引退

伊豆急「クモハ103引退記念特別運行」

 201977日、とうとうクモハ103の最終日となってしまいました。

 

 伊豆急下田駅での「車両展示会」の後、沿線に出向きました。

 

 霧雨が降っているものの、時折薄日が差し込むようになり、天気の回復が見込めそうになって来ました。

 先ずは、最初のヤマで片瀬白田-伊豆稲取往復があるので、効率良く撮るため、この区間に向かいました。

皆さん考えることが同じで、この区間に集まっていました。 その仲間に入れてもらい待機。

 

 霧雨はまだ降り続けているものの、かなり明るくなってきました。

そのような中、クモハ103がやって来ました。

S_dsc9263_1

 1両ですが、前パンがしっかりと上がっているので、キリッとした顔付きになっていますね!

 

 白田で直ぐに折り返してくるので、向きを変えて。

S_dsc9299_1

 こちらはヘッドマークが変わっていました。

 

 稲取からの折り返しも早いので、同じ場所で。

今度はちょっと遠目でシャッターを切ることにしました。

S_dsc9357_1

 返しは、その前とほとんど同じになってしまいました…。

S_dsc9412_1

 

 天気がかなり回復してきて、海も青く見えるようになったので、海バックで撮影することにしました。

S_dsc9449_1

海もすっかり青くなり、伊豆らしい風景が広がってくれました。

 

サイドも。

S_dsc9454_1

白田からの折り返しも。

S_dsc9473_1

水平線も入れるはずだったのですが、手持ちでちょっと外してしまいました…。

S_dsc9490_1

この次のヤマまではちょっと時間が空いてしまうので、撮影はここまでとして帰途に着きました。

 

 

 

 

| | コメント (0)

伊豆急行線クモハ103引退記念 特別運転

 2019767日の両日、伊豆急へ行って来ました。

とうとう、伊豆急行線クモハ103が引退となってしまいました。

 

 当初、天気予報はずっと天気が悪いようだったので、撮影行は諦めておりましたが前日になって予報が少々好転したので、「行かなかったことで後悔するより、行って後悔した方が良い」とのお教え通り行くことにしました。

 現地へ向かって行くと雲が立ち込めているものの雨は降っていなかったので、なんとかなるかなと思っていましたが、南下していくと徐々に悪化して、とうとう雨が振りだしてしまいました…。

 海もドンヨリとして暗い雰囲気だったので、山側で接近戦に持ち込むことにしました。

 

 露出がないので、先ずは流し撮りから。

 練習電で確認してみると、大したシャッター速度でもないのに、何故か止まりが悪いため、シャッター速度を速めて、逃げの体制で挑みました。

S_dsc8816_1

S_dsc8847_1

 風が強く吹いてきたので、山影に隠れるためにトンネル飛び出し狙いで。

S_dsc8884_1

S_dsc8954_1

 

 最後のヤマは、再び流してみることにしましたが、どうも不調でアタリが悪すぎました…。

S_dsc9005_1

S_dsc9053_1

 

 伊豆急下田駅に戻ってみると留置線にクモハ103が留まっていました。

S_dsc9090_1

 ヘッドマークが取り外されるところにも遭遇できました。

S_dsc9098_1

 

 雨風が強く気温もだいぶ下がってきたので、早めに切り上げてキンキの煮付定食にありつきました。

Sdsc_0039_1

 

| | コメント (0)

銚子電気鉄道2001号車「さようならグリーン車両」

 2018年12月8日、久々に銚子電気鉄道に行って来ました。

 この日は、2001号車のグリーン塗装終了に伴い、「さようならグリーン車両」のヘッドマークが取り付けられました。

 グリーンの塗装は、京王電鉄時代を彷彿させてくれる、いで立ちだったので、この塗装が終わってしまうのは、ちょっと寂しい気がします。

 いつものように「しおさい1号」で銚子に到着すると、まず最初に訪れたのは笠上黒生でした。
日中は、1運用なので、ここでの交換は、日中はあまり見られなくなってしまいました。
 この日は、2001編成が終日運用に入るようで、もう片方の運用には、運良く2002編成がが入っていたので、2枚窓顔が並ぶことになりました。
S_dsc2143_1
 踏切が開いている間に並びを撮影、そして走行も。
S_dsc2150_1

 このあと、犬吠や君ヶ浜へと向かい、面アップを中心に撮影しました。
S_dsc2191_1
S_dsc2260_1
S_dsc2352_1

 外川側の2501車には、「大正ロマン電車」のヘッドマークが取り付けられていました。
S_dsc2221_1

 どこも撮影者が少なく、イベント列車が運用されている感じがしませんでした。
おかげで、ノンビリと撮影できたのは嬉しい限りでした。

 また、この日は、「CIS極上サバつくし(38294)列車」という臨時列車の運転もありました。
こちらは、3001編成で、外川側に特製ヘッドマークが取り付けられていました。
S_dsc2208_1
S_dsc2278_1

 冷たい風が吹いて、おまけに、時折雨が降るといった、生憎の天気になってしまいましたが、「さようならグリーン車両」ヘッドマークを撮影できたので、満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上信電鉄151形引退

 2018年5月19日、「SL本物の出会い栃木号」の撮影後、上信電鉄へ向かいました。

 お目当ては、翌週に引退となる151形でした。

 この車両は、元々は西武なのですが、国鉄101系の面影があり、なんとなく愛嬌のある顔付きが好きでした。
残念ながら、近場からまた好みの車両が消えることになってしまいました…。

 「ありがとう151形」というヘッドマークが付いているとのことなので、まずは正面ドカンで撮影しました。
S_dsc8247_1

 続いて、少々サイドを出して。
S_dsc8268_1

 更にサイドに寄って形式写真で。
S_dsc8291_1

 最後に順光で撮影できましたので、良い思い出となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東武鉄道「ありがとう1800系ラストラン記念ツアー」

 2018年5月20日、東武鉄道「ありがとう1800系ラストラン記念ツアー」の列車を撮影しました。

 東武鉄道1800系最後の1編成1819Fは、引退間近と囁かれつつ、ここ数年、臨時列車として生き延びてきましたが、とうとう引退の時が来てしまいました。

 天気がよいので光線状態の良い場所をなるべく選ぶようにしました。

 まずは、一旦春日部に向かう回送から。
S_dsc8356_1
 ヘッドマークは、「団体専用ありがとう1800系」でした。

 本運転の最初の方は逆光しかないので…。
S_dsc8369_1

 高速ワープを利用してもう一回。
S_dsc8386_1

 赤城からの折り返しは、標準でかぶり付きで。
S_dsc8402_1

 伊勢崎に行く場面も何とか面に陽が当たる場所で。
S_dsc8418_1

 そして、最後は複線区間で。
S_dsc8439_1

 またひとつ、東武を代表していた車両が消えてしまいましたね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう107系の旅

 2017年10月7日、両毛線に行って来ました。

 8月から「ありがとう107系」シールを掲げていて、引退ムードが高まる中、とうとう最終運用の日を迎えてしまいました。

 107系は、外観こそ個人的にはイマイチと思っていましたが、一時期、毎日のように利用したことがあるため、親近感のある車両でした。
 そのような車両の引退なので、労をねぎらいに撮影しようと思いました。

 あまり、追っかけ回すまでのことは無いと思い、両毛線らしい場所でゆっくりと撮影することにしました。
S_dsc3255_1

 ヘッドマークが思った以上に小さいので復路は、正面メインで撮影しました。
S_dsc3296_1
 行先表示が、「両毛線」!

 この日をもってJRからは引退になりますが、上信電鉄で再び活躍することが正式に決まっているので、装いも新たに登場することを期待しております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

引退発表のあった「NO.DO.KA」を撮影

 2017年7月30日、「NO.DO.KA」を撮影しました。

 先日、2018年1月に引退することが発表されたばかりの「NO.DO.KA」なので、注目度は高いと思っていましたが、沿線にはあまり人出がありませんでした。
 ちょっと拍子抜けですが、ノンビリ撮影できるのは良いことです。

 天気が悪いけど、逆光側で撮影可能、待ち時間も涼しく、良い方向で考えられました。

 「NO.DO.KA」は3両と短いので、いつもは邪魔に感じる高圧鉄塔を避けることができました。
S_dsc9335_1

 この車両の特徴である先頭を。
S_dsc9342_1

 更にアップで。
S_dsc9346_1


 後ろも。
S_dsc9350_1

 アップで見ると、かなりくたびれていました。

 引退までの、残り少ない現役生活を無事過ごしてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スカイツリートレイン」最終運転日

 2017年4月16日、「ありがとう300型引退記念運転きりふり275号」の運転の他に、もうひとつ肝心なイベントがありました。
 それは、「スカイツリートレイン」の運転終了でした。

 実は、「スカイツリートレイン」をメインに撮影に向かったのは、登場当初の一回だけでした。
あとは、他の車両撮影の時に、たまたまやって来る姿を撮影するくらいでした。
 決して魅力が無かった訳ではないのですが、追いかける対象には何故かなりませんでした。

 この日も、今日限りだということすら忘れており、現地で時刻等を調べているときに、ようやく気付いたほどでした。

 ちょうど菜の花が綺麗だったので、一緒に撮影しました。
S_dsc4557_1
 残念ながら、LED表示が崩れてしまいました…。

 今後は波動用として働くようなので、また新たな装いで登場してくれるのでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう300型引退記念運転きりふり275号

 2017年4月16日、東武鉄道へ行ってきました。

 この日は、「300型引退記念運転きりふり275号」の運転がありました。

 太陽がクッキリと出ていたので、北へ向かう沿線は、どこも逆光になってしまいます。
どう撮ろうかと思案していたところ、正面窓に小さな記念板を取り付けているとの情報がありましたので、面撮りすることにしました。

 そして、列車がやって来ました。
S_dsc4489_1
 肝心の記念板は、大変小さくて、「東武日光」の下に書かれている「ありがとう300型 2017.4.16」の文字がほとんど見えませんでした。

 返しは記念運転ではなく、通常の「きりふり」で運転されました。
S_dsc4585_1

 オマケで、間もなく「浅草」行きがなくなる6050系を。
S_dsc4597_1

 間もなく、大きな車両変化が起きる東武鉄道ですが、その前哨戦となりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京メトロ銀座線01系、定期運用終了!

 2017年3月10日、珍しく地下鉄銀座線を撮影しました。

 どうも、この日で01系の定期運用が最終となるようで、しかもちょうど通勤時間帯に走っているようなので、ちょっと迂回して撮影してみました。

S_dsc2317_1

 個人的には、あまり思い入れの無い車両でしたが、これでお別れとなると、ちょっと寂しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

103系 107系 113系 115系 117系 12系 14系 169系 183系 185系 200系 201系 205系 209系 211系 24系 253系 300系 371系 400系 415系 485系 489系 583系 651系 789系 C11 C12 C56 C57 C58 C61 D51 DD16 DD51 DE10 E231系 E233系 E2系 E3系 E531系 E5系 E653系 E655系 E657系 E6系 E751系 E7系 ED75 ED79 EF200 EF210 EF510 EF55 EF58 EF60 EF64 EF65 EF66 EF80 EF81 EH200 EH500 EH800 East-i FASTECH HD300 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 ne@トレイン SL あけぼの いすみ鉄道 えいでん お座敷列車 しなの鉄道 つくばエクスプレス とき はくつる ひたちなか海浜鉄道 わたらせ渓谷鐵道 カシオペア グルメ シキ トロッコ トワイライトエクスプレス ハイブリッド バス モノレール ラッセル 一畑電気鉄道 上信電鉄 上毛電鉄 上田電鉄・上田交通 久留里線 乗り鉄 事業用車 京成電鉄 京浜急行 京王電鉄 京葉線 京都 京阪電車 伊豆急 伊豆箱根鉄道 会津鉄道 保存車 函館市交通局 北斗星 十和田観光電鉄 南海電鉄 南部縦貫鉄道 博物館 古い写真 台湾 台湾鉄道三昧の旅 名古屋鉄道 四季島 回送 地下鉄 大井川鐵道 大糸線 富士急行線 富山ライトレール 富山地方鉄道 専用線 小湊鉄道 小田急線 岡山電気軌道 岳南鉄道 引退 弘南鉄道 御召列車 撮影会 新幹線 日光線 旧型国電 旧型客車 東急 東武鉄道 東海道本線 松本電気鉄道 気動車 水島臨海鉄道 津軽鉄道 流鉄 熊本市電 熊本電鉄 甲種回送 相模鉄道 真岡鐵道 砕石列車 磐越西線 神奈川臨海鉄道 私鉄 秩父鉄道 第11回台湾鉄道三昧の旅 箱根登山鉄道 紅葉狩り 能登 花見 西武鉄道 訓練運転 試運転 足尾 路面電車 近江鉄道 近鉄 都電荒川線 鉄道 銚子電鉄 長野電鉄 関東鉄道 阪堺電気軌道 陸送 電車 青ガエル 青函私鉄めぐり 静岡鉄道 韓国 頸城鉄道 風っこ 飛行機 飯山線 養老鉄道 高崎線 高松琴平電気鉄道 鶴見線 黒部峡谷鉄道 キハ110 キハ28 キハ30 キハ40 キハ52