博物館

「SLキューロク館」へD51146と49671とに会いに行く

 2015年9月23日、「宇都宮運転所まつり」見学の後、真岡駅にある「SLキューロク館」へと向かいました。

 静岡から搬入されたD51146の様子を確認するためです。

 お目当てのD51は、残念ながらバラバラの姿で、以前キハ20やDE10が展示されていた辺りに留置されていました。
S_dsc6195_1
 頑丈な足場で覆われていますので、このままの姿で整備されるものと思われます。

 正面から。
S_dsc6255_1

 ボイラー部
S_dsc6253_1

 足回り
S_dsc6172_1

 炭水車
S_dsc6212_1

 D51を見ている間にキューロクこと49671号機のお披露目時間が近づきました。
 普段、真岡鐵道のSLを追いかけていると、このお披露目に立ち会えないので、外へ出てくるところを待ち構えました。

 程なく係員の誘導が始まりました。
S_dsc6274_1

 すると、ゆっくりとキューロクが外へ出て来ました。
S_dsc6276_1

 太陽の元に現われると、黒光りした美しい車体が輝き出しました。
S_dsc6287_1

 普段は見えにくい後ろ姿を。
S_dsc6291_1

 サイドからも。
S_dsc6300_1

 数回往復したのち、再びキューロク館の中へと戻って行きました。
S_dsc6355_1

 余談ですが、今回搬入されたD51146と、キューロク館内にいるスハフ44 25とは、現役時代に手を組んで走っていたことがあるようです。
S_dsc4670_1

 何十年ぶりかに、感動的な再会を密かに味わっていたことでしょう!
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF551鉄道博物館へ搬入! - 入換編その2 -

 2015年4月11日、鉄道博物館に行って来ました。
 今回は、入換編その2です。

 ED75とキハ41307が一旦引き出されて、通路が完成しました。
その編成ごと再び一番端の線路に進んできて、キハをDD13が先程まで留置されていた場所に置かれました。
S_dsc5876_1
S_dsc5886_1

 そして、時間がかかった、問題の車輪を元のように置く作業へと取り掛かりました。
退かすのに時間がかかれば、元通りにするのにも時間がかかります。
S_dsc5914_1

外ではEF55がこの作業を見守っています。
S_dsc5921_1

そして、痺れを切らしたかのように、EF55とED75が押し込まれてきました。
S_dsc5935_1
とうとう、EF55が鉄博入りする瞬間です。

ゆっくりと進んで来ると、ターンテーブルの手前で一旦停止。
S_dsc5949_1

入換機も一旦切り離されてしまいました。
S_dsc5975_1

 どうするのか?と思いきや、高所作業車が近付いてきて、作業者が屋根に登りパンダを上げて固定しました。
S_dsc5987_1
 やはり電気機関車はパン上げしているのといないのとでは全然雰囲気が違いますね!

 両方ともパンタが上がると 再び入換機が連結されて、ゆっくりとターンテーブル上へEF55が押し込まれてきました。

S_dsc6050_1
S_dsc6061_1

「あけぼの」ヘッドマーク付きED75とEF55との連結している姿は、何とも新鮮でした。
S_dsc6083_1
S_dsc6068_1

 EF55がターンテーブル上で切り離されて、ED75は今まで通りの位置に収まりました。
S_dsc6107_1

 しばらく外に留置されていた車両たちを2階から見ることができました。
S_dsc6127_1
S_dsc6130_1

 残りは、最初に引き出されていたEF66と貨物達を元通りの位置に戻します。
このため、再びてっぱく広場の183系に移動して入館の様子を見学しました。
S_dsc6143_1
S_dsc6148_1
S_dsc6160_1
 これらの車両達を再び屋外で見れることができれば良いのですが…。
定期的に展示車両を屋外で展示してくれたら良いのにと切望する次第です。

 押し込みが終わると、入換機がDD13を引き連れて総合車両センターへと帰っていきました。
S_dsc6191_1

 ターンテーブルを譲り渡したC57はちょっと寂しそうでした。
S_dsc6224_1

 営業時間内に搬入作業をおこなうという前代未聞のイベントになりましたが、トラブルもなく、粛々と作業が遂行されていくのをじっくりと観察できて大変楽しむことができました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF551鉄道博物館へ搬入! - 入換編その1 -

 2015年4月11日、鉄道博物館に行って来ました。
 今回は、入換編その1です。

 大宮総合車両センターから鉄道博物館への移動途中を撮影した後、鉄道博物館へ向かいました。

 鉄博へ到着すると、まだEF55は館内に入っていませんでした。

 ターンテーブルにはキハ41307がいて、C57はキハがいた方へ移動していました。そして、ED75は今まで通りの位置にいました。  これから大きく入換えが行われる予感がします。

 作業を撮影しやすい場所を探してみると、てっぱく広場は閉鎖されていましたが、183系の車内は解放されていたので、ここで待ち構えることにしました。

 報道関係者の見守る中、EF55はゆっくりと博物館へと向かって行きました。
S_dsc5696_1

 EF55はお尻をちょこっと館内に突っ込んだような位置で停止しました。
S_dsc5711_1

 この先には貨物群があるので、どうなるのか楽しみにしていると、なんと、レムフ
S_dsc5720_1

 コキ
S_dsc5722_1

 EF6611までを引き連れて、再び戻って来ました。
S_dsc5741_1

 これらの車両が屋外で再び見ることができるとは思ってもいませんでした。

 EF66の前にはDD13が鎮座していましたが、発表ではそのDD13が一旦展示から外れるとなっていました。
DD13も一緒に引き出すと思っていたのですが、なぜ?

 館内に戻って良く見てみると、EF66とDD13との間に車輪がありました。
 これがなかなかの曲者でして、なかなか引き出すことができません。
そのまま転がすことができない構造のようで、フォークリフトで持ち上げようとしていました。
S_dsc5751_1
 ところが、この車輪の重さを見積り違いしたのか、フォークの選択を誤ったのか、うまく可搬することができないようでした。なかなか持ち上げられず、時間ばかりかかってしまいました。
S_dsc5754_1

 ようやく、車輪を退かすことができて、次のDD13の搬出作業に取り掛かれました。
 ゆっくりとEF66が近づいてきました。
S_dsc5779_1
 そして、DD13を連結して引き上げていきました。
S_dsc5791_1

 車両の移動はスムーズにおこなわれていたので、すぐに場所を替えてED75の搬出作業が見える場所に移動しました。

 程無く入換機がやって来て。
S_dsc5817_1

 ED75を連結。
S_dsc5839_1

 さらに押し込んでターンテーブル上に停車していたキハ41307も連結しました。
S_dsc5844_1

 全部繋がったまま、一旦外へと引き上げていきました。
S_dsc5864_1

 その2へ続く~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF551鉄道博物館へ搬入! - 場外編 -

 2015年4月11日、鉄道博物館に行って来ました。

翌日にムーミンことEF551の鉄博公開の御披露目があるのですが、前日に搬入をおこなうようで、鉄博のHPには、搬入に伴って、てっぱく広場とヒストリーゾーンの一部を制限するという事前告知がありました。
となると、朝から搬入作業が始まると思い、大宮へと向かってみました。

 てっぱく広場までは既にEF55は来ていると思ったのですが、まだ来ている様子がないので、手前の踏切で待ってみることにしました。
 関係者と思われる方々も現れて、これから搬入されると確信しました。

 しばらくすると、赤色灯が回転して、ゆっくりとEF551が現れて来ました。
S_dsc5623_1

 工場の門から出て来ました。
S_dsc5629_1

 踏切を通るので、本線の列車が通過するタイミングで、一緒に渡るようでした。
案の定、一番良いタイミングは被られてしまいましたが、何とか野外でEF55を撮影できました。
S_dsc5642_1

 踏切の先で少々停止していたので、もう一度撮影できました。
S_dsc5662_1
S_dsc5676_1

 車両は、このまま鉄博へ向かって行ったので、鉄道博物館へと移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D51が真岡へやって来る!

 静岡市に静態保存されていた、D51 146 ですが、奇跡的に解体から逃れたものの、譲渡先からドタキャンされてしまい、その動向が気になっておりました。

 このたび、ようやくその行先が真岡鐵道真岡駅横の「SLキューロク館」に決まりました!

 ソースはこちら!!

 まずは、正式に譲渡先が決まって良かったですね。
キューロクとの並びにも期待できそうです。
S_dsc5706_1

 ところで、実際のところ、どこに配置するのでしょうか?、気になります。
館の中には入りそうもないので、恐らく館横になるのでしょうか?
となると、魅惑の貨車たちが退かないといけませんねぇ。
S_dsc5709_1
 貨物達は、本線も戻して…、C11が牽いたりして…。 相変わらず、勝手な妄想が広がってしまいます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF55 1 鉄道博物館で展示が決定!

 先日、大宮へ回送されたEF55 1ですが、早くもその去就について発表がありました。

 やはり、鉄道博物館で展示されます。 ソースはこちら!

 てっきり、新たに増設される建屋に入ると思いきや、現在の展示エリアに搬入されるようです。
 
 大宮総合車両センターの「鉄道ふれあいフェア」で、綺麗な姿を拝めるかと目論んでいたのですが、ゴールデンウィーク前には搬入されるようです。

 屋外での姿はもう見られなくなってしまうのは、ちょっと残念ですが、是非とも美しい流線形の復活を望みたいですね。

 画像は、以前「さよなら運転」時の再掲です。

S8412_ef55_1

8412_ef55_2_2


| | コメント (0) | トラックバック (1)

SLキューロク館

 2014年1月5日、真岡鐵道のSL重単撮影後に、真岡駅の キューロク館 に立ち寄りました。

 お目当ての49671の前にはカラーコーンが置かれており、警備員も配置されていて結構な厳重体制でした。
まだ展示開始から間もないので、致し方ないのでしょう。

 綺麗な状態を末永く保っていただければ、それに勝るものはないので、引き続ききちんとした管理をお願いしたいものです。

 そのような訳で、キューロクが館内に入っている時は、撮影にはイマイチです。
それでも何とか、このようには撮影できました。
S_dsc4675_1
S_dsc4691_1
 キューロクの自走時間を「SLもおか」が真岡駅を出た後にもう一回走らせてくれたら、「SLもおか」撮影後にも欲張れるのですが…。

 キューロクの後ろには、スハフ44 25が鎮座していました。
S_dsc4670_1
 この車両は、船の科学館にあった羊蹄丸の船内に展示されていました。

 この他にも館外にも魅力的な車両がありましたので、また別の機会に記事にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「リニア・鉄道館」 - ED11&ED18編 -

2012年7月28日、「リニア・鉄道館」へ行ってきました。

 展示されていた車両達を順次紹介します。 今回は、ED11とED18です。

 まずは、ED11から。

 ED11は、残念ながら、現役時代を知りません…。
S_dsc6598_1

 以前、佐久間レールパークで展示されていた時の写真。
Simg591_1

 続いてED18。
S_dsc6930_1

 古き良きJR東海時代に、「トロッコファミリー号」牽引で劇的な復活劇を演じました。

 その頃の「トロッコファミリー号」を撮影したと思うのですが、残念ながら写真が見当たりません…。
代わりに浜松工場公開時に展示されていた時の写真を。
Simg589_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「碓氷峠鉄道文化むら」の車両たち - EF59 1 -

「碓氷峠鉄道文化むら」の車両たち、今回は、EF59 1です。

 EF59は、セノハチで、長らく補助機関車として、活躍してきた車両です。
大きなデッキと警戒色が特徴です。

S_dsc7447_1

 反対側も。
S_dsc7323_1


 EF59現役末期に、セノハチを訪れたことがありましたが、重連で押し上げる姿、そして4重単で山を下りてくる姿は、大変重厚で迫力がすごかったことを思い出しました。

 そして、十年程前、広島出張で瀬野を通った時、瀬野機関区の面影がまったく無くなっていたのにビックリして、唖然としたことも思いだしました。 瀬野機関区に限らず、立川機関区や東京機関区も然りですねぇ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「碓氷峠鉄道文化むら」の車両たち - DC編 -

 「碓氷峠鉄道文化むら」の車両たち、今回はDC達です。

 まずは、キハ20467から。
S_dsc7382_1
 このツートンの塗り分けが、一番好きな塗色です。 数は少ないけれど、未だに走行している姿を見ることができるのは奇跡的なことですね。 

 続いて、キハ35901。
S_dsc7351_1
 この車両が、ステンレス地のままの姿を見た記憶がありません…。
期間限定で良いので、ステンレス地の姿を見せてほしいですね!

 この他に、キニ581が展示されていますが、撮影に不向きな位置にいましたので、不掲載です…。

 キハ40系列やキハ58系列、キハ82系が仲間に加わると、気動車のバラエティが充実するのですが…。これ以上の展示車両の増備は厳しいでしょうねぇ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

103系 107系 113系 115系 117系 12系 14系 169系 183系 185系 200系 201系 205系 209系 211系 24系 253系 300系 371系 400系 415系 485系 489系 583系 651系 789系 C11 C12 C56 C57 C58 C61 D51 DD16 DD51 DE10 E231系 E233系 E2系 E3系 E531系 E5系 E653系 E655系 E657系 E6系 E751系 E7系 ED75 ED79 EF200 EF210 EF510 EF55 EF58 EF60 EF64 EF65 EF66 EF80 EF81 EH200 EH500 EH800 East-i FASTECH HD300 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 ne@トレイン SL あけぼの いすみ鉄道 えいでん お座敷列車 しなの鉄道 つくばエクスプレス とき はくつる ひたちなか海浜鉄道 わたらせ渓谷鐵道 カシオペア グルメ シキ トロッコ トワイライトエクスプレス ハイブリッド バス モノレール ラッセル 一畑電気鉄道 上信電鉄 上毛電鉄 上田電鉄・上田交通 久留里線 乗り鉄 事業用車 京成電鉄 京浜急行 京王電鉄 京葉線 京都 京阪電車 伊豆急 伊豆箱根鉄道 会津鉄道 保存車 函館市交通局 北斗星 十和田観光電鉄 南海電鉄 南部縦貫鉄道 博物館 古い写真 台湾 台湾鉄道三昧の旅 名古屋鉄道 四季島 回送 地下鉄 大井川鐵道 大糸線 富士急行線 富山ライトレール 富山地方鉄道 専用線 小湊鉄道 小田急線 岡山電気軌道 岳南鉄道 引退 弘南鉄道 御召列車 撮影会 新幹線 日光線 旧型国電 旧型客車 東急 東武鉄道 東海道本線 松本電気鉄道 気動車 水島臨海鉄道 津軽鉄道 流鉄 熊本市電 熊本電鉄 甲種回送 相模鉄道 真岡鐵道 砕石列車 磐越西線 神奈川臨海鉄道 私鉄 秩父鉄道 第11回台湾鉄道三昧の旅 箱根登山鉄道 紅葉狩り 能登 花見 西武鉄道 訓練運転 試運転 足尾 路面電車 近江鉄道 近鉄 都電荒川線 鉄道 銚子電鉄 長野電鉄 関東鉄道 阪堺電気軌道 陸送 電車 青ガエル 青函私鉄めぐり 静岡鉄道 韓国 頸城鉄道 風っこ 飛行機 飯山線 養老鉄道 高崎線 高松琴平電気鉄道 鶴見線 黒部峡谷鉄道 キハ110 キハ28 キハ30 キハ40 キハ52