撮影会

くびき野レールパーク撮影会

  2020320日、くびき野レールパークでの撮影会に行って来ました。

 

 関東地方は、晴天だったのに、国境のトンネルを抜けると雨模様。

オマケに強風が吹いており、撮影なんかできないのでは…と思う程でした。

しかし、くびきに近づくに連れ、雨は小降りになり、時折、雲の隙間から陽射しが差し込むようになりました。

風が強く吹いているので、雲の動きも早くて雲が途切れ途切れになってくれて、雨が止んでくれました。

 

 久々のレールパーク訪問でしたが、車両達は綺麗な状態で車庫の中に佇んでおりました。

DC92がエンジン始動したので、庫外で待ちかまえていると程無くDC92は、ゆっくりと仲間を引き連れて出てきました。

S_dsc2616_1

 大変美しい綺麗な車体は、いかに大切に保存されているかが良く判ります。

  一通り編成写真を撮ったら、次はホジ3の単独撮影。この車両もなかなか愛くるしい姿をしていますね。

S_dsc2686_1

 そして、なんと言ってもビックリするのは、その御年!1914年生まれなのです!

その後の数奇な運命は、是非とも調べてみてください。

いかに様々な改造を受けて、奇跡的に現存するのかが判ります。

 

 DC92が再び動き出しました。

S_dsc2751_1  

 

 今度は、おまちかねの2号蒸気機関車のコッペルが引き出されました。

S_dsc2781_1  

 しかも、後ろに魅惑的な客車や貨車を引き連れてきました。

こちらもピカピカに輝いていました。

S_dsc2854_1

コッペルの煙突から煙が!

まるで、現役の機関車かと思わせるような素晴らしい演出ですね!

 

 すると、今度は、その横をホジ3が排気煙を出しまくって駆け抜けて行きました。

S_dsc2954_1  

 

 やがて、夕方になり、良い感じの光線状態になりました。

S_dsc3120_1

 あっという間に暗くなり、今度は夜の帳がおりました。

風が吹いていて煙が横に流れてしまったのは残念ですが、煙が良い感じでした。

S_dsc3288_1  

 

 最後は、ホジが横に並びました。

S_dsc3309_1

 

 たっぷりと時間があると思っていましたが、あっという間に終わってしまいました。

 

| | コメント (0)

秩父鉄道電気機関車撮影会 – 会場編 -

 2020104日、秩父鉄道電気機関車撮影会に行ってきました。

 

 本来なら、3月に開催されるはずだった本撮影会でしたが、生憎のコロナ騒ぎで、中止になってしまいました。

中止の連絡を受けた時に、この騒ぎが一段落したら是非リベンジ撮影会を開催してほしいと、お願いしておりましたが、多くの人から同じような意見が沢山あったのでしょう、それが現実となりました。

 更に、3月に申し込んだ人には、優先的に事前申込できると、恩恵も受けました。

 これによって、最終日の、関車の入れ換えも撮影できる、最終回を無事確保できました。

 

 集合場所の武川駅からはバスで会場である熊谷貨物ターミナルへ向かいました。

S_dsc0832_1

はやる気持ちを抑えて、先ずは、信号操作室の見学から。

これはこれで大変貴重な体験でした。

S_dsc0849_1

S_dsc0852_1

 よく見るとおいしい情報も書いてありました。

 

 そして、いよいよ撮影会場へ。

 午前中に送り込み回送された5両の機関車が斜めに並んでいました。

S_dsc0858_1

S_dsc0935_1

S_dsc0893_1

 デキ108には、松尾鉱業鉄道時代のナンバープレートも再現されていました。

S_dsc0877_1_20201107213601

 なかなか粋な計らいですね!

 

 デキ502には、「ELパレオ」のヘッドマークが取り付けられていました。

S_dsc0910_1

 

 デキ201には「ありがとう熊谷貨物ターミナル」のヘッドマークが。

S_dsc0923_1

 

 デキ302には、「ELパレオ」が。

S_dsc0951_1

 

 そして、デキ505には、「三ヶ尻線さよなら甲種輸送」のヘッドマークが取り付けられておりました。

S_dsc0938_1

 

 暫くすると、装飾品を取り外し、すっぴんの姿になりました。

S_dsc1011_1

 

 いよいよ入れ換えが始まります。

牽引機は、黄色のデキ201が担当します。

S_dsc1112_1

 先ずはデキ108を繋ぎました。

S_dsc1131_1

 一瞬、重連貨物になりました。

 

 

 今度は。デキ201を迎えに行きます。

S_dsc1148_1

 EF65が脇を通過していきました。

S_dsc1188_1

 この出会いもこれが最後になってしまうのでしょうか。

  

 3重単。

S_dsc1216_1

 

 そして、4重単

S_dsc1294_1

 

 更に5重単!

S_dsc1367_1

 朝の送り込み回送の再現ですね。

 

 このまま、返却回送になるのかと思いきや、再び戻ってきて、何とヲキの前に連結しました。

S_dsc1445_1

 5重連の貨物列車の出現です。

撮影場所が近くて狭いのが玉に傷でしたが、このような編成を仕立てくれ感謝に耐えません。

S_dsc1559_1  

 そして、編成が解かれて返却回送として、出発していきました。

 

 後に残ったヲキの編成。

S_dsc1512_1  

 黒い貨物編成は、しっくりします。

 

 あっという間に、タイムアップ。

バスに乗り込み武川駅へと戻り、撮影会は終了しました。

 

 再び、このような素晴らしい撮影会を開催してほしいですね。

今度は、是非オリジナル塗装の機関車だけでの撮影会も開催をご検討お願いいたします。 

 

 

 

| | コメント (0)

上田電鉄5200系が城下駅で特別展示!

 2020年7月24日、5200系の特別展示をおこなっている上田電鉄の城下駅へ行ってきました。

 

 小諸に所用があったので、少々足を延ばして向かいました。

 

 前年の撮影会の時と同様に、綺麗に磨かれた車体が美しかったです。

S_dsc7169_1

 

 正面からも。

S_dsc7196_1

 

 ちょうど、1000系もやって来たので、並びも撮影できました。

S_dsc7288_1

S_dsc7266_1

S_dsc7211_1

 5200系は、方向幕を週ごとに変更するようなので、その分楽しみも増えそうです。

 

| | コメント (0)

伊豆急行線「クモハ103車両展示会」

 2019年7月7日、朝方に伊豆急下田駅で「クモハ103車両展示会」がありましたので、先ずそれに参加することにしました。

 

 駅の構内を見てみると、ちょうど入換を始めるところだったので、先ずは入換の様子から撮影することにしました。

S_dsc9110_1

S_dsc9115_1

 

 そして、駅に向かい展示会入場券をもらい、1番線に留置中のクモハ103の車内見学へ。

  運転室のアップ

S_dsc9160_1

 客室内

S_dsc9154_1  

 レトロな中吊広告も

S_dsc9174_1

 

 車両展示会は、数分でローテーションされるので、一旦改札外に出て、今度は普通入場券で2番線側から撮影しました。

S_dsc9223_1_20190715232401

S_dsc9192_1

 ここまでで伊豆急下田駅構内での撮影を終了して、沿線へと出向きました。

 

| | コメント (0)

小田急3000形SE車が青空の下へ

 2019年525日、小田急電鉄の「小田急ファミリー鉄道展 2019」に行って来ました。

 

 この日は、珍しくいろいろとネタがあり、どれに向かおうかと迷う程でした。

しかも頑張れば掛け持ちも可能だったのですが、子供の頃から馴染み深い小田急3000形が、屋外で見ることができる最後のチャンスとなる、このイベントにじっくりと参加することに決めました。

 

 朝から天気が良く、かなり気温も高くなり、絶好のお天気というよりか厳しい環境となってしまいました。

 会場に到着すると、入場待ちの行列は、思った程長くはありませんでした。

ただし、炎天下だったので、かなりの暑さに始まる前からかなり体力を消耗してしまった感じでした。

 

 ようやく時間になり入場すると、お待ちかねの車両は、GSEこと70000形と新宿方の頭を並べていました。

3000形の新宿方は、SE顔に復元されているので、初代ロマンスカーと最新のロマンスカーとの貴重で豪華な並びを披露してくれていました。

 まずはこの並びから。

S_dsc3640_1_1

S_dsc3677_1

 暑い太陽の光を浴びて、キラキラとまぶしい程でした。

 

 そして、SEも単独で。

S_dsc3925_1

曲線美でまとめられた独特な顔は、美しくもあり、可愛さもあり、最高傑作だと思っております。

 

 反対側のSSE側も。

S_dsc4258_1

 こちらの方は、長い間見慣れた姿なのでしっくりきます。

 なんとも愛嬌のある顔付きが好きでした。

 

サイドも。

 

 S_dsc4463_1

 サボは、実際に使用されていたモノのようで、年季が入っていました。

 

 逆光になると人が少なくなってきたので、左右に人が入らないで撮ることもできました。

S_dsc4550_1

S_dsc4377_1

 

 今度、3000形と出会うのは、「ロマンスカーミュージアム」に収まった姿になると思います。

青空の下での美しい姿は、これで見納めなので、暑さにもめげずに、傍らでじっくりと堪能しました。

 

| | コメント (0)

小田急モハ1 -過去の撮影より-

 先日、本線回送された小田急モハ1ですが、昔、撮影した写真をちょっと漁ってみました。

 1987年に小田急多摩センターでの公開。
S871009_odr_moha1_1
 パン上げが嬉しい。

 2006年、海老名でのファミリー鉄道展。
S061015_odr_moha1_1

 先日見た姿は、これらの写真とほとんど変わらないですね。
いかに大事に保存されていたかが判ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那珂川清流鉄道での撮影会

 2019年2月23日、那珂川清流鉄道へ行って来ました。

 那珂川清流鉄道で撮影会があるとのお誘いを受け、日暮れまで撮影できるとのことなので、なかなかこのような機会が無いと思い参加しました。

 現地に到着すると、6年程前に訪れた時に比べてかなり保存車両が増えていました。

 ご近所の烏山線で走っていたキハ40はもちろんのこと、魅力的な車両がいろいろと置いてありました。
S_dsc4517_1

S_dsc4521_1

S_dsc4544_1

 そして、いよいよ撮影会開始です。

S_dsc4581_1
 これらの車両は、自走できるので素晴らしいの一言です。

 まだ明るいので青空バックで。
S_dsc4590_1

 そして、いよいよ夕暮れが近づき。
S_dsc4749_1
S_dsc4747_1
S_dsc4739_1

 最後はすっかり暗くなって。
S_dsc4760_11
S_dsc4765_1
S_dsc4783_1

 バルブ撮影をしていると、あっという間に時間が経ってしまうのは残念ですが、十分森林鉄道の雰囲気を味わうことができました。

 また機会がありましたら是非とも参加したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百里基地航空祭 -大空にオジロワシが舞う-

 2018年12月2日、百里基地航空祭に行って来ました。

 いよいよ、F-4ファントムが退任するのも間もなくとなってしまいました。

 特に、第302飛行隊は、次年度から三沢基地に移行してF-35Aで編成されるようです。
このため、現在のF-4の第302飛行隊は間もなく終了、オジロワシの勇姿も見納めになってしまいます。
今回はこれを記念とした記念塗装機が今回の主役となっていました。

 地上展示はもちろんのこと、スクランブル発進のデモ飛行も披露してくれました。
白と黒の対称的な機体をひけらせながら、仲良く飛び立って行きました。
S_dsc0732_1

 そして、派手な背中側も見せつけるように大きく旋回もしてくれました。
S_dsc0931_1
S_dsc1002_1

 何度も我々の上空を飛び回り、惜しまれつつ着陸しました。
S_dsc1091_1
S_dsc1110_1

 そして、地上展示の様子。
S_dsc0299_1
S_dsc0400_1

 最後は、後ろ姿も拝めるようにと、全周を解放していました。
S_dsc1456_1

 可愛らしい豆オジロワシも!
S_dsc1507_11

 晴れの天気予報だったのですが、残念ながら曇りになってしまいましたが、オジロワシの勇姿に出会えて大変満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青色直流電機機関車大集合!「高崎鉄道ふれあいデー」 - 並び編 -

 2018年10月13日、「高崎鉄道ふれあいデー」へ行って来ました。

 2年前の公開での並びとは違って、今回はハッキリとその意図が判る並びでした!

 高崎の撮影会場では、架線柱がどこかしらに入らざるを得ない場所なのですが、その架線柱の位置を逆に利用して、右側を東京口のブルートレインを、左側を上野口のブルートレインと区別をして、オマケに形式番号もちゃんと左側から順番になっているという、コレしかないといった完璧な並びで、誰もが納得する最高な並びでした!

 まずは東京口側から。
EF65501の「あさかぜ」、EF651102の「さくら」、EF6627の「富士はやぶさ」という、9年前に由緒正しい旧東京機関区で最期に行われた撮影会をまるで再現したかのような並びでした!東海道を彩った栄光のブルートレインを再現してくれました。
S_dsc5567_1

 もう片方の上野口のブルートレインは、EF641001の「北陸」、EF641053の「あけぼの」でした。
S_dsc6176_1

 EF641001が茶釜からようやく特急色に戻ってくれてから初めて撮影することができました。
オマケに正面窓枠のHゴムが白色に再現されたことも我々オールドファンにとっては大変重要なアイテムですね!
 ここ最近では、EF64同士の、ましては特急色同士のヘッドマーク付での並びは記憶にありません…。

 このように、栄光のブルートレインの先頭に立つ機関車の並びを見事に実現してくださいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青色直流電機機関車大集合!「高崎鉄道ふれあいデー」 - 速報編 -

 2018年10月13日、「高崎鉄道ふれあいデー」へ行って来ました。

 今年の車両展示には、早くからEF6627の登場が予告されていて、いつも以上に期待が高まっていました。

 2年前の公開の時にもEF6627が登場しましたが、ちょっと並びが残念だったのですが、その分、今回は期待が持てました。

 入場待ちの列に並んでようやく現地に到着すると、やはり期待通り! バッチリの並びでした。

 左からEF641001、EF641053、EF65501、EF651102、EF6627となっており、青色電気機関車が綺麗に並んでおりました。

S_dsc5621_1

S_dsc6078_1

S_dsc5933_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

103系 107系 113系 115系 117系 12系 14系 169系 183系 185系 200系 201系 205系 209系 211系 24系 253系 300系 371系 400系 415系 485系 489系 583系 651系 789系 C11 C12 C56 C57 C58 C61 D51 DD16 DD51 DE10 E231系 E233系 E2系 E3系 E531系 E5系 E653系 E655系 E657系 E6系 E751系 E7系 ED75 ED79 EF200 EF210 EF510 EF55 EF58 EF60 EF64 EF65 EF66 EF80 EF81 EH200 EH500 EH800 East-i FASTECH HD300 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 ne@トレイン SL あけぼの いすみ鉄道 えいでん お座敷列車 しなの鉄道 つくばエクスプレス とき はくつる ひたちなか海浜鉄道 わたらせ渓谷鐵道 カシオペア グルメ シキ トロッコ トワイライトエクスプレス ハイブリッド バス モノレール ラッセル 一畑電気鉄道 上信電鉄 上毛電鉄 上田電鉄・上田交通 久留里線 乗り鉄 事業用車 京成電鉄 京浜急行 京王電鉄 京葉線 京都 京阪電車 伊豆急 伊豆箱根鉄道 会津鉄道 保存車 函館市交通局 北斗星 十和田観光電鉄 南海電鉄 南部縦貫鉄道 博物館 古い写真 台湾 台湾鉄道三昧の旅 名古屋鉄道 四季島 回送 地下鉄 大井川鐵道 大糸線 富士急行線 富山ライトレール 富山地方鉄道 専用線 小湊鉄道 小田急線 岡山電気軌道 岳南鉄道 引退 弘南鉄道 御召列車 撮影会 新幹線 日光線 旧型国電 旧型客車 東急 東武鉄道 東海道本線 松本電気鉄道 気動車 水島臨海鉄道 津軽鉄道 流鉄 熊本市電 熊本電鉄 甲種回送 相模鉄道 真岡鐵道 砕石列車 磐越西線 神奈川臨海鉄道 私鉄 秩父鉄道 第11回台湾鉄道三昧の旅 箱根登山鉄道 紅葉狩り 能登 花見 西武鉄道 訓練運転 試運転 越後トキめき鉄道 足尾 路面電車 近江鉄道 近鉄 都電荒川線 鉄道 銚子電鉄 長野電鉄 関東鉄道 阪堺電気軌道 陸送 電車 青ガエル 青函私鉄めぐり 静岡鉄道 韓国 頸城鉄道 風っこ 飛行機 飯山線 養老鉄道 高崎線 高松琴平電気鉄道 鶴見線 黒部峡谷鉄道 キハ110 キハ28 キハ30 キハ40 キハ52