、わたらせ渓谷鐵道へ

 2013年11月3日、「SL・ELいせさき」の撮影後、わたらせ渓谷鐵道に立ち寄りました。

 残念ながら、午後からは厚い雲が出てきて太陽は拝めそうになかったのですが、そろそろ紅葉の時期になる頃だと思い、足を運びました。

 できる限り上流の方へと頑張ってみて、小中のお立ち台までギリギリで間に合いました。
S_dsc0913_1
足廻りの雑草が伸びてきていますが、この辺りは、少し色付きし始めていました。

 後ろ姿も。
S_dsc0925_1
 トロッコ列車は、ゆっくり走っているので、いつもは簡単に先回りできるのですが、この日は連休の真っ只中とあって渋滞ができており、結構時間がかかってしまいました。

 間もなく追い付かれそうになったので、慌てていつもより手前で撮影することにしました。
 しかしながら通過予定時刻になってもなかなか来ませんでした。 あまり慌てる必要もなく、レンズ交換もできればしたかったのに、ちょっと残念。
S_dsc0934_1
S_dsc0937_1
 この雰囲気なら広角で狙いたかったのです…。

 このあとの「トロッコわっしー号」までは少々時間があったので、再び小中へ。
S_dsc0980_1
 日の入りの時刻になって、あっという間に辺りは暗くなってしまいました。

 ここ数年の傾向ですが、紅葉というか、一気に枯れていくような色合いが少々気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の普段着姿の「わ89-101号」

 2013年3月29日、田端区EF510撮影会ゆうマニ回送の撮影後、わたらせ渓谷鐵道へ向かいました。

 「わ89-101号」が3月31日にさよなら運転をおこなう前、最後の営業運転がこの日でした。

 夕方の最後の時間でしたが、まずは大間々手前のお立ち台へ。
まだ、満開ではありませんでしたが、桜の開花がギリギリ間に合ってくれて感謝!!
S_dsc9634_1
 さらに引いて。
S_dsc9646_1_2

 逆向きの方が、桜花が綺麗に見えていました。
S_dsc9582_1

 最後に桐生から戻ってくるのは、暗くなってしまったので、流してみました。
S_dsc9662_1
 こうして、最後の通常営業運転が終了しました。

 そして、翌々日のさよなら運転を迎えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたらせ渓谷鐵道「さよなら101号」

 2013年3月31日、わたらせ渓谷鐵道「さよなら101号」を撮影しに行きました。

 生憎の天気のためか、道も空いており、早く現地入りできたので、大間々駅に最初に立ち寄りました。

 本日の主役である「わ89-101号」は、すでにさよならの特製ヘッドマークを取り付けてスタンバイしていました。
S_dsc9725_1

 そして、最初の撮影地に向かいました。
桜が咲いているので、かなり多くの人がスタンバイしていました。
S_dsc9748_1
お客さんをたくさん乗せて101号はやってきました。

次の撮影予定地へと向かいましたが、桜が思った以上に咲いていないようなので、引き返し上神梅手前で狙いました。
S_dsc9790_1

途中で、追い抜けたようなので、小中のお立ち台にも立ち寄りました。
S_dsc9798_1
ここの桜もまだまだでした。
 アップで。
S_dsc9805_1
 さらに後ろも。
S_dsc9812_1

 神戸駅に少々停車しているので、神戸駅先でも撮影。
S_dsc9830_1
 さらに正面ドカンで。
S_dsc9835_1

 足尾へ向かう途中でも、ギリギリ抜けたようなので、もう一回撮影できました。
S_dsc9840_1

 足尾駅では、撮影会が行われていました。
 「こうしん」マーク。
S_dsc9859_1

 「さよなら」マーク。
S_dsc9944_1

 撮影会中に、「トロッコわっしー号」もやってきました。
S_dsc9911_1

 ツーショットで。
S_dsc9915_1

 この日は、足尾駅に保存されている車両も公開されていました。
 個人的には、いつもはシートが掛けられているスイッチャー達が、元気に走り回っているのが、大変嬉しかったです。
S_dsc9994_1
S_dsc0013_1
S_dsc9973_1

 返しは、神戸駅構内からスタートしました。
S_dsc0030_1
 ちょっと花の咲きが弱かったようです…。

 続いて、大間々手前の桜の名所で。
S_dsc0048_1_2
 昨年の撮影時のようには咲いていませんでしたので、ちょっと残念…。

 最後の桐生からの折り返しは、朝イチで撮影した場所へ。
S_dsc0106_1
 引いて。
S_dsc0112_1
 かなり暗くなってしまいましたが、何とか撮影できました。

 一旦、「トロッコわっしー号」を撮影しに戻りました。
S_dsc0132_1
 この組み合わせも、この日が最後となりました。

 最後に大間々駅へと向かいました。
 101号は、駅端に停車していました。
S_dsc0198_1

 恐らく、この手前の線路の上に静態保存されるのでしょう。
S_dsc0222_1

 撮影していると、「わっしー号」が戻ってきました。
S_dsc0230_1
S_dsc0241_1

 駅裏に向かってみると、なんと、トロッコは編成替えされており、既に新しいコンビになっていました。
S_dsc0273_1
S_dsc0293_1

 こちらは、編成を解かれた、WKT-501。 
S_dsc0263_1
 何となく寂しそうでした。

 ところで、新しく「トロッコわっしー号」になるコンビ、連結面を見るとこんな感じです。
S_dsc0295_1
 色分けが違うのです…。 故意に、塗り分けを替えているのか、あるいは、間違え…。
ちょっと面白いですねぇ。 個人的には、同じ塗り分けの方が統一感があって良いと思うのですが…。

 101号の引退はちょっと残念ですが、新しくなる、わ鐵。
来週末には、上部の方も桜が満開になると思われますので、是非訪れてはいかがでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

103系 | 107系 | 113系 | 115系 | 117系 | 12系 | 14系 | 169系 | 183系 | 185系 | 200系 | 201系 | 205系 | 209系 | 211系 | 24系 | 253系 | 300系 | 371系 | 400系 | 415系 | 485系 | 489系 | 583系 | 651系 | 789系 | C11 | C12 | C56 | C57 | C58 | C61 | D51 | DD16 | DD51 | DE10 | E231系 | E233系 | E3系 | E5系 | E653系 | E655系 | E657系 | E6系 | E751系 | E7系 | ED75 | ED79 | EF200 | EF210 | EF510 | EF55 | EF58 | EF60 | EF64 | EF65 | EF66 | EF80 | EF81 | EH200 | EH500 | EH800 | East-i | FASTECH | JR九州 | JR北海道 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本 | JR貨物 | ne@トレイン | SL | あけぼの | いすみ鉄道 | お座敷列車 | しなの鉄道 | つくばエクスプレス | とき | はくつる | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | カシオペア | グルメ | シキ | トロッコ | トワイライトエクスプレス | ハイブリッド | モノレール | ラッセル | 一畑電気鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電鉄 | 上田電鉄・上田交通 | 久留里線 | 乗り鉄 | 事業用車 | 京成電鉄 | 京浜急行 | 京王電鉄 | 京葉線 | 京都 | 伊豆急 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 保存車 | 函館市交通局 | 北斗星 | 十和田観光電鉄 | 南海電鉄 | 南部縦貫鉄道 | 博物館 | 古い写真 | 台湾 | 台湾鉄道三昧の旅 | 名古屋鉄道 | 回送 | 大井川鐵道 | 大糸線 | 富士急行線 | 富山ライトレール | 富山地方鉄道 | 専用線 | 小湊鉄道 | 小田急線 | 岡山電気軌道 | 岳南鉄道 | 引退 | 弘南鉄道 | 御召列車 | 撮影会 | 新幹線 | 日光線 | 旧型国電 | 旧型客車 | 東急 | 東武鉄道 | 東海道本線 | 松本電気鉄道 | 気動車 | 水島臨海鉄道 | 津軽鉄道 | 流鉄 | 熊本市電 | 熊本電鉄 | 甲種回送 | 相模鉄道 | 真岡鐵道 | 砕石列車 | 磐越西線 | 神奈川臨海鉄道 | 私鉄 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 紅葉狩り | 能登 | 花見 | 西武鉄道 | 訓練運転 | 試運転 | 足尾 | 路面電車 | 近鉄 | 都電荒川線 | 鉄道 | 銚子電鉄 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阪堺電気軌道 | 陸送 | 電車 | 青ガエル | 青函私鉄めぐり | 静岡鉄道 | 韓国 | 頸城鉄道 | 風っこ | 飛行機 | 飯山線 | 高崎線 | 高松琴平電気鉄道 | 鶴見線 | 黒部峡谷鉄道 | キハ110 | キハ28 | キハ30 | キハ40 | キハ52