秩父鉄道

秩父鉄道「ELロウバイ号」

 2017年2月11日、秩父鉄道に行って来ました。

 この日は、「ELロウバイ号」の運行がありました。

 午後に所用があったので、撮っても一発のみなので、行くかどうしようか迷ったのですが、黄色のデキ502が牽引とのことなので、結局行くことにしました。

 移動途中で、熊谷までの送り込み回送も撮ろうと思い付き、予定変更しましたが、時間ギリギリなので場所選択する余裕がなく撃沈…。
S_dsc7880_1
S_dsc7890_1

 直ぐに、本番用の場所へ向かいました。

 ここであれば、もう少し正面へ陽が回ってくれるかと思っていましたが、そこまでは回らずちょっと残念…。
S_dsc7908_1

 後ろ姿も。
S_dsc7915_1


 本来ならもっと奥までもう少し追いかけてみたい気はしましたが、ここまでで我慢。

 黄色いデキ502が客車を牽いているところを見れただけでも十分ラッキーでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR四国12系&14系客車がいよいよ東武鉄道へ! - 羽生駅編 -

 2016年10月4日、羽生駅へ行ってきました。

 この日は、先日、JR四国から東武鉄道へ譲渡輸送される12系と14系客車がいよいよ東武鉄道へ入線する日でした。

 午前中の間に、3両が秩父鉄道を経由して、羽生駅まで来ていました。
 本来なら、この秩父鉄道経由の搬送も撮影したいところですが、そう何日も連続して休みを取ることはできません…。
 このため、搬送2日目に休暇を入れて、1日目の深夜の搬送から撮影することにしました。

 まずは、羽生駅へと向かいました。

 駅の外れの引き込み線にお目当ての列車は停車していました。
既に深夜なのですが、多くの人が集まっていました。
 その中に混じって撮影開始!
S_dsc5142_1
 電車に挟まれた客車という、変わった編成が実現されていました。

 反対側も。
S_dsc5132_1

 真っ正面からも。
S_dsc5154_1
 あの「甲種輸送」のヘッドマークもちゃんと継承されていました。

 程無く出発するのでしょう、ヘッドライトが点灯しました。
S_dsc5158_1
 そして、踏切が鳴り出し、慌てて踏切の外へ。

 一旦、羽生駅に戻って停車しているところを。
S_dsc5174_1
 かなり遠くでしたが、ここが一番光源があって、マトモに写ってくれました。

 そして、いよいよ本線に出て行きます。
先程まで撮影していた同じ踏切で見送りました。
S_dsc5187_1
S_dsc5204_1
S_dsc5217_1

 この後、南栗橋へと向かうのを追いかけてみました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道 「急行さくら」

 2016年3月26日、秩父鉄道に行って来ました。

 この日から急行に「さくら」のヘッドマークが取り付けられるので、それを狙ってみました。

 まずは、1本目。
 白い6002がやって来ました。
S_dsc1683_1

 引いて。
S_dsc1688_1

 羽生からの折り返しも。
S_dsc1723_1

 2本目に本命の6003がやって来ました。
S_dsc1778_1
 こちらのマークは、カタカナ表記の「急行サクラ」でした。

 こちらも折り返しを6002と同じ場所で。
S_dsc1792_1

 わずか2週間だけの「急行さくら」ヘッドマーク取付なので、ピンポイントで捕獲できて助かりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「秩父地域開通100周年記念イベント」 - 詳細編 -

 2014年10月26日、快速「ELみなかみ号」の撮影後、秩父鉄道へと向かいました。

 この日は、「秩父地域開通100周年記念イベント」が開催されており、撮影会等、いろいろと楽しませてくれました。

 まずは、 6000形の「300形リバイバルカラー」の走行を撮影することにしました。
この列車は、パレオエクスプレスよりも1時間以上も遅く熊谷駅を出発するのに、秩父駅到着は10分程しか差がありません。このため、お手軽に両方とも撮影できるように、秩父寄りで狙おうと思い移動しました。
 「ELみなかみ号」の撮影後でも時間に余裕があったので、途中で食事を摂ったりしながらゆっくりと向かって行きました。
ところが想定していた場所が草ボウボウで断念せざるを得なくて、再び戻ることにしました。
先程までは時間に余裕があったのに、あっという間に時間を浪費してしまい、苦し紛れの撮影になってしまいました。
こんなことなら野上の定番に最初から行ってノンビリしていれば…と、後悔先たたず…。

 先にやってきたパレオエクスプレス。
S_dsc9067_1
 100周年特製ヘッドマークだけではなく、日章旗も取り付けられていました。

6000型リバイバルカラー。
S_dsc9089_1
 この塗装、思った以上にお似合いでした。

走行撮影後、秩父駅のイベント会場へ向かいました。
見学者は少なく、閑散としていました。
どうやら、SLが戻って来るまでは、撮影会場は広く使わないようで、正面の撮影もできませんでした…。
オマケに6000型は、パン下げ通電無し、ジオトレインは、尾灯で「回送」表示と散々な状態でした。
S_dsc9094_1

  残念がりながらも撮影していると、ちょうど社員の方がやって来て、「方向表示、替えましょうか?」と、天の声をかけてくれました!   「是非お願いします!」と、喜んでお願いしました。
 ところが、なかなか切り替えられなく…。 どうも、ドア開放のままだと、切り替えが簡単にできないみたいとのことでした。
車内を開放していたので、ドアを閉めるわけにはいかないので、諦めかけましたが、いろいろと細工していただき、東行田の行先を表示してくださいました。
 思いがけず手間をお掛けしてしまい恐縮してしまいました…。
S_dsc9180_1

C58がそろそろ方向転換から帰って来るはずなので、そちらを撮影しに会場を後にしました。
そういえば、以前は秩父に三角線があって、それを利用して方転していたことがあったのですが、今では、その三角線も無くなっていました。

 久々にSL撮影ポイントへ向かってみると、近くに家が多く建っていて、導入路を間違えてしまいました。
撮影ポイントに到着すると程なくC58が白煙をモクモクと上げながらやって来ました。
S_dsc9223_1

C58も撮影会場に展示されるので、再び、秩父駅へと戻りました。 先程とは違い、今度は多くの人が集まっていました。

 C58 363の撮影。
S_dsc9344_1

 正面からも。
S_dsc9358_1
 この日の夜間運転に備えて、補助灯も設置されていました。

 最初からいた2編成と絡めて。
S_dsc9367_1

 人は多いものの、ノンビリした雰囲気で撮影を楽しんでいました。
 すると、電車の方に動きが!
ジオトレインのヘッドライトが点灯して、6000型も通電してライトを点灯してくれました。
S_dsc9437_1

 こちらのアップを。
S_dsc9482_1
S_dsc9395_1

 できたら、最初からヘッドライト点灯していてほしかった~。

 SLの夜間運転も撮影したかったのですが、そこまで居ると帰りが遅くなるので断念しました…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道のリバイバル塗装になった6003F

 2014年11月2日、秩父鉄道に行きました。

 前週に、「秩父地域開通100周年」を記念してリバイバル塗装になった6003Fですが、これをゆっくりと撮影しようと向かいました。

 急行運用は2運用あり、6000形は3編成あるので、もしかしたら運用に入らない可能性がありますが、
リバイバルカラーになってから最初の週末になるので、どちらかに入ってくれると信じていました。

 ただし、どちらに入るか判らないので、朝一番の運用から撮影することにしました。
朝から天気が良かったので、順光ポイントへ。

 この日は、朝一番の運用に6003Fが入ってくれました。
S_dsc9508_1
 「急行秩父路」のヘッドマークも誇らしげにやって来ました。

 羽生から戻って来るところも撮影。
S_dsc9523_1
 こちら側は陽が当たらないと思っていましたが、少し回ってくれました。

 もう一つの急行運用も撮影しました。
S_dsc9535_1
 こちらには、「秩父地域開通100周年」のヘッドマークが付いていました。

 折り返しは順光になってくれました!
S_dsc9546_1

 続いて、土日ダイヤが公表されている「秩父ジオパークトレイン」を待ちました。
この列車は、車両全体にラッピングされているので、サイド気味に撮影。
S_dsc9529_1

 折り返しも。
S_dsc9553_1

 5000形にも「秩父地域開通100周年」のヘッドマークが取り付けられていました。
S_dsc9563_1

 徐々に雲が広がってきたし、ここまで十分撮影できたので、これで撮影終了しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「秩父地域開通100周年記念イベント」 - 速報編 -

 2014年10月26日、快速「ELみなかみ号」の撮影後、秩父鉄道へと向かいました。

 この日は、「秩父地域開通100周年記念イベント」が開催されており、撮影会等、いろいろと楽しませてくれました。
S_dsc9367_1

 個人的には6000形の「300形リバイバルカラー」が気になりました。

S_dsc9482_1

 詳細は後程~。

<追記>
  詳細編はこちら~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秩父鉄道「わくわく鉄道フェスタ2014」 - EL&電車編 -

 2014年5月17日、秩父鉄道「わくわく鉄道フェスタ2014」に行ってきました。

 前回はSL編だったので、今回はそれ以外の車両たちです。

 まずは、熊谷から乗った直通臨時列車から。
S_dsc7280_1
 なぜかヘッドマークは「午歳総開帳」でした。でも行先は「広瀬川原」でした。
 サイドの表示も「急行広瀬川原」でした。
S_dsc7290_1

 構内には、「わくわく鉄道フェスタ」のヘッドマークを付けた列車もいました。
S_dsc7277_1
 こちらは、次の臨時列車用でした。

 会場に着くと、電気機関車も既に並んでいましたが、全てパン下げでした。
S_dsc7306_1
 これでは、テンションが下がってしまいます。

 庫の中を覗くと救援車スム4047がいました。
S_dsc7316_1
 かなり綺麗な状態なので、全検を通したばかりのようです。

 5204は、例の事故車ですね…。
S_dsc7322_1

 デキ201は、運転台公開に使用されていました。
S_dsc7323_1

 デキ104は、ヲキを連結していました。
S_dsc7325_1

 電気機関車の展示場に戻ると、ようやくパンタを上げていました。
S_dsc7333_1
 こちらは、デキ103,107,505でした。

 写真撮影会の時間になると、次から次へとヘッドマークが取り付けられました。
その中から一部を。
S_dsc7809_1
S_dsc7830_1
S_dsc7841_1_2

 電車とSLの撮影会場へ向かうと、C58にもヘッドマークが取り付けられていました。
S_dsc7791_1

 こちらは、「わくわく鉄道フェスタ」の正調ヘッドマークを付けているのに蚊帳の外でした…。
S_dsc7850_1

 12系客車も久々に撮影しました。
S_dsc7853_1

 ターンテーブルでは、スイッチャーが回っていました。
S_dsc7861_1

 ミニミニトロッコも。
S_dsc7869_1

 今年は、C58が貨車を牽引するといったメインイベントがありましたが、果たして来年は、どのようなメインイベントを打ち出してくれるのでしょうか?

 我々の足が向くような、大きなお子様対象のイベントがあるのか? あるいは、小さなお子様対象のみのイベントになるのか?
 今から楽しみですね。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

秩父鉄道「わくわく鉄道フェスタ2014」 - SL編 -

 2014年5月17日、秩父鉄道「わくわく鉄道フェスタ2014」に行ってきました。

 広瀬川原会場への直通臨時列車を降りると、目の前にC58363が既に貨物を連結して待ち構えていました。

 降りた直後は混雑するので、一旦会場側に行って、降車が終了した後に撮影できました。
S_dsc7294_1
 トキとヲキが連結されていて、なかなか良い感じです。

 2年前のフェスタでC58の後ろにトキが連結されていて、この編成で走ってくれたらと思っていましたが、今回、構内ながらその運転を実現していただけます。
(2年前のフェスタのブログが速報編で終わってしまってましたねぇ…。反省…。)

 2本目の臨時列車が到着する時間が近くなったので、その前にもう一回SL撮影しようと向かうと正面に赤いパイロンが…。
S_dsc7314_1
 どうも、列車から降りてきた人が立ち止まって撮影しないよう、対策みたいでした。

 SL運転のために、順光になる場所へ移動しました。
まずは停止している所から。 まだパイロンが乗っかったまま…。
S_dsc7368_1

 開始時刻が近づくと、なにやら人の動きが激しくなりました。
SLの順光側に人を入れ始めました。 これでは、こちら側からスッキリと撮れなくなってしまいます。
今更向こうへ移動もできないし、何度か運転は繰り返されるのだから、まずは流れをみることにしました。

 SLはゆっくりと動き出して、先程のギャラリーの位置より先まで移動して停止しました。
S_dsc7395_1

 この時に踏切は鳴らない位置だったので、踏切からも撮影可能でした。
S_dsc7405_1

 係員をフレームから外して。
S_dsc7419_1

 今度は、会場の方へ入ります。
運転前の編成写真を撮影。
S_dsc7436_1
S_dsc7710_1

 そして、ゆっくりと動き出します。
S_dsc7469_1

 動き出す時に流し撮りもしてみましたが、速度が遅すぎるので、ほとんどわからないですねぇ…。
S_dsc7527_1
S_dsc7676_1

 場所を換えて撮影~。
S_dsc7552_1

 こういった、イベントならではの企画は嬉しいですね!
来年以降、車両に変化はほとんど無いと思われるので、新たなサプライズ企画を楽しみにしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道「2014わくわく鉄道フェスタ」  - 速報編 -

 2014年5月17日、秩父鉄道「2014わくわく鉄道フェスタ」に行ってきました。

C58が貨物を牽引してデモ走行しました。
S_dsc7530_1

 詳細は後程~。
S_dsc7791_1
S_dsc7575_1


<追記>

  SL編はこちら~!

  EL&電車編はこちら~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道「さよなら1003F」を撮影しましたが…

 2014年3月21日、秩父鉄道へ行ってきました。

 いよいよ、この3連休の「さよなら1003F貸切り&撮影会ツアー」をもって、1000系の運行は終了してしまいます。
このツアーは、2回撮影会があったりと、ちょっと心くすぐられる内容でしたが、あっという間に申し込み終了していました。
 ツアーに参加しないと撮影会には参加できないので、せめて走行だけでも撮影しようと思いました。

 天気が良いし、さよならツアーなので何らかのヘッドマークが付くと思い、正面メインで撮影することにしました。
 ところがやって来たのは、ヘッドマーク無しでした…。
S_dsc0029_1
 ありゃ~、ちょっと拍子抜けでした。

 長瀞駅で少々停車しているようなので、先回りしてもう一回撮影しました。
S_dsc0041_1
 電線の影が煩いですが、青空の下、オレンジ色の車体が映えていました。

 これで恐らく自分にとって最後の1000系撮影となってしまうでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

103系 | 107系 | 113系 | 115系 | 117系 | 12系 | 14系 | 169系 | 183系 | 185系 | 200系 | 201系 | 205系 | 209系 | 211系 | 24系 | 253系 | 300系 | 371系 | 400系 | 415系 | 485系 | 489系 | 583系 | 651系 | 789系 | C11 | C12 | C56 | C57 | C58 | C61 | D51 | DD16 | DD51 | DE10 | E231系 | E233系 | E3系 | E5系 | E653系 | E655系 | E657系 | E6系 | E751系 | E7系 | ED75 | ED79 | EF200 | EF210 | EF510 | EF55 | EF58 | EF60 | EF64 | EF65 | EF66 | EF80 | EF81 | EH200 | EH500 | EH800 | East-i | FASTECH | JR九州 | JR北海道 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本 | JR貨物 | ne@トレイン | SL | あけぼの | いすみ鉄道 | お座敷列車 | しなの鉄道 | つくばエクスプレス | とき | はくつる | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | カシオペア | グルメ | シキ | トロッコ | トワイライトエクスプレス | ハイブリッド | モノレール | ラッセル | 一畑電気鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電鉄 | 上田電鉄・上田交通 | 久留里線 | 乗り鉄 | 事業用車 | 京成電鉄 | 京浜急行 | 京王電鉄 | 京葉線 | 京都 | 京阪電車 | 伊豆急 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 保存車 | 函館市交通局 | 北斗星 | 十和田観光電鉄 | 南海電鉄 | 南部縦貫鉄道 | 博物館 | 古い写真 | 台湾 | 台湾鉄道三昧の旅 | 名古屋鉄道 | 四季島 | 回送 | 大井川鐵道 | 大糸線 | 富士急行線 | 富山ライトレール | 富山地方鉄道 | 専用線 | 小湊鉄道 | 小田急線 | 岡山電気軌道 | 岳南鉄道 | 引退 | 弘南鉄道 | 御召列車 | 撮影会 | 新幹線 | 日光線 | 旧型国電 | 旧型客車 | 東急 | 東武鉄道 | 東海道本線 | 松本電気鉄道 | 気動車 | 水島臨海鉄道 | 津軽鉄道 | 流鉄 | 熊本市電 | 熊本電鉄 | 甲種回送 | 相模鉄道 | 真岡鐵道 | 砕石列車 | 磐越西線 | 神奈川臨海鉄道 | 私鉄 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 紅葉狩り | 能登 | 花見 | 西武鉄道 | 訓練運転 | 試運転 | 足尾 | 路面電車 | 近鉄 | 都電荒川線 | 鉄道 | 銚子電鉄 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阪堺電気軌道 | 陸送 | 電車 | 青ガエル | 青函私鉄めぐり | 静岡鉄道 | 韓国 | 頸城鉄道 | 風っこ | 飛行機 | 飯山線 | 高崎線 | 高松琴平電気鉄道 | 鶴見線 | 黒部峡谷鉄道 | キハ110 | キハ28 | キハ30 | キハ40 | キハ52