南部縦貫鉄道

南部縦貫鉄道「レールバス 夕暮れ撮影会 2015秋」

2015年11月7日、南部縦貫鉄道レールバス愛好会の「レールバス 夕暮れ撮影会 2015秋」に参加しました。

 ちょうど4年前に参加してから久々の訪問となりました。 (あの頃はまだ十和田観光電鉄も健在だったのですねぇ…)

 現地に到着すると、ちょうどレールバスが出庫するところでした。
S_dsc2600_1
S_dsc2610_1
 姿を現したレールバスのキハ101は、前回にも増して整備が進んでいるようで、美しさに更に研きがかかっていました。
 走行もしっかりしており、ピンピンしていました。 もっと長い距離を走らせてあげたくなります。

 そして、今回の主役となるキハ104が登場。
S_dsc2629_1
 以前は調子が良くなく、その動向が気になっていたのですが、こちらも見事に復調しており、元気に敷地内を走ってくれました。

S_dsc2633_1
 ここではレールバスを見慣れているので、キハ104が動き回ると、とても大きく感じます。

 そして、ホームに横付け。
S_dsc2672_1
 ドシッとした風格が感じられます。
 更にエンジンが奏でる「カラカラ」っというアイドリング音。
少し前までは、日本各地、至るところで聞くことができた音なのに、いつの間にか消えつつあります。

 ホームにある紅葉と一緒に。
S_dsc2666_1

 そして、もう1両のレールバス、キハ102も姿を現しました。
S_dsc2716_1

 更にラッセルヘッドを付けたDB11も姿を現しました。
S_dsc2685_1

 ウィングを広げて。
S_dsc2712_1
 これらの車両達は、ゆっくりながら、自走して庫の前に出てきてくれたことも、驚きを隠せません。目玉となるレールバス1両だけでも維持するのは大変なのに、他の車両も活かし続けているのは、並大抵の苦労ではないはずです。
 という訳で、マッタリ時間に物販にも立ち寄り、以前から気になっていた巾着袋を購入。
少しでも保存の資金になれば…。

 車庫内も見学できました。
中には以前と変わらずD451とDC251が鎮座していました。
S_dsc2738_1
S_dsc2732_1

 そして、キハ104が車庫前へと移動しました。
S_dsc2814_1

 ここでようやくレールバスとの2ショットとなりました。
S_dsc2896_1

 キハ101のデモ走行。
S_dsc2919_1
 運転休止から20年近く経っているのに、可愛らしく、小気味良く動き回る姿を今でも見ることができるのは、奇跡的なことですね。

 オールキャストで。
S_dsc2966_1

 軌道自転車~
S_dsc2989_1

 徐々に暗くなってきて、トワイライト撮影会へと突入していきます。
S_dsc3048_1

S_dsc3071_1

 そして、たっぷりと日が暮れて撮影会も終焉へ。
S_dsc3101_1

 キハ101が、キハ104の傍らに移動しました。
S_dsc3120_1

 暫し2ショットを披露した後、1両ずつ庫の中に移動して終了…。
S_dsc3133_1
S_dsc3135_1
S_dsc3145_1

レンタカーの返却時間が迫るので、余韻に浸ること無く、会場を跡にしました。

 廃止からかなり時間が経っているにも関わらず、今でも車両が健在に動けるのは、素晴らしいことです。
これからも元気な姿を末永く見せつけてもらい、何度も訪れたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レールバスと愛車の2ショット ~古い写真から~

 古い写真から、今回は、先代の愛車との2ショットを紹介します。
Simg566_1_2

 この車は、三菱のギャランVR-4という車です。
現在の愛車に乗り換えるまで、16万km以上走り続けてくれました。
北は北海道から南は熊本まで、沖縄と四国以外のほとんどの都道府県へ行きました。

 現行の愛車も、走行距離がすでに17万km以上となり、そろそろ新車に乗り換えようかという時期になっていますが、まだ走りも好調だし、物欲をそそるような車が全く無い昨今のため、まだまだ乗り続けることになりそうです。

 それにしても、運転してみたくなるような車が無いのは残念なことです…。

 そういえば、現行車と鉄道の2ショットって、撮影していないかも??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

南部縦貫鉄道 「夕暮れ撮影会」に大満足!

2011年11月5日、十和田観光鉄道「レトロ電車」撮影後、南部縦貫鉄道「夕暮れ撮影会」へ参加するために七戸駅へ向かいました。

七戸駅に到着すると、既に「キハ102」がホームに停車していました。
S_dsc4857_1

そして、車庫前には、「キハ101」は元より、何と「キハ104」も庫外に出ていました。 久々に屋外で見る姿には感動しました。
S_dsc4779_1

S_dsc4810_1
 この角度で見ると、車両の大きさの違いが一目瞭然ですね!

 「キハ104」単体でも撮影。
S_dsc4848_1

S_dsc4828_1

 車庫内には、ディーゼル機関車が静かに佇んでいました。
S_dsc4783_1

 かなり多くの人が駆けつけていましたが、みんな譲り合い、のんびりした雰囲気の中、撮影会は進んでいきました。 罵声を浴びせたり、同じ場所から動かない等、そんな輩が全くいないのが、この手の撮影会の良いところです。

 「キハ102」のデモ走行が始まりました。
S_dsc4793_1
 前回の時の流し撮りのリベンジを図りましたが、出来栄えはあまり変わりません…。

 「キハ104」が庫内に戻って、「キハ101」単体でも撮影しました。
S_dsc4877_1

 いよいよトワイライト撮影に入りました。
S_dsc4902_1
S_dsc4912_1
 前日は、あっという間に暗くなってしまい残念がっていましたが、この日は、なかなか日が落ちないような気がしました。

 徐々に暗くなり、いろいろなアングルで撮影しました。
S_dsc4928_1

S_dsc4938_1

S_dsc4979_1

 「キハ101」も忘れてはいけません!
S_dsc4956_1

 「キハ101」と「キハ102」のツーショット!
S_dsc4969_1

 楽しい時間は長く続きません。
 七戸十和田駅へレンタカーを返却しなければならない時間が迫ってしまいました。
七戸十和田の駅レンタカーの営業時間が、なんと18時で終了なのです…。 これはちょっと早すぎるのでは…。 もう少し改善してほしいですね。
おまけに、駅構内で、弁当等の食料品も満足に調達できませんでした…。
この辺りをもっと改善してもらわないと、この駅を利用したいと思えません…。少し離れてても八戸駅の方が、マシと思ってしまいました。 ちょっと最後は苦言が多くなってしまいましたが、今後良い方向へと向かうことを信じています。

 南部縦貫鉄道の車両に関しては、廃止当時から比べて徐々に良い方向に向かっているようで、保存に係わっていらっしゃる方たちの努力が凄く感じられます。 自分は、少々のグッズ購入しか手助けできませんが…。

 遠いと感じていた青森ですが、新幹線のおかげで、十分日帰り圏内になりました。
今後も周辺私鉄とタッグを組んで、土日で訪れたくなるような企画をお願い致します!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

十和田観光電鉄「とうてつレトロ号」と南部縦貫鉄道「夕暮れ撮影会」 - 速報編 -

 2011年11月5日、十和田観光電鉄「とうてつレトロ号」と南部縦貫鉄道「夕暮れ撮影会」へ行ってきました。

 とうてつでの撮影会。
S_dsc4655_1

 南部縦貫鉄道は。
S_dsc4969_1

 詳細は後程!

<追記>
 「とうてつレトロ号」の詳細はこちら!

 南部縦貫鉄道「夕暮れ撮影会」の詳細はこちら!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

南部縦貫鉄道レールバスと久々の再開!

 2011年7月17日、「とうてつ電車まつり」の合間に、元南部縦貫鉄道のレールバスが屋外展示されているとのことで、旧七戸駅へ行きました。

 懐かしの七戸駅に着くと、レールバスはホームに横たわっていました。
その姿は、現役そのもの! タイムスリップしてしまったようでした。
S_dsc2478_1
 思えば、最後に訪れたのは10年前のゴールデンウィークでした。
当時に比べて、草臥れているのではなく、綺麗になっていました。 あの頃は、外傷が結構あったと思うのですが、かなり修正されているようです。 このようにコツコツ修正してくださるのには、本当に頭が下がります!

 車庫の中にも、懐かしい車両が綺麗に保存されていました。
S_dsc2439_1

 暫く、懐かしい思いにふけて撮影していると、なんとレールバスを2両とも動かしてみるとのことで、久々に愛らしく動く姿が見れるとなり、興奮してしまいました!

 軽いエンジン音と共に、キハ102が移動していきました。
S_dsc2510_1
 可愛らしく、そして元気に動いていく姿には、感動すら覚えてしまいました!

 ほどなく、キハ101も車庫から出てきました。 こちらも健在です!
S_dsc2526_1

 両車とも、緑をバックに仲良く並んでくれました。
S_dsc2528_1
S_dsc2586_1

 こんな綺麗な状態で撮影できるとは思ってもいませんでした。
S_dsc2562_1
S_dsc2569_1

 せっかく走ってくれたので、流し撮りもしてみました。 
S_dsc2606_1
S_dsc2613_1
 ちょっと速度が遅いので、あまり流れていませんが、雰囲気は出ているかな?

 七戸町観光協会主催のレールバス一般公開は、2012年3月末をもって終了予定との、ちょっと心配な記事もあります。
 しかしながら、今年は8/7、9/18、10/9、11/5と屋外展示を予定していますので、是非とも訪れてみてください!  あの可愛らしい姿は、一見の価値があります!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

南部縦貫鉄道 ~古い写真から~

 最近、業務多忙により、まったく鉄分補給できておりません。連休中も休めませんでした…。
 本来なら、連休中に是非行ってみたかった、南部縦貫鉄道の昔の写真をアップします。
 
Simg172_1

 データによると、1983年8月12日の撮影でした。 東北地方をワイド周遊券を使って、周っていた時の一コマです。
 当時は、乗り鉄で、しかも国鉄オンリーだったのに、ここだけは、ちゃんと寄っていました。
やっぱり、何か惹きつけられるモノがあったのでしょう。

 この写真は、七戸駅ですが、まだ貨物もたくさん止まっていました。
その中でも、レールバスは特別な存在で、小さいながらも、堂々とした風格があります。

 廃止になってから、かなりの年月が経っておりますが、未だに車両をきちんと整備されているのには、頭が下がる思いです。

 是非、次回の機会には、訪問したく思います。その時には、新幹線ですぐそばまで行けるのでしょう?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

103系 | 107系 | 113系 | 115系 | 117系 | 12系 | 14系 | 169系 | 183系 | 185系 | 200系 | 201系 | 205系 | 209系 | 211系 | 24系 | 253系 | 300系 | 371系 | 400系 | 485系 | 489系 | 583系 | 651系 | C11 | C12 | C56 | C57 | C58 | C61 | D51 | DD16 | DD51 | DE10 | E231系 | E233系 | E3系 | E5系 | E653系 | E655系 | E657系 | E6系 | E751系 | E7系 | ED75 | ED79 | EF200 | EF210 | EF510 | EF55 | EF58 | EF60 | EF64 | EF65 | EF66 | EF80 | EF81 | EH200 | EH500 | EH800 | East-i | FASTECH | JR九州 | JR北海道 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本 | JR貨物 | ne@トレイン | SL | あけぼの | いすみ鉄道 | お座敷列車 | しなの鉄道 | つくばエクスプレス | とき | はくつる | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | カシオペア | グルメ | シキ | トロッコ | トワイライトエクスプレス | ハイブリッド | モノレール | ラッセル | 一畑電気鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電鉄 | 上田電鉄・上田交通 | 久留里線 | 乗り鉄 | 事業用車 | 京成電鉄 | 京浜急行 | 京王電鉄 | 京葉線 | 京都 | 伊豆急 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 保存車 | 函館市交通局 | 北斗星 | 十和田観光電鉄 | 南海電鉄 | 南部縦貫鉄道 | 博物館 | 古い写真 | 台湾 | 台湾鉄道三昧の旅 | 名古屋鉄道 | 回送 | 大井川鐵道 | 大糸線 | 富士急行線 | 富山ライトレール | 富山地方鉄道 | 専用線 | 小湊鉄道 | 小田急線 | 岡山電気軌道 | 岳南鉄道 | 引退 | 弘南鉄道 | 御召列車 | 撮影会 | 新幹線 | 日光線 | 旧型国電 | 旧型客車 | 東急 | 東武鉄道 | 東海道本線 | 松本電気鉄道 | 気動車 | 水島臨海鉄道 | 津軽鉄道 | 流鉄 | 熊本市電 | 熊本電鉄 | 甲種回送 | 相模鉄道 | 真岡鐵道 | 砕石列車 | 磐越西線 | 神奈川臨海鉄道 | 私鉄 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 紅葉狩り | 能登 | 花見 | 西武鉄道 | 訓練運転 | 試運転 | 足尾 | 路面電車 | 近鉄 | 都電荒川線 | 鉄道 | 銚子電鉄 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阪堺電気軌道 | 陸送 | 電車 | 青ガエル | 青函私鉄めぐり | 静岡鉄道 | 韓国 | 頸城鉄道 | 風っこ | 飛行機 | 飯山線 | 高崎線 | 高松琴平電気鉄道 | 鶴見線 | 黒部峡谷鉄道 | キハ110 | キハ28 | キハ30 | キハ40 | キハ52