乗り鉄

「台湾鉄道三昧の旅」 -2日目:南廻線乗り鉄編-

 2014年4月26日~29日まで台湾へ行ってきました。

 今回は、2日目の南廻線乗り鉄編です。
 2日目は、内容が盛り沢山なので、3回に分かれてしまいました。

 日昇台での撮影後、再び太麻里駅へと戻り、最初の観光バスへと乗り換えて、今度は台東駅へと向かいます。

 台東駅から乗車する列車まで時間があるので、一旦、旧台東駅へ立ち寄りました。

 旧台東駅は、鉄道公園のようになっていて、古い客車が留置されていました。
ホームもまだありましたが、解体をしているようでした。

 留置車両とホームの駅名標と一緒に。
S_dsc4268_1

 転車台と一緒に。
S_dsc4292_1

 そして、現在の台東駅に移動しました。
噂に聞いていた通り、台東の街からかなり離れた寂しい場所にありました。

 まだ列車の発車まで時間があったのですが、ホームに入れてもらいました。

 ホームに入ると、なんと普快客車とDR2700型が並んでいるではありませんか!
S_dsc4319_1
 間もなく引退が囁かれている2つの車両を一緒に撮影できるチャンスがあるとは思ってもいませんでした。

 そして、DR2700が出発していきました。
S_dsc4336_1

 留置線には、すでに普悠瑪号の姿も。
S_dsc4350_1
 電化開業まで、まだ時間はありますが、もう試運転は頻繁に行われているようです。

 普快車の方も機関車が連結されました。
S_dsc4366_1
 客車は、太麻里で撮影した編成のようで、さらに後ろに日本製35SPK2700が連結されていました。
4両中3両が35SPK2700とは思ってもいなかった編成でした。

 最後尾に連結された車両は、なんと我々の団体専用車両として連結されたものでした!
S_dsc4377_1
 このようなワガママが通るのは、このツアーならではなのでしょう。

 貸切車なので、ノンビリと乗り鉄を味わうことができます。
S_dsc4387_1
 窓を全開に開けて、風を浴び絶景を眺められるなんて最高な気分です!
S_dsc4431_1

 おまけに、この日の夕食は池上弁当でした。
S_dsc4435_1_2
 このロケーションで、この駅弁を食べられるのは大変嬉しかったです。
普通のツアーなら、夕食が駅弁だと文句が出ること必至だと思われますが、このツアーでは大歓迎でした。

 35SPK2700が最後尾ならば、お約束の風景流しをしてみました。
S_dsc4426_1
S_dsc4413_1
 以前に訪れた時も流してみましたが、この解放感は外せません!

 途中で陽も暮れて夜汽車の雰囲気も味わえました。
枋寮駅で直ぐに次の区間車に乗り換えなくてはならなく、名残惜しむ暇もなく、宿泊地の高雄へと向かいました。

 長かったけれど、大変充実した2日目が終了しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「台湾鉄道三昧の旅」 -1日目:東部幹線乗り鉄編-

 2014年4月26日~29日まで台湾へ行ってきました。

 いよいよ最後の聖域だった旧客とDR2700が、間もなく廃止になってしまうとのことで、台湾への撮影旅行を企てていたところ、
ちょうど手ごろな「台湾鉄道三昧の旅」のツアーを見つけました。

 調べてみると、まだギリギリ空席がありそうだったので、躊躇せず申し込んでしまいました。

 南廻線は本数が少ないので、移動手段が列車だと撮影したい列車に乗らなければならない、というジレンマがありますが、このようなツアーがあれば大変助かります。

 大変楽しみにして待っていましたが、天気予報が大変芳しくありませんでした。
晴れのち雨なら、いつもどおりかと思いますが、一日中雷雨という最悪な天気予報がずっと変わりませんでした。
 初日は、ほぼ移動のみなので、それほど影響は無いのですが、2日目には、メインイベントの南廻線沿線での撮影があるため心配でした。

 そのような中、いよいよ出発の日となりました。
フライトが7:10、集合が5:10と、早朝のため、前日に空港近くのホテルに宿泊しました。
ところが、遠足前の子供みたいに、そわそわしてどうも寝付けず、あっという間に朝になってしまい、空港へと向かいました。
S20140507102644
 東京は天気が良いのですが…。

 台北に到着すると、雲が出ており地面が濡れているものの、雨は止んでいて蒸し暑い気候でした。
台北駅で自由昼食で一旦解散となり、牛肉麺を食べて、まずは挨拶代わりに駅前の保存車を撮影しました。
S_dsc3856_1

 この日は、通行人が少なく、サイドからも余裕で撮影することができました。
S_dsc3852_1
S_dsc3848_1
 そして、台鐵本舗等を偵察して再集合しました。

 いよいよ出発です。
 最新のTEMU2000型電車の「普悠瑪」乗車からスタートです。 以前訪台した時に、その姿は撮影しましたが、ようやく今回乗車することができました。
ゆったりとした座席、そして揺れも少なく快走するのは大変快適でした。
S_dsc3868_1
 あっという間に終点の花蓮に着いてしまいました。
花蓮では、本降りの雨…。 やっぱり天気はダメかなぁ…。

 乗換の合間に~。
S_dsc3887_1

 ここからは、DR2800型の自強号に乗車です。
S_dsc3875_1
 乗り心地は流石に「普悠瑪」には劣るものの自強号らしくカッ飛んで走ります。

 そして、玉里駅で下車します。 ここからは、お楽しみのDR2700型普快車への乗車です。
その前に駅構内に留置されているDR2700型を撮影します。
この駅を通る時は、見る鉄で今まで撮影できていなかったので、こちらも念願が叶いました。
S_dsc3889_1
S_dsc3943_1
 玉里駅も雨…。 おかげで、ステンレス車体が鈍く輝き、いい雰囲気を醸し出してくれました。

 警戒色の無い顔も。
S_dsc3922_1
S_dsc3934_1
 ヘッドライトが点いている生きている姿が良いですね!

 いよいよ発車。 雨が降っていても窓を開けて普快車の醍醐味を味わいます。
S_dsc3956_1
 排気管カバーの円形の仕切りと扇風機がDR2700型車内の特徴ですね。

 関山駅で対向のDR2700型普快車と交換しました。
S_dsc3982_1

 さらにその横を自強号が通過しました。
S_dsc3987_1

 そして、鹿野駅で下車して、最初の宿泊先である鹿鳴温泉酒店へバスで向かいました。
長いけどあっという間に1日が終わってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

団体臨時列車「越後旅情号」に乗車! - 車内編 -

 2013年12月7日、「越後旅情号」に乗車しました。

 いよいよブルートレインも終焉となるので、24系寝台に乗車する機会は、今回が最後に なる可能性が非常に高い気がします。
 そのような訳で、もしかしてお別れ乗車になると思い、車内の記念撮影をしてみました。

 開放B寝台の特長と言えば、片側によった通路ですね!
S_dsc2074_1

 そして、この通路に取り付けられている椅子も忘れられないアイテムです。
S_dsc2278_1
浴衣姿でこの椅子に座り、ビール片手にボーっと夜景を見ていると、後ろから「すみません」と声を掛けられて、慌てて膝を揃えて横向きになって、こちらからも「すみません」と声をかける、ってシーンは幾度となく繰り返されたことでしょう!(笑)

 上段へ登るためのステップも一緒に記念撮影!
S_dsc2290_1

出入口の折り畳み式ドアもこの車両の特徴のひとつとして挙げられます。
S_dsc2224_1
北斗星用に引戸に改造された車両もありますが、20系から引き継がれている、このタイプのドアが良いですね!
客室のドアに書かれている「B寝台」の文字も威厳があります。

 独特な取っ手も良いですね!
S_dsc2259_1

以前、優等列車にはあった、給水器も懐かしいアイテムになってしまいました。
S_dsc2234_1

枕元の電気は、だいぶ変わったようです。
S_dsc2302_1

車両番号のプレートは、まだ綺麗に残っているのもありました。
S_dsc2217_1
 
 牽引機のEF6438も一緒に。 客車のテールマークも反射してくれました。
S_dsc2241_1

 ちょうど水上駅で、12系と同じホームに入りました。
S_dsc2263_1
 ブルーの客車の共演は、貴重なモノになってしまいました…。

最後に、寝台の雰囲気を再現してみました。
S_dsc2320_1
 浴衣が無いのが残念ですが、こんな感じだったと思います。

通常の営業列車では、なかなかこのような撮影はしにくいのですが、貸切列車ということで、思い出作りに、いろいろと撮影してみました。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

団体臨時列車「碓氷峠号」に乗車! -往路編-

 2011年12月3日、団体臨時列車「碓氷峠」号に乗車しました。

 前回の「越後号」で募っていたメンバーでの団臨でした。

 朝から、地震や踏切事故でズタズタな運用の中、新幹線の振替輸送を駆使して、なんとか集合時間に間に合いました。

 高崎線はダイヤの乱れは無く、乗車する列車は、大宮駅にほぼ定時にやってきました。
S_dsc7194_1

 折り返し時間が短いので、直ぐに乗車しました。
大宮方はEF6438、横川方はEF6019で、旧客4両をプッシュプルで牽引するという、豪華な編成でした。

 客車に乗り込むと、その室内温度にビックリ! 外の気温より低い感じがしました。
いくら旧客の暖房が効かないとはいえ、ちょっと寒すぎと思いました。
しかしながら、みんなが乗車して暫くすると、その熱気で車内温度も上昇して暑いくらいなりました。

 先頭へ行ってみると、EF6019の顔を見ることができました。
S_dsc7231_1

 一つ目前照灯も。
S_dsc7208_1

 連結器~。
S_dsc7223_1

 旧客車内から、って感じで~。
S_dsc7235_1

 旧客の簡易自動ドア。
S_dsc7213_1

 大宮から横川だと、あっという間に到着してしまいました。

 列車は、横川駅から一旦高崎に回送されるので、それを撮影しに行きました。
あまり時間がないので、急ぎ足で線路際へ向かいました。
雨脚も段々強くなり、とても撮影できるような状態ではなくなりましたが、列車通過直前に少し弱まってくれて、なんとか撮影できました。
S_dsc7255_1
 それでも、この雨脚でした…。

 このあと、「碓氷峠鉄道文化むら」へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道「キハ350形乗車会&撮影会」 -復路&撮影会編-

 2011年10月10日、関東鉄道の「さよならキハ350形乗車会&撮影会」に参加しました。

 今回は、下館からの復路編です。

 まずは下館駅での出発待ちから。
S_dsc0260_1
 午後の優しい陽を浴びて気持ち良さそうでした。 でも、これが下館駅での最期の姿となってしまうのでしょう…。

 キハ350形は、いよいよ最期の水海道へ道のりを進んでいきます。

 最初の停車駅は、黒子駅です。 ここでは、常総筑波色のキハ102と交換しました。
S_dsc0269_1
S_dsc0274_1
 
 続いての停車駅は、騰波ノ江駅です。
S_dsc0281_1
 ここでは交換がなく、6分間の撮影タイムでした。

 次の停車駅は、大宝駅です。 ここでも交換がなく、5分間の撮影タイムでした。
S_dsc0292_1

 車内ではじゃんけん大会も開催されました。

 そして、終着の水海道駅へ到着。
S_dsc0301_1_2
 ここからは、最後の乗車区間である、水海道車両基地へと向かいました。

 そして、お待ちかねの撮影会が開催されました。
S_dsc0345_1
S_dsc0347_1
 優しい陽ざしの中、キハ30系一族が綺麗に並んでいました。

 一両づつ。
S_dsc0340_1S_dsc0397_1
S_dsc0327_1S_dsc0373_1

 キハ101が端にいたので。
S_dsc0420_1

 そして、運用に入っていたキハ102が戻って来ました。
S_dsc0450_1

 DD502も元気な姿をみせてくれました。
S_dsc0460_1
 エンジンをかけて、わずかな区間ですが、数往復してくれました。

 さらに、前述したように、キハ001には、「特急しもだて」のヘッドマークが取り付けられていました。
S_dsc0390_1

 そして、鉄道グッズも販売されていました。
記念キーホルダーと運行図表を購入しました。

 撮影会は、人数が少ないので、のんびりと撮影することができました。
楽しい時間はあっという間に過ぎて、解散場所である水海道駅へ向かいます。
駅まで送ってくれるのは、先程の「特急しもだて」でした。

 水海道駅に着いて、解散。 「特急しもだて」を撮影。
S_dsc0523_1

 そして、車両基地へ回送されていきました。
S_dsc0544_1

 今回は、初めて関東鉄道の乗車会イベントに参加しましたが、きめ細かく企画されており、大変満足しました。
また、イベント参加者もマナーも良く、是非、機会があったら再び参加したいと思いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道「キハ350形乗車会&撮影会」 -往路編-

2011年10月10日、関東鉄道の「さよならキハ350形乗車会&撮影会」に参加しました。

 国鉄時代は嫌いだった車両ですが、関鉄色に染まると、不思議と趣のある姿に感じられます。
最期は、走行を撮影するか迷いましたが、撮影会に惹かれて参加することにしました。

 守谷駅で受付を済ませ、キハ350形が入線してくるのを待ちます。 当列車は、さようならヘッドマークを付けてやってきました。
S_dsc0119_1
S_dsc0126_1_2
 出発まであまり時間が無いので、撮影後すぐに乗り込みます。

 車内は、他の新鋭車両に比べると、さすがに騒音や振動は大きく感じました。

 最初の停車駅である水海道駅で出発式をおこなうので、みんな一旦下車して撮影しました。
S_dsc0133_1

 この時、ヘッドマークの「おつかれさまでした」の部分のシールを外して「ラストラン」表記になり、この日専用マークに早変わりしました。
S_dsc0136_1
S_dsc0140_1

 運転手への花束贈呈もありました。
S_dsc0142_1

 反対側のヘッドマークも同じように変わっていました。
S_dsc0153_1
 前後のマークで、日付の部分が微妙に違っていますね。

 わずか9分間の停車中のイベントでしたが滞ること無く終了して、列車は再び走り出しました。
車内では、お昼のお弁当が配布されて、次の停車駅の下妻駅まで食べました。

 そして、下妻駅に到着しました。 ここでは6分間の停車ですが、みんなで撮影しに外へ出ます。
ここでは、キハ101との交換となりました。
S_dsc0160_1
 並びの記念撮影。
S_dsc0164_1

 反対側も。
S_dsc0167_1

 そして発車時刻が迫ると一斉に乗車します。みんな時間厳守で、キチンと車内に戻るので、列車は定刻通りに発車できました。 この後も何度もこのような数分間の停車中に撮影できたのですが、遅れることが無かったのには大変ビックリ、そして感心しました。 この手のイベントだとどうしても時間を守らない輩がいてもおかしくないのですが、今回は全くそのようなことがありませんでした。 関鉄ファンのマナーの良さを改めて感じました。

 次の停車駅は黒子駅。 ここでは、2200形と交換しました。
S_dsc0185_1
 350形をゆっくりと撮影。
S_dsc0193_1

 次の大田郷駅では、5000形と交換しました。 何気なく、いろいろな形式と交換してくれるのも有り難いです。
今回は、予め、どの駅で何形とすれ違うか資料が配布していただけたので、このさよなら列車に合わせて運用してくれました。 このような配慮も大変嬉しく思いました。
S_dsc0222_1

 そして、折り返し駅の下館駅に到着しました。
S_dsc0230_1
S_dsc0249_1

 出発まで30分程あるので、真岡のDE10等も撮影。
S_dsc0237_1

 復路編は後程。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道「キハ350形乗車会&撮影会」 -速報編-

 2011年10月10日、関東鉄道の「キハ350形乗車会&撮影会」に参加しました。

S_dsc0281_1

S_dsc0345_1

 詳細は後程~。

<追記>
  往路編はこちら!
  復路&撮影会編はこちら!
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津方面へ家族旅行 -スペーシア乗り鉄編-

 2011年10月8日、家族旅行で会津地方へ行ってきました。

 以前から家族みんなの念願だった、スペーシアの個室乗車を兼ねての旅行でした。
 せっかく乗車するなら始発の浅草から乗車したいので、一旦、久喜から浅草まで「りょうもう」で向かいました。

 浅草で一度下車して、朝食用の弁当を買い込み、再びホームへ戻ります。今回利用した切符は、「ゆったり会津東武フリーパス」というフリー切符です。 単に往復するだけでも元が取れるので、大変お得な切符です。

 さて、ホームに戻ると既にスペーシア「きぬ103号」は入線しており、すぐに乗車できました。
最後尾の6号車が個室コンパートメントの車両です。 デッキには、専用のエンブレムもありました。
S_dsc9924_1

 片側に通路が配置されており、さながら寝台特急のようでした。
S_dsc9926_1

 個室は、ゆったりとしたソファで、定員4人としては十分過ぎる広さです。
S_dsc9928_1
 列車が出発するまで、乗客のみなさんが、窓の外から個室の中を覗き込むので、ちょっと恥ずかしく感じました。
 
 列車は、東京スカイツリーの袂を通り、快調に(最初はゆっくりと)走って行きます。
個室は、ドアを閉めると外の音も遮断されるほど大変快適でした。 のんびりとお弁当を食べ、ビールもいただき超ご機嫌でした。
 終点の鬼怒川温泉まで、2時間あまりのスペーシアの旅は、あっという間に終わってしまいました。

 鬼怒川温泉からは、「AIZUマウントエクスプレス」に乗り継ぎました。
この列車は、たった2両、スペーシア6両からの乗り継ぎ客がどっと乗り込みます。
一番後ろの車両だった我々が乗り込んだ時には、既に席は満席、立っている人も沢山いました。
S_dsc9930_1
 このまま、立って行くのも大変なので、新藤原で下車して、この駅始発の会津田島行き普通列車に乗り換えました。
S_dsc9940_1
 ここで乗り換えたのは自分たちだけでした。 のんびりと列車の発車を待ちます。この列車へ連絡する快速列車が15分程遅れており、その接続を取ってからの出発となりました。 この快速が到着すると、乗り継ぎ客が一気に乗り込んできました。 ここでも、先程と同じように直ぐに満席となりました。
 途中駅で少しずつ下車していきましたが、かなりの乗車率のまま、終点の会津田島へ着きました。

 この駅からトロッコ列車に乗車するため、時間調整しました。
駅前に保存されているC11や廃車になった8500系を見学しました。
S_dsc9944_1
S_dsc9950_1
S_dsc9947_1
 この8500系は売却されたと思うのですが、今後の運命はどうなるのでしょうか?

 駅前で、昼食用の食料品を買い込み、トロッコ列車へ乗り込みます。

 続きは後程!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「リゾートあすなろ」に乗車!

 2011年7月18日、津軽新城駅での撮影後、「リゾートあすなろ」に乗車しました。

 新青森駅で待っていると、1番線に入線してきました。
S_dsc2789_1

 新青森から青森までは、「リゾートあすなろ津軽1号」と「リゾートあすなろ下北1号」とが併結して走行します。
連結部分を撮影。
S_dsc2809_1

 初めてハイブリッドカーに乗車したので、その走行音が気になりました。
発車時の音は、ディーゼルカーと同じような感じでした。 暫くすると音は静かになりましたが、普通のディーゼルカーとあまり変わらないような気がしました。

 程なく青森駅に到着。 ここで2つの列車を切り離し。
S_dsc2812_1

 今回乗車したのは、「リゾートあすなろ津軽」の方でした。青森からは、津軽線へ入って行きます。
車内は、シートピッチが広く、非常にノビノビしていて快適でした。

 途中でEH500の貨物列車とすれ違いました。
S_dsc2825_1
 ちょっと判りずらいですが、車内モニタにも貨物が映っています。

 1時間程で、終点の蟹田に到着しました。
対向のスーパー白鳥が待っていました。
S_dsc2830_1

 このあとは、返しまでセルフ撮影会!
S_dsc2848_1
S_dsc2858_1

 そして、同じ列車で引き返しました。 
今度は、青森で下車して、駅近くの「青森魚菜センター」へ向かいました。
Simg_1174_1

 目的は、勿論、昼食に「のっけ丼」をいただくことです。
ところが、肝心のご飯が無くて、炊けるまで待ってほしいとのこと…。
連休でお客さんが多すぎて、炊くのが追いつかないようでした。
 せっかく、有名になって観光客も増えたので、このような不手際はマイナス要因です。夏休みには改善されていることを期待します!
 結局、30分以上待って、ようやくご飯を購入しました。
ご飯を入手したら、いろいろなお店に行って、自分の好きな具材を購入します。
ホタテ、ウニ、タイ、本マグロ赤身、大トロ等、いろいろと、のっけてみました。
Simg_1172_1
 ようやく、ありつけた昼食、大変美味しくいただきました。

 このあと、新青森から「はやて」で仙台まで乗車。「はやて」で一気に帰らなかったのは、指定席が取れなかったためです。 自分が指定席を購入しようとしたときは、全て満席だったので、途中で乗り換えることで、なんとか指定席を乗り継いで帰宅することができました。
 仙台駅で一旦下車。駅構内の牛たん通りで「牛たん定食」をいただきました。(写真を撮り忘れ…)

 そして、仙台からは「やまびこ」の各駅停車でゆっくりと帰宅の途につきました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野、新潟経由で八戸へ

 2011年7月16日、東日本パスを使って、ゆっくりと乗り鉄を堪能しました。

十和田観光電鉄が目的地だったのですが、東北新幹線の指定席がほとんど満席で、たとえ空いている列車に乗っても夕方到着になってしまい、十分な撮影ができないので、乗り鉄三昧で行くことに方向転換しました。

朝の新幹線は、どの方向もほぼ満席でしたが、あさま501号に空席がありましたので、この列車をスタートとしました。

 まずは、大宮駅で「あけぼの」を撮影しました。
S_dsc2061_1
S_dsc2065_1
ビルの影はどうにもなりませんねぇ…。
 大宮から長野まで「あさま501号」に乗車。新幹線を使うと長野は本当に近くなりました。 自由席は、かなりの混雑だったようで、車内販売や車掌が自由席に行けないので了承してほしいとの放送が入っていました。

長野からは、「妙高」に乗車しました。
S_dsc2069_1
 この列車、普通なのに名称が付いていて、車両も往年の特急車両183系と、ちょっと贅沢な普通列車でした。
それにしても、ヘッドマークが「妙高号」と、「号」が付いているのも変わっていますね!
スイッチバックも久々に体験しました。
途中の新井で快速「くびきの」に乗り換えました。こちらは485系。往年の特急車両のリレーでした。
S_dsc2083_1
 直江津から一気に乗客が増えて、ほぼ満席となりました。ここからは特急並みの停車駅数で終点新潟まで走り抜けます。
S_dsc2088_1
 新潟で乗換時間を利用して、昼食用の駅弁を買い込みました。 そして、新潟からは特急「いなほ」に乗車。
指定席を確保しておいて正解でした。 自由席は一杯で、指定席の通路まで溢れかえっていました
S_dsc2101_1
 「いなほ」は象潟まで乗車しました。 ここからは「きらきらうえつ」で一旦戻ります。
S_dsc2115_1
 前面窓が大きく、広く見渡せるのがこの列車の良いところです。
S_dsc2128_1
 サイドの窓から鳥海山も綺麗に見えました。
S_dsc2140_1

 そして、遊佐駅で下車して、「きらきらうえつ」を見送りました。
S_dsc2144_1
 この駅で下車したのは、このあと「リゾート鳥海」で再び北上するためです。
 駅にいると、貨物列車がやってきました。 EF81牽引でした。
S_dsc2156_1

 そして、「リゾート鳥海」がやってきました。
S_dsc2164_1
 この車両は、クルージングトレインといい、元リゾートしらかみの車両でした。
 前面展望席もあるのですが、「きらきらうえつ」のそれとは違い、窓がかなり小さかったです。
S_dsc2188_1

 「リゾート鳥海」を秋田まで乗車して、「こまち」、「はやて」を乗り継ぎ、八戸まで行き、ここで宿泊して、次の日に十和田観光鉄道へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

103系 | 107系 | 113系 | 115系 | 117系 | 12系 | 14系 | 169系 | 183系 | 185系 | 200系 | 201系 | 205系 | 209系 | 211系 | 24系 | 253系 | 300系 | 400系 | 485系 | 489系 | 583系 | 651系 | C11 | C12 | C56 | C57 | C58 | C61 | D51 | DD16 | DD51 | DE10 | E231系 | E233系 | E3系 | E5系 | E653系 | E655系 | E657系 | E6系 | E7系 | ED75 | ED79 | EF200 | EF210 | EF510 | EF55 | EF58 | EF60 | EF64 | EF65 | EF66 | EF80 | EF81 | EH200 | EH500 | East-i | FASTECH | JR九州 | JR北海道 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本 | JR貨物 | ne@トレイン | SL | あけぼの | いすみ鉄道 | お座敷列車 | しなの鉄道 | つくばエクスプレス | とき | はくつる | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | カシオペア | グルメ | サンライズ | シキ | トロッコ | トワイライトエクスプレス | ハイブリッド | ラッセル | 一畑電気鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電鉄 | 上田電鉄・上田交通 | 久留里線 | 乗り鉄 | 事業用車 | 京成電鉄 | 京浜急行 | 京王電鉄 | 京葉線 | 京都 | 伊豆急 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 保存車 | 八高線 | 函館市交通局 | 北斗星 | 十和田観光電鉄 | 南部縦貫鉄道 | 博物館 | 古い写真 | 台湾 | 台湾鉄道三昧の旅 | 回送 | 大井川鐵道 | 大糸線 | 富士急行線 | 富山ライトレール | 富山地方鉄道 | 専用線 | 小湊鉄道 | 小田急線 | 岡山電気軌道 | 岳南鉄道 | 引退 | 弘南鉄道 | 御召列車 | 撮影会 | 新幹線 | 日光線 | 旧型国電 | 旧型客車 | 東武鉄道 | 東海道本線 | 松本電気鉄道 | 気動車 | 水島臨海鉄道 | 津軽鉄道 | 流鉄 | 熊本市電 | 熊本電鉄 | 甲種回送 | 相模鉄道 | 真岡鐵道 | 砕石列車 | 磐越西線 | 神奈川臨海鉄道 | 私鉄 | 秩父鉄道 | 紅葉狩り | 能登 | 花見 | 西武鉄道 | 訓練運転 | 試運転 | 足尾 | 路面電車 | 都電荒川線 | 鉄道 | 銚子電鉄 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阪堺電気軌道 | 電車 | 青ガエル | 青函私鉄めぐり | 静岡鉄道 | 韓国 | 頸城鉄道 | 風っこ | 飛行機 | 飯山線 | 高崎線 | 高松琴平電気鉄道 | 鶴見線 | 黒部峡谷鉄道 | DD16 | キハ28 | キハ30 | キハ40 | キハ52