D51

「高崎鉄道ふれあいデー」 - 個別編 -

 2016年10月29日、「高崎鉄道ふれあいデー」に行ってきました。

 今回は個別編です。

 まずは何と言ってもEF6627から。
S_dsc7733_1
 頭の上の四角い箱がちょっと残念ですが、EF66の美しい姿を拝見することができました。

 そして、EF65501
S_dsc7805_1

 さらにEF6019
S_dsc7319_1

 D51498
S_dsc7454_1

 唯一、ヘッドマークを掲げていたDD51842
S_dsc7511_1

 EH200-1
S_dsc7412_1

 EH500-7
S_dsc7494_1

 そして、去就が注目されている115系
S_dsc7498_1

 来年は、どのようなサプライズがあるのか、今から楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「高崎鉄道ふれあいデー」 - 並び編 -

 2016年10月29日、「高崎鉄道ふれあいデー」に行ってきました。

 昨年は、EF8181とDD51842とが日章旗を掲げて並ぶという奇跡で盛り上がりましたが、今年はEF6627が遠路遥々やって来るとのことで話題に事欠かないイベントとなりました。

 まずは、並びの写真から。
S_dsc7353_1
 右からEF65501,EF6019,D51498,EF6627と、何故かD51が合間に入るという変則的な並びになっていました。
せっかくなので、EF同士の並びが見たかったのが本音です。

 ちょうど横を115系が通ったので一緒に。
S_dsc7456_1

 午後になって、太陽が逆側に回ったのでEF66側からも。
S_dsc7680_1

 もう一つ、見逃せなかったのが、EH500-7とEH200-1とが連結されていたことです。
S_dsc7242_1
S_dsc7542_1
 普段あまり目にすることがない風景を楽しむことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SL YOGISHAみなかみ」

 2015年10月31日、「高崎鉄道ふれあいデー」の後、 「SL YOGISHAみなかみ」を撮影しました。

 この時期は、日の入りが早いので、高崎出発時点で既に露出は厳しい状態でした。
それでも、走行写真が撮りたいので、スローシャッターで流して何とか対応。
S_dsc0280_1

 続けて渋川停車で追い抜いた後はもう暗闇の中…。
感度を最大限に上げても太刀打ちできませんでした…。とりあえずシャッターは押しました。
S_dsc0296_1

 このあとは、水上に行って小休止しているところを撮影しに向かいました。
ちょうど、ターンテーブルで回転するところに間に合いました。
S_dsc0334_1_2
 工事用のライトのようなもので照らされていました。 これが無かったら、真っ暗でした。

 そして、いつもの停車位置へ。
S_dsc0356_1
 先程のライトが後ろ側から当たって、煙が良い感じになりました。

 しかしながら、直ぐにライトが正面側に回されてしまいました。 これは致し方のないことですね。
S_dsc0405_1
 正面に強烈にライトが当たっているので、顔だけが闇夜に浮き上がっていました。


 水上発車を狙いに、駅先へ移動。
ちょうどD51が入換えをしているところでした。
S_dsc0410_1
S_dsc0411_1
 暗闇でのSL撮影は、思った以上に厳しいものでした。

 そして、発車を狙ってみましたが、突然のカメラ不調…。急激な寒さのせいかな…。
何枚か写っていたもののピントが動かず。

 直ぐに追いかけて、渋川の停車を撮影。
この時は、カメラは復活してくれました。
S_dsc0454_1

 そして、出発。
S_dsc0457_1
 ようやく副灯が点灯しているところを撮影することができました。

 ところが発車直後、ドレインの煙が風で煽られて顔が見えず…。
S_dsc0459_1

 最後は後ろ姿を撮影して撤収しました。
S_dsc0482_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「高崎鉄道ふれあいデー」

 2015年10月31日、「小山車両センターまつり」の後、「高崎鉄道ふれあいデー」へ行ってきました。

 小山車両センターにいる時から高崎の様子をチェックしていると、DD51842とEF8181に日章旗が取り付けられているとの情報が沢山ありました。
 他の機関車にはヘッドマークが付いていないものの、これは大変貴重なシーンです。
 この2両が同時に日章旗を掲げている姿は見たことがなかったので、これを見逃す訳にはいきません。
早速高崎へと向かいました。

 会場に到着すると、左端に配置されていたこの2両の前には凄い人だかりが…。

 取りあえず全体の撮影から。
S_dsc9811_1
 真ん中から撮影すると支柱線のようなものが邪魔なので、すこし右側から撮影するしかありませんでした。

 一息ついてから、いよいよあの2両の前に向かいました。
徐々に入換えで前に行き、ようやく撮影できる位置まで進めました。
S_dsc9962_1
 この頃になると陽も差してきて、絶好の撮影条件になり、さらに時折吹く風で、良い塩梅に日章旗が動き旗が広がってくれました。
 中には、前で粘って動かない人もいましたが、比較的皆ある程度撮影したら順番に移動していたので、意外にも粛々と撮影することができました。

 続いて、各機関車個別を。

 EF641052
S_dsc9846_1
 すっかり、高崎の一員となりました。

 EF65501
S_dsc0075_1
 EF65P形はヘッドマーク付きの方がサマになりますね。

 EF641001
S_dsc9858_1
 この場所は、陽が出ているとケーブルの影がたくさん顔にかかっていたので、曇った時を狙って撮影しました。

 そしてEF8181
S_dsc9993_1
 ローズピンクに戻ってからようやく日章旗が取り付けられている姿をみることができました。

 DD51842
S_dsc9893_1
 こちらは旗が広がった状態で固定されていました。

 それにしても、日章旗を掲げた2両とも、連結器は塗り直され、手摺も磨かれていたようです。
このような配慮は嬉しいですね。

 今回は脇役のD51498。
S_dsc9810_1
 このあとの夜汽車運用のヘッドマークを取り付けていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「小山車両センターまつり」、「高崎鉄道ふれあいデー」、「SL YOGISHAみなかみ」 - 速報編 -

 2015年10月31日、「小山車両センターまつり」、「高崎鉄道ふれあいデー」、そして「SL YOGISHAみなかみ」を撮影しに行ってきました。

 「小山車両センターまつり」の湘南色大集合!
S_dsc9802_1

 「高崎鉄道ふれあいデー」の日章旗コンビ!
S_dsc9962_1

 D51498の夜汽車~
S_dsc0405_1

 詳細は後程!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ELレトロみなかみ」と「SLみなかみ」と - 復路編 -

 2015年10月17日、「鉄道わくわく体験 in みなかみ」に参戦の後、再び「ELレトロみなかみ」、「SLみなかみ」を撮影するために上越線沿線へと向かいました。

 会場でノンビリし過ぎてしまい、あまり時間が無くなってしまいました…。
朝のシトシト雨から一転、太陽が顔を出す程に天候が回復してきました。

 本当なら、順光ポイントへ行かなければならないのに、水上から近いポイントで済ますことにしました。
(高速ワープを使ってでも先回りすべきだったと後悔…。)

 直ぐにEF641001牽引の「レトロみなかみ」がやって来ました。
S_dsc8034_1
 復路は重連ではなく、プッシュプルでした。
変化は歓迎ですが、往復とも先頭がEF641001だったのはちょっと残念…。

 次の「SLみなかみ」まで少々時間があるので、久々にシルエットを狙いに移動しました。
S_dsc8063_1
 夕焼けにはちょっと早かったのですが、良い感じにシルエットが浮き出てくれました。

 渋川停車で先回りして、今度は正面がちで撮影。
S_dsc8081_1

 客車列車が絶滅寸前の中、同じ日に3本も客車列車が同じ線区を走るという貴重な日でした。


 往路編はこちら!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SLキューロク館」へD51146と49671とに会いに行く

 2015年9月23日、「宇都宮運転所まつり」見学の後、真岡駅にある「SLキューロク館」へと向かいました。

 静岡から搬入されたD51146の様子を確認するためです。

 お目当てのD51は、残念ながらバラバラの姿で、以前キハ20やDE10が展示されていた辺りに留置されていました。
S_dsc6195_1
 頑丈な足場で覆われていますので、このままの姿で整備されるものと思われます。

 正面から。
S_dsc6255_1

 ボイラー部
S_dsc6253_1

 足回り
S_dsc6172_1

 炭水車
S_dsc6212_1

 D51を見ている間にキューロクこと49671号機のお披露目時間が近づきました。
 普段、真岡鐵道のSLを追いかけていると、このお披露目に立ち会えないので、外へ出てくるところを待ち構えました。

 程なく係員の誘導が始まりました。
S_dsc6274_1

 すると、ゆっくりとキューロクが外へ出て来ました。
S_dsc6276_1

 太陽の元に現われると、黒光りした美しい車体が輝き出しました。
S_dsc6287_1

 普段は見えにくい後ろ姿を。
S_dsc6291_1

 サイドからも。
S_dsc6300_1

 数回往復したのち、再びキューロク館の中へと戻って行きました。
S_dsc6355_1

 余談ですが、今回搬入されたD51146と、キューロク館内にいるスハフ44 25とは、現役時代に手を組んで走っていたことがあるようです。
S_dsc4670_1

 何十年ぶりかに、感動的な再会を密かに味わっていたことでしょう!
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道わくわく体験 in みなかみ

 2015年10月17日、「ELレトロみなかみ」、「カシオペアクルーズ」、「SLみなかみ」の撮影後、水上駅へと向かいました。
 
 この日は「鉄道わくわく体験 in みなかみ」が 水上駅転車台広場にて開催されていました。
「SLみなかみ」を牽引していたD51498
S_dsc8000_1

 当初予定には無かった「ELレトロみなかみ」の牽引をしていたEF641001とEF641052も展示されていました。
S_dsc8014_1
S_dsc8022_1

 思った以上に盛大で、物販もあり、「北斗星」関連グッズやお菓子を購入しました。

 この会場へ入る前に、北越急行「ゆめぞら」を撮影しようと思っていたのですが、間一髪間に合わず、代わりに115系を撮影しました。
S_dsc7970_1
 この辺りは、ちょっと紅葉には早過ぎたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ELレトロみなかみ」と「カシオペアクルーズ」と「SLみなかみ」と - 往路編 -

 2015年10月17日、上越線へと向かいました。

 この日は、「ELレトロみなかみ」、「カシオペアクルーズ」、「EL&SLみなかみ」と、機関車牽引の列車がオンパレードでした。
 しかしながら、肝心の天気が雨…。
晴れると辛い線区なので、曇ベースはありがたいのですが、冷たい雨がシトシトと降り続いていました。ちょっとヤル気を削がれる天候ですが、折角の機関車ネタ揃いなので、出撃しました。

 「EL&SLみなかみ」のEL牽引区間を撮影すると、ELレトロみなかみが撮影できなさそうなので、今回はパスして、上越線内だけに絞り込みました。

現地に到着すると、皆さん、天候などお構い無しなようで、すでに目ぼしい所は満員御礼…。
何せカシオペアの編成が長い分、編成を入れようとすると、かなり場所が限られてしまうのです。
あちこちと動き回って、ようやく場所を確保しました。

 「ELレトロみなかみ」と「カシオペアクルーズ」は、機関車が重連でやって来るので、首カックンポイントにしてみました。
小雨降る中、まずは「ELレトロみなかみ」がやって来ました。
S_dsc7908_1
 先頭はEF641001、次位はEF641052で、ヘッドマークはありませんでした。

 そのまま、「カシオペアクルーズ」を待ちます。
S_dsc7928_1
 こちらは、先頭がEF641051、次位はEF8197でした。
昨年の時はEF64にもヘッドマークが付いていましたが、今回はヘッドマーク無しでちょっと残念でした。

「SLみなかみ」まで暫く時間があるので、場所を替えてもよかったのですが、最初にロケハンした時に煩雑さを感じていたので、移動せずそのまま待つことにしました。
 そして、D51498がやって来ました。
S_dsc7945_1
 こちらにはピンク地ベースのヘッドマークが取り付けられていました。
煙が手前側に流れてしまい、架線柱が隠れずちょっと残念…。

 このあと、水上へと向かい「鉄道わくわく体験 in みなかみ」に顔を出してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快速「EL&SL信越線130周年記念号」

 2015年10月11日、高崎方面へ行ってきました。

 この日は快速「EL&SL信越線130周年記念号」の運転がありました。

 1ヶ月程前の快速「EL&SLみなかみ」と同じようなダイヤで、今回は高崎からは信越線へと向かいます。
 
 まずは上尾への送り込み回送から。

 この日は、前回と違い生憎のお天気…。現地付近に到着した頃は、雨は降っていなかったものの、暫くすると雨が降り出してしまいました。

 日の出時刻を過ぎて、少々露出が上がったもののあまり状況はかわりませんでした。

 そのような中、EF6019牽引の「EL&SL信越線130周年記念号」の回送がやって来ました。
S_dsc7252_1

 そして本番は、いつもの場所へ。
この頃になると、雨脚がしっかりとしてきてしまい、止む様子も無くなってしまいました。
S_dsc7301_1
 今度は、EF641052が先頭でやって来ました。

 直ぐにSL牽引区間となる信越線へと移動します。
ようやく雨脚も弱まり、信越線沿線に到着すると雨も止んでくれました。
稲刈りがまだ終わっていない場所を選んでD51498がやって来るのを待ちました。
 直ぐにD51の汽笛が聞こえてきて、雨が降っていた分、煙が綺麗に出てくれました。
S_dsc7321_1

 もう一回D51を撮影できました。
S_dsc7336_1

 横川駅で休んでいるところをお邪魔して。

 D51498
S_dsc7357_1
S_dsc7382_1

 EF6019
S_dsc7410_1
S_dsc7373_1

 このあと、一旦、宇都宮線へ転戦して、再び高崎線へ戻って、同列車を撮影しました。
さすがに、日の入り時刻を過ぎてしまったので、何とか流し撮りで。
S_dsc7523_1


 ようやく、EF641052が高崎に転属してから晴れ舞台を撮影することができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

103系 | 107系 | 113系 | 115系 | 117系 | 12系 | 14系 | 169系 | 183系 | 185系 | 200系 | 201系 | 205系 | 209系 | 211系 | 24系 | 253系 | 300系 | 371系 | 400系 | 415系 | 485系 | 489系 | 583系 | 651系 | 789系 | C11 | C12 | C56 | C57 | C58 | C61 | D51 | DD16 | DD51 | DE10 | E231系 | E233系 | E3系 | E5系 | E653系 | E655系 | E657系 | E6系 | E751系 | E7系 | ED75 | ED79 | EF200 | EF210 | EF510 | EF55 | EF58 | EF60 | EF64 | EF65 | EF66 | EF80 | EF81 | EH200 | EH500 | EH800 | East-i | FASTECH | JR九州 | JR北海道 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本 | JR貨物 | ne@トレイン | SL | あけぼの | いすみ鉄道 | お座敷列車 | しなの鉄道 | つくばエクスプレス | とき | はくつる | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | カシオペア | グルメ | シキ | トロッコ | トワイライトエクスプレス | ハイブリッド | モノレール | ラッセル | 一畑電気鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電鉄 | 上田電鉄・上田交通 | 久留里線 | 乗り鉄 | 事業用車 | 京成電鉄 | 京浜急行 | 京王電鉄 | 京葉線 | 京都 | 京阪電車 | 伊豆急 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 保存車 | 函館市交通局 | 北斗星 | 十和田観光電鉄 | 南海電鉄 | 南部縦貫鉄道 | 博物館 | 古い写真 | 台湾 | 台湾鉄道三昧の旅 | 名古屋鉄道 | 四季島 | 回送 | 大井川鐵道 | 大糸線 | 富士急行線 | 富山ライトレール | 富山地方鉄道 | 専用線 | 小湊鉄道 | 小田急線 | 岡山電気軌道 | 岳南鉄道 | 引退 | 弘南鉄道 | 御召列車 | 撮影会 | 新幹線 | 日光線 | 旧型国電 | 旧型客車 | 東急 | 東武鉄道 | 東海道本線 | 松本電気鉄道 | 気動車 | 水島臨海鉄道 | 津軽鉄道 | 流鉄 | 熊本市電 | 熊本電鉄 | 甲種回送 | 相模鉄道 | 真岡鐵道 | 砕石列車 | 磐越西線 | 神奈川臨海鉄道 | 私鉄 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 紅葉狩り | 能登 | 花見 | 西武鉄道 | 訓練運転 | 試運転 | 足尾 | 路面電車 | 近鉄 | 都電荒川線 | 鉄道 | 銚子電鉄 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阪堺電気軌道 | 陸送 | 電車 | 青ガエル | 青函私鉄めぐり | 静岡鉄道 | 韓国 | 頸城鉄道 | 風っこ | 飛行機 | 飯山線 | 高崎線 | 高松琴平電気鉄道 | 鶴見線 | 黒部峡谷鉄道 | キハ110 | キハ28 | キハ30 | キハ40 | キハ52