旧型客車

EF641052とED75758とが牽引した快速「ELレトロ福島号の旅」

 2016年6月4日、高崎線内の「カシオペアクルーズ」撮影後、快速「ELレトロ福島号の旅」を東北本線で撮影しました。

 この列車は、旧型客車を利用して、直流区間はEF64、交流区間はED75が牽引することが予告されていました。

 「カシオペアクルーズ」と「ELレトロ福島号の旅」を同じ場所で撮影しようとすると、大宮以南で待っていればよいのですが、被りの心配と場所の狭さが気にかかります。
 大宮以遠でも大宮近くであれば、移動時間も少なくてすむので、間に合わないという危険を回避することができます。
 ところが、この「ELレトロ福島号の旅」は、せっかくなので、直流区間と交流区間の最低2カ所は撮影したいところです。
 車移動では、東北道を使用するのが常套ですが、土日となれば渋滞の可能性があるので、少しでも北上して渋滞の起きにくい場所を選ぶ必要がありました。
 そのため、移動距離が長くなるけど、北関東道を利用するルートを選択しました。

 カシクルを高崎線内で撮影後、北関東道経由で蒲須坂へ向かい計算通りに間に合いました。
(実際には、東北道の南側でも渋滞が無かったようです。)

 そして、EF641052が牽引する旧客の「ELレトロ福島号の旅」が通過していきました。
S_dsc7573_1

 後姿も。

S_dsc7580_1

 またまた、追いかけで今度は交流区間へ移動します。

 途中停車時間が長いので、十分時間があります。
 以前に撮影した場所へとロケハンしながら回ってみました。
なかなか足回りがスッキリとした場所が見つけられませんでしたが、最後の望みをかけた場所で何とか撮影することができました。

 今度はED75758が牽引していました。
S_dsc7593_1
 あわよくば、少し正面に陽が回ってくれるかと目論んでいましたが、そこまではいきませんでした。

 ここで、折り返しも撮影しようかと思っていたのですが、まだ時間があるので、色々と作戦を考えてみました。

 郡山近くなので、磐越道がある。⇒新潟に繋がっている。⇒EF8195先頭のカシクル。
ということで、ネットで所要時間を調べてみると、間島のバカ停には間に合うことが判明しました。

 ならば!ということで、迷うことなく磐越道へと向かいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井川鐵道「長距離鈍行列車ツアー」

2016年4月23日、大井川鐵道に行って来ました。

 この日は、「長距離鈍行列車ツアー」があり、SL無しで電気機関車のみが牽引する旧客列車なので、是非とも撮影したく思っていました。

 良い塩梅に前日に東海道方面に所用があったため、そのまま滞在し、この日に備えました。

 晴れベースの天気予報だったので、一発目は崎平の鉄橋に的を絞っていました。
ところが、列車通過直前に太陽に雲がかかってしまい、せっかくの良いロケーションが台無しに…。
S_dsc4502_1
 後ろの森林にはしっかりと陽が当たっているのですが…。

 牽引している機関車はE101で、客車はオハニを含む4両でした。
 ローカル色を醸し出すのは、この位の両数がベターなのですが、早々と満席になってしまったので、もう少し増結しても良かったのではないのでしょうか。
 通過直後は、再び陽が射すことに…。

 気を取り直して、復路の撮影に向かうことにしました。
復路で一回は抜里で撮影したいと思っていましたが、綺麗な順光になる2回目の復路がベストなのですが、さすがにその時は激パになると思い、サイドには、まだあまり陽が回らない一発目で抜里に向かいました。

 まずはSL列車から。
S_dsc4533_1
 いつもは主役なのですが、この日ばかりは、脇役に回り、オマケ撮影になってしまいました。

 そして、今日の主役がやって来ました。
S_dsc4557_1
 思った程光線状態が悪くなかったので、助かりました。

 引いて。
S_dsc4573_1


 二発目は、やはり一度は抑えておきたい笹間渡の鉄橋に行きました。
S_dsc4607_1
S_dsc4614_1
 ゆっくりと走ってくれたので、何度かシャッターチャンスがありました。

 そのまま追っかけてみると、直ぐに追い抜けたので、田野口のお立ち台でもう一回撮影。
S_dsc4633_1

 更に駿河徳山のバカ停を利用して、もう一回撮影できました。
S_dsc4671_1

 二回目の復路は、念のため抜里を覗いてみましたが、案の定、近寄り難い雰囲気だったので、スルーして、お茶畑メインで撮影しました。
S_dsc4688_1

 更にもう一回。
S_dsc4718_1

 三往復目は、魅惑の夜間走行になるのですが、夜間撮影の用意も無いため、これにて撤収しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧客返却回送とカシオペア試運転

 2016年4月18日、旧客返却回送とカシオペア試運転を撮影しました。

 この日は、夜に所用があったため、念のため午後半休を取っていたのですが、なんとこの2つの運転があるとの情報を得ました。

 午後であれば一発ずつですが撮影できるので、カメラを忍ばせて沿線へと向かいました。

 まずは「レトロふくしま花見山号」で使用された旧客の返却回送から。

 東北本線内で遅延があったようですが、尾久からの折り返しは時刻通りになりそうだったので、久々にヒガジュウで撮影しました。
S_dsc4378_1
 牽引機はEF641001でしたので、茶色で統一された綺麗な編成でした。

 カシオペアの試運転までは少々時間があったので、ヒガハスまで移動してみました。

 不安定な天気の中、カシオペアがやって来ました。
S_dsc4423_1
 牽引機はEF8180。 試運転なので、ヘッドマーク無しの編成でした。
マーク無しのカシオペアはあまり見る機会がないので貴重です。

 オマケに最後尾はカヤでした。
S_dsc4430_1

 また、カシオペア試運転の前には、久留里線キハE130系の郡山出場回送もありました。
S_dsc4395_1
 こちらはEF81134が牽引しておりました。

 半日ながら、様々な機関車牽引列車が撮影できて満足しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

快速「レトロふくしま花見山号」

 2016年4月16日、快速「レトロふくしま花見山号」を撮影しました。

 この列車、てっきりヘッドマーク付かと思っていましたが、前週の運転報告を見ましたら、なんとマーク無しのスッキリとした編成ではないですか!
 ED75と旧客のみの編成は、そう簡単には実現しないと思い、撮影に向かいました。

この日は、一日中晴天との天気予報だったので、迷うこと無く、越河のお立ち台へと向かいました。
案の定、早い時間にもかかわらず、既に多くの人がスタンバイしておりました。
 しかしながら好きな画角は何箇所か空いていたので、そのうちの一か所にスタンバイしました。

 天気が良くノンビリと待っていましたが、いつの間にか薄雲が広がってきて、なんと列車が通過時には鈍曇りとなってしまいました…。
それでもED75 757 が牽引する旧客列車は、大変美しい姿を見せつけてくれました。
S_dsc4175_1

 そして、郡山手前でもう一回撮影できました。
S_dsc4190_1

 返しも2回撮影することができました。
こちらは、ほとんどが逆光なので、望遠と広角でバリエーションを増やしてみました。

S_dsc4230_1

S_dsc4261_1

 SL列車の間合い運転ではなくて、このような電気機関車の牽引列車が増えて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ELレトロみなかみ」と「SLみなかみ」と - 復路編 -

 2015年10月17日、「鉄道わくわく体験 in みなかみ」に参戦の後、再び「ELレトロみなかみ」、「SLみなかみ」を撮影するために上越線沿線へと向かいました。

 会場でノンビリし過ぎてしまい、あまり時間が無くなってしまいました…。
朝のシトシト雨から一転、太陽が顔を出す程に天候が回復してきました。

 本当なら、順光ポイントへ行かなければならないのに、水上から近いポイントで済ますことにしました。
(高速ワープを使ってでも先回りすべきだったと後悔…。)

 直ぐにEF641001牽引の「レトロみなかみ」がやって来ました。
S_dsc8034_1
 復路は重連ではなく、プッシュプルでした。
変化は歓迎ですが、往復とも先頭がEF641001だったのはちょっと残念…。

 次の「SLみなかみ」まで少々時間があるので、久々にシルエットを狙いに移動しました。
S_dsc8063_1
 夕焼けにはちょっと早かったのですが、良い感じにシルエットが浮き出てくれました。

 渋川停車で先回りして、今度は正面がちで撮影。
S_dsc8081_1

 客車列車が絶滅寸前の中、同じ日に3本も客車列車が同じ線区を走るという貴重な日でした。


 往路編はこちら!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SLレトロみなかみ」を水上で

 2015年8月1日、「吾妻線70周年記念号」を長野草津口駅で撮影後、復路まで時間が結構あるので、水上へと向かいました。

 線路際での情報によりますと、本来ならC61牽引だったのですが、不具合があったようで、急遽D51498に変更になったとのことでした。

 水上に到着すると、D51は出発前の点検をおこなっており、結構煙を吐いていました。
S_dsc3316_1

 正面も。
S_dsc3338_1
 副灯がまだ付いたままでした。

 こちらのD51745も。
S_dsc3334_1
 早く綺麗にしてあげたいですね…。

 そして、軽い汽笛を鳴らしてD51498は出動していきました。
S_dsc3342_1

 水上駅先へ移動して、入換えを撮影。
S_dsc3357_1
 そのまま出発まで待ちました。

 水上まで来れば、少しは暑さが納まるかと思いましたが、それどころか平地より気温が高く感じる程でした。
撮影待ちしている人たちも、少しでも日陰がある場所へと避難していました。

 そして、ようやく出発の時間になりました。
S_dsc3362_1
 さすがに、途轍もない暑さのためか煙がほとんど見えません。

 横位置に変えて旧型客車も見えるようにして撮影。
S_dsc3378_1

 この暑さだと水上発車でも煙は期待できないようです…。

 このあと、「吾妻線70周年記念号」の復路を撮影しに吾妻線へと転戦しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

DD51897牽引の「宇都宮線開業130周年記念号」

 2015年7月19日、前日の往路に引き続き、今度はDD51897牽引の「宇都宮線開業130周年記念号」の復路を撮影しました。

 天気予報は曇りベースだったはずが、朝から青空が…。
ちょうどお昼前後に走るスジなので、車両と太陽の位置が微妙となってしまいます…。
 取りあえず、晴れそうだったら行こうと思っていた場所を目指します。
ただし、草の伸び加減が判らなかったので、場合によっては移動も視野に入れて少々早めに現地着することにしました。

 到着すると、懸念していた下草もほとんど影響無いようだし、この場所も既に多くの人がスタンバイしてました。
前日の状況からして、かなり多くの人が沿線に出向いており、他へ動くとリスクがありそうでした。
 このため、ここでそのまま撮影することにしました。

 猛暑の中、待ちわびた当該列車がやってきました。
前日の送り込み回送通り、DD51897が綺麗な車体を光らせてやってきました。
S_dsc2947_1

少々時間が遅れていたためか、軽やかな速度で、あっという間に走りぬけていきました。

 EF8181からDD51842へと、お召機リレーを期待していたのですが、842号機は地元列車に使用されていたのでした。
実は、ちょうど3年前、DD51842牽引の「DL&SLみなかみ」を同じ場所で撮影していました。

それにしても、客車を使用した臨時列車はもっと沢山走ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF8181牽引の「宇都宮線開業130周年記念号」

 2015年7月18日、東北本線で「宇都宮線開業130周年記念号」を撮影しました。

 数日前から、台風の影響がどうなるか心配でしたが、当日はそれほどの影響も無く、小雨が時々降る程度でした。

 沿線に出向くと、何処も早くから人がおり、スタンバイしているようでした。
EF8181牽引で旧型客車と指定されていたためか、かなり多くの人々が出撃されていました。
その中に入れてもらい、暫し待つことに。
 
 少々の遅れがあったもののEF8181牽引の「宇都宮線開業130周年記念号」が通過して行きました。
S_dsc2845_1
 通過直後に日差しが…。でもこの場所は逆光になるので、ギリギリ助かりました。

 そして、翌日の復路を牽引するDD51897の単機回送を。
S_dsc2867_1
 842号機ではないのかぁ…。

 さらに、往路を牽引したEF8181の単機回送も撮影。
S_dsc2882_1

 2日間に渡って、しかも牽引機も替えての1往復の記念列車、なかなか贅沢な設定ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF8197牽引の「ELレトロ栃木・福島号」

 2015年6月6日、EF81牽引の「ELレトロ栃木・福島号」を撮影しました。

 旧客を使用した団臨が都内を走るので、その風景を撮りたいとも思いましたが、朝早いので断念、結局ワシクリへと向かいました。

 朝は霧雨が降っていましたが、急速に天気が回復してきて、雲が一気に無くなりました。
なので、順光側で撮影することにしました。
 しかしながら、通過時刻が近づくにつれて、太陽周辺に再び雲が出始めて曇りベースになってしまいました。

 今さら撮影場所を変更するわけにもいかないので、薄曇りで撮影できることを期待して待ちました。

太陽が顔を出さなかったものの、まずまずの天気の中、列車はやって来ました。
S_dsc0128_1
 牽引機は、EF8181でも133でもなく、EF8197でした。

 後ろ姿も。
S_dsc0134_1

 少し前に通過したEF510-515牽引の「北斗星」。
S_dsc0087_1
 こちらのカウントダウンは、かなり進んでしまいましたね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C6120出場回送と旧客返却回送

 2014年9月19日、高崎線に行ってきました。

 群馬方面に所用があり、高崎線にSL回送等のネタが揃っていたので、何とか合間に撮影できないかと企んでいました。

 C6120が大宮から出場するのですが、今までのように早朝に出発するのではなく、午前中ながら遅い時間でした。
ちょっと時間が厳しいかと思いましたが、頑張ってみました。

 撮影に向かったのはオカポンですが、平日にも関わらず、多くの人が詰め掛けていました。
この日は、珍しくEF6437が牽引していました。
S_dsc6948_1
 牽引機に変化があると、注目度が違いますね!
 ここで中座…。

 そして、夕方に今度は旧型客車の返却回送があり、それに何とか間に合いました。
この時間なら順光になるのですが、直前に雲が掛かってしまい…。
S_dsc7020_1
 こちらは、いつものようにEF65501が牽引でした。

 良い塩梅に撮影することができました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

103系 | 107系 | 113系 | 115系 | 117系 | 12系 | 14系 | 169系 | 183系 | 185系 | 200系 | 201系 | 205系 | 209系 | 211系 | 24系 | 253系 | 300系 | 371系 | 400系 | 415系 | 485系 | 489系 | 583系 | 651系 | 789系 | C11 | C12 | C56 | C57 | C58 | C61 | D51 | DD16 | DD51 | DE10 | E231系 | E233系 | E3系 | E5系 | E653系 | E655系 | E657系 | E6系 | E751系 | E7系 | ED75 | ED79 | EF200 | EF210 | EF510 | EF55 | EF58 | EF60 | EF64 | EF65 | EF66 | EF80 | EF81 | EH200 | EH500 | EH800 | East-i | FASTECH | JR九州 | JR北海道 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本 | JR貨物 | ne@トレイン | SL | あけぼの | いすみ鉄道 | お座敷列車 | しなの鉄道 | つくばエクスプレス | とき | はくつる | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | カシオペア | グルメ | シキ | トロッコ | トワイライトエクスプレス | ハイブリッド | モノレール | ラッセル | 一畑電気鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電鉄 | 上田電鉄・上田交通 | 久留里線 | 乗り鉄 | 事業用車 | 京成電鉄 | 京浜急行 | 京王電鉄 | 京葉線 | 京都 | 伊豆急 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 保存車 | 函館市交通局 | 北斗星 | 十和田観光電鉄 | 南海電鉄 | 南部縦貫鉄道 | 博物館 | 古い写真 | 台湾 | 台湾鉄道三昧の旅 | 名古屋鉄道 | 回送 | 大井川鐵道 | 大糸線 | 富士急行線 | 富山ライトレール | 富山地方鉄道 | 専用線 | 小湊鉄道 | 小田急線 | 岡山電気軌道 | 岳南鉄道 | 引退 | 弘南鉄道 | 御召列車 | 撮影会 | 新幹線 | 日光線 | 旧型国電 | 旧型客車 | 東急 | 東武鉄道 | 東海道本線 | 松本電気鉄道 | 気動車 | 水島臨海鉄道 | 津軽鉄道 | 流鉄 | 熊本市電 | 熊本電鉄 | 甲種回送 | 相模鉄道 | 真岡鐵道 | 砕石列車 | 磐越西線 | 神奈川臨海鉄道 | 私鉄 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 紅葉狩り | 能登 | 花見 | 西武鉄道 | 訓練運転 | 試運転 | 足尾 | 路面電車 | 近鉄 | 都電荒川線 | 鉄道 | 銚子電鉄 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阪堺電気軌道 | 陸送 | 電車 | 青ガエル | 青函私鉄めぐり | 静岡鉄道 | 韓国 | 頸城鉄道 | 風っこ | 飛行機 | 飯山線 | 高崎線 | 高松琴平電気鉄道 | 鶴見線 | 黒部峡谷鉄道 | キハ110 | キハ28 | キハ30 | キハ40 | キハ52