SL

真岡鐡道での最後のSL重連運転

  
2019
1123日、真岡鐵道へ行って来ました。

 

いよいよ今回が真岡鐵道での最後の重連になるとの発表がありました。

 

しかしながら生憎の天気模様…。

外出するのは躊躇したいような感じでした。

それでも最後の重連と思い出撃しました。

 

先ずは下館までの回送から。

S_dsc5240_1 S_dsc5245_1

 

 この形で回送ということは、トンボ重連で本運転をするということになります。

前回とはちょっと違った形での運転となりました。

  冷たい小雨が降りしきる中、C11325が先頭でやって来ました。

S_dsc5290_1

 手前に煙が流れてきてしまい、客車がちょっと隠れてしまいました。

  標準でも。

S_dsc7642_1

 

 せっかくのトンボ重連なので、もっとサイドから撮ろうと思い、次はサイド流しで。

S_dsc5304_1 S_dsc5326_1

 行き当たりばったりで撮影したので、手前の電線には気が付いていませんでした…。

 

 返しは、いつもの場所で。

S_dsc5369_1  

もう一回重連運転を。

S_dsc5387_1

 ここでも煙が手前になびいてしまいました。

 

 真岡で重連運転は終了してしまうので、この後はC11の単独運転を。

S_dsc5423_1

 

 最後は、真岡への回送運転も。

S_dsc5470_1 S_dsc5504_1

 

 C11325は、東武へ行った後も真岡へ里帰りすることがあるようですが、さすがに重連運転にはならないと思いますので、今回の重連運転をしっかりと噛み締めました。

 

 

 

| | コメント (0)

真岡鉄道「SLもおか」重連運転

 2019年10月14日、真岡鐡道へ行って来ました。

この日は、久々のSL重連運転でした。

 C1266がようやく検査から上がってきて、C11325が間もなく東武へ売却されるため、この2両が仲良く重連運転を組むのは、もうチャンスがあまりないのではと思われるので、多くの人が集まっていました。

S_dsc3230_1

 往路は、C11が先頭に立っていました。

S_dsc3253_1

 いつもなら3発は余裕で撮影できるのですが、この日は、車の量が大変多いためになかなか先行できなかったので、2発に絞ることにしました。



復路は、C12が先頭でした。

S_dsc3290_1

_dsc7402_1

そしてもう一回。

S_dsc3318_1

 最後は、C11単独になってから。

_dsc3367_1

 再び、重連運転が実施される日が来ること祈っております。




| | コメント (0)

平成から令和へ! 元号ヘッドマーク付「SLもおか号」

 2019年430日と51日の両日、真岡鐡道へ行って来ました。

 元号が変わる前後の数日、「SLもおか号」に、元号のヘッドマークが取り付けられて、更にこの2日間のみ日章旗も取り付けられるとのことでしたので、これは楽しみと思い現地へと向かいました。

 まずは、430日の「ありがとう平成」から。

 こちらは数日前、既にヘッドマークを取り付けて走っており、その姿を収めた写真が多数見受けられました。

それらによると、なんと「赤富士」を模したヘッドマークでした。

これがなかなか格好良く写欲を駆り立てるものでした。

 

 ヘッドマーク中心になるので、面縦で狙うことにしました。

 生憎の小雨が降りしきる中、待望の「ありがとう平成」マークを取り付けたC11 325がやって来ました。

S_dsc2446_1 

 湿度が高いので、良い感じの煙とドレインでした。

 

 返しの始めは横位置で。

S_dsc6922_1 

 

 そして、途中駅の発車を。

S_dsc2497_1

 

 更に、流してみました。

S_dsc2541_1

 

 返却もオマケで。

S_dsc2599_1

 

 5月1日は、「令和」ヘッドマークです。

こちらは、どうやら「平和」のヘッドマークを模したようです。

S_dsc2651_1

 この日は、前日の雨も上がり、時折太陽も顔を出すような天気に復活して、気温も上がりました。

このためか、煙の方はイマイチな感じになってしまいました。

 

 返しも同じような感じでした。

S_dsc2681_1

 途中駅の発車が一番良かったかな…。

S_dsc2698_1

 

前日と同じように流し撮りも。

車が並走するハプニングがありましたが、何とかトリミングで逃げることができました。

 S_dsc2720_1

 

 更に、この日はもう一回追いつくことができました。

S_dsc2744_1

 

 最後は返却で〆!

S_dsc2807_1

 

 元号が変わるという稀な機会に、このような特製ヘッドマークを飾るという素晴らしい企画でした。

間もなく真岡鐡道を去ることになるC11 325にも、良き思い出になったことでしょう。

 

| | コメント (0)

「第11回台湾鉄道三昧の旅」-CT273 池上-富里、富里-東竹、東竹-東里間撮影編-

 2日目の午後の一発目は、池上-富里間からスタート。

 SLは、池上駅発車から結構煙を吐いていたのですが、我々の立ち位置まではもたず、切り位置ではかなり薄くなってしまいました。
S_dsc0171_1

S_dsc0166_1

 ここでも、SLが来る前にいろいろな列車がやって来ました。
S_dsc0138_1
S_dsc0151_1

 荷物車連結も。
S_dsc0144_1

 いよいよ、SL追っかけ撮影ツアーも佳境に入ってきました。

 今度の撮影地は、富里駅近くの陸橋からです。

 この駅に停車していたので、出発の煙が期待できたのですが、残念ながら、風で反対方向に流れてしまいました。
S_dsc0212_1

 ここでも、タロコ号やPP自強号も撮影できました。

S_dsc0192_1
S_dsc0181_1_2

 本来なら、ここで撮影終了の予定でしたが、もう一回撮れるかも?ということで、もう一ヶ所撮影に向かいました。
 現地に到着すると、対向列車待ちでSLが停車しているのが確認できて、オマケのラストカットを撮ることができました。
S_dsc0242_1

 ここまででSL撮影は終了しました。
S_dsc0252_1

 SL撮影は、十分堪能してお腹いっぱいなのですが、このままでは終わらず、次のイベントのために、台東駅へと向かいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第11回台湾鉄道三昧の旅」-CT273 台東-山里,山里-狩野、海瑞-池上間撮影編-

 往路も引き続き朝から晴天で、絶好の撮影日和でした。

 最初の撮影地は、前日の最後に撮影した台東-山里間の複線区間です。

 前日は右側通行だったので、この日も右側通行になるのか、ヤキモキさせられます。

 左側通行であれば、順光の絶好なポジションですが、右側通行だと、雑草が生い茂っているので撮影が困難になってしまいます。

 どちら側から来ても無難にこなせるように、逆光側から撮るのも安全策でありますが、どうしても、順光側の方が撮影したいので、順光側に賭けることにしました。

 すると、直前の対向列車が左側通行で通過していきました。
これなら、間違いなく左側通行でやって来ると確信できました。

 そして、思惑通りSLは、左側通行でやって来てくれました。
S_dsc9971_1
 駅近くのために、煙はまったく期待できませんが、思いのアングルで撮影できて、一発目から満足できました。

 次の撮影地は、この日のハイライトである山里-狩野間の鉄橋です。
有名撮影地だけあって、既に多くの人がスタンバイしておりました。

 その人垣の後ろから構えようとしたところ、ちょうど前の方が日本語のできる方で、こちらが日本人だと判ると、日本語で話しかけて、折角遠くから来てくれたのだからと、わざわざ三脚をずらして、場所を譲ってくれました。感謝の念を伝えて、暫し鉄道談義。
 日本のSLにももちろん興味があるとのことでちょっと情報交換。

 そうこうしているうちに、SLがやって来ました。
S_dsc9998_1
 さすがに多くの人が集まっているためか、頑張って煙を上げてくれました。
このくらい煙を出してくれれば、架線柱も容易に隠すこともできます。

 SLが来る前には、キティ模様のタロコ号もやって来てくれました。
S_dsc9977_1

 DC特急の12連も。
S_dsc9986_1

 次の撮影地へ向かう途中で、バスの車窓からSL列車と並走しました。
S_dsc0025_1

 なかなか先行できなかったせいか、次の撮影地ではあまり時間 がありませんでした。
S_dsc0052_1
 この感じだったら、流してみても良かったかも?

 お昼御飯は、池上の駅弁を。
S_dsc0117_1

 果物を露店で売っている光景も台湾らしくて良いですね。
S_dsc0118_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第11回台湾鉄道三昧の旅」-CT273 瑞和-瑞源、狩野-山里、山里-台東間撮影編-

 海端-関山間のお立ち台での撮影後、次の撮影地は、瑞和-瑞源間でした。

 田園風景の中、ゆっくりとSLがやって来ました。
S_dsc9862_1
 背景の青空が小さくなってしまったので、少し稲側に振ってみました。
ほんのちょっと前までは、青空が覗いていたのに…。

 再びバスで次の撮影地へと向かいました。

 今度の撮影場所は、狩野-山里間の道路際でした。
このため、道路標識が線路近くにあり、どうにも邪魔でした。
そこで、それより線路側に近づき、広角側でローアングルで撮影することにしました。

 SLがやって来ると、なんとこの日一番の黒煙を上げていました。

こんなに煙が出ているなら、望遠側で撮影したかったのにぃ…しょうがありません。

できるだけズームを延ばして、望遠側で撮影。
S_dsc9889_1

 さらに、広角側の想定ポイントで。
S_dsc9896_1

 そして、この日最後の撮影ポイントへ向かいました。

 今度は、山里-台東間の複線ポイントです。
複線と言っても、実際は双単線の様式なので、必ずしも左側通行ではないのが、心配のタネです。

それでも基本は左側通行だし、右側通行だと撮影ポイントに既に人が立っていて撮りにくいと思い、左側通行をメインに考え、もし右側通行で来たら面縦で対処しようと思いました。

 こういった時の悪い予感というのは、よく当たるのです…。
なんと右側を走って来てしまいました。

 とりあえず、一発横位置で。
S_dsc9921_1

 もう一発は縦位置で対応しました。
S_dsc9934_1

 この日の撮影は、これにて終了~。
台東のホテルに向かい、夕食を兼ねた懇親会へ参加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第11回台湾鉄道三昧の旅」-CT273 海端-関山間での撮影編-

 富里駅での撮影後、この日のハイライトと言える、海端-関山間のお立ち台へと向かいました。

 既にスタンバイしている人達もいましたが、それほどの混雑では無かったので、比較的好みのアングルポジションを陣取ることができました。

 1時間程度の待ち時間ですが、暑さは身に応えました。

 ようやく本命のSLがやって来ました。
S_dsc9823_1_2
 ちょっと太陽が隠れてしまったのが残念でしたが、非常に暑い悪条件の中、なんとか煙を頑張って出してくれました。

 広角でも。
S_dsc9835_1_2

 ここでもSLが来るまでに、色々な車両を撮影することができました。
S_dsc9780_1_2

S_dsc9803_1_2

S_dsc9790_1_2

S_dsc9774_1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第11回台湾鉄道三昧の旅」-CT273冨里駅撮影編-

玉里駅付近での撮影後、バスで富里駅に向かいました。

富里駅に到着すると、列車は対向ホームから撮影しやすい場所に停車していました。
ここでは、1時間程バカ停しているので、ゆっくりと撮影できます。

ホームでは、TV局がインタビューしていたり、SLの前で記念撮影をしたりと、多くの人でごった返ししておりました。
それでも、暫くすると人波さ途切れ出して、列車だけの撮影をすることができました。

S_dsc9742_1

一通り撮影して、再びバスに乗り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第11回台湾鉄道三昧の旅 -CT273玉里撮影編-

 2018年6月23日から25日にかけて、「第11回台湾鉄道三昧の旅」に参加してきました。

 以前、このツアーに参加したのが4年前の第3回でした。
あれから回数を重ねて、すっかり継続的に大人気のツアーになっているようです。

 前回参加した時は、終焉直前のDR2700の撮影普快客車の乗車撮影七堵機務段見学平渓線乗車と言った美味しいところがてんこ盛りでした。
 その後のツアーも、いろいろとてんこ盛りだったのですが、なかなか日程が合わなかったりと、行く機会に恵まれませんでした。
 ツアー後の写真を拝見すると、やはり行きたかったなぁ〜と後悔が積もっておりました。

 そのような中、この第11回の内容は、SL列車「仲夏寶島號」の運用に合わせて、2組に分かれてSL列車の乗車を楽しむ組と、SLを追いかけて撮影しまくる組でというものでした。
 これは意地でも参加しないと!と思い、予約をしました。

 6月23日金曜日の夜に成田を出発して台北に辿り着き、松山駅近くのホテルに夜遅くに到着しました。
 台湾に到着すると、あまりの暑さと湿気にビックリ。これから更に南下するので先が思いやられました…。

 翌土曜日の朝に松山駅からプユマ号に乗って、一路、SLの始発駅である玉里駅へと向かいました。

 駅に到着すると、SLは入換をしており、ホームは、既に多くの人で溢れかえっていました。
その中に入れてもらい、取り急ぎ記念撮影をしました。
S_dsc9613_1

 ここから、貸切バスに乗り込み、沿線へと繰り出しました。

 最初は、玉里駅近くの特徴ある鉄橋での撮影です。
こちらにも既に多くの人がスタンバイしておりました。

大変天気が良く、気温も上昇して茹だるような暑さの中でしたが、台湾の方々はおおらかな雰囲気で、こちらが日本人だと判ると場所を譲ってくれたりと恐縮する思いでした。

絶え間なく汗が流れ出る状況でしたが、SLが来るまでに、結構、いろいろな列車がやって来てくれて、暑さにめげずに耐えることができました。
S_dsc9618_1
S_dsc9632_1
S_dsc9646_1

もうすぐSLがやって来る頃かな?と思っていると、辺りから何やら不穏な音が聞こえてきました。
何かな?と思って見渡すと、そこにはドローンが飛び回っていました。
それも1機ではなく複数飛んでおり、意外にもその人気ぶりを伺い知ることができました。

 そのような中、本命の「CT273」がやって来ました。
S_dsc9663_1
 立派な鉄橋は、SLとはいささか不釣り合いな感じはしますが、この区間の特徴的な姿を収めることができました。
 よく見ると、ドローンが写り混んでいますね。

 後ろ姿も。
S_dsc9684_1
 南国的な雰囲気も垣間見れました。
ここに停まっている達車は、これから追っかけするのでしょう。

 我々も、バカ停している冨里駅へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井川鐵道 E31形機関車牽引の臨時急行列車

 2018年7月15日、大井川鐵道に行ってきました。

 「トーマス号」が運転される日に臨時急行列車が運転されるのですが、車両検査の都合上、EL+客車で運転されているとのことで、既に多くの写真がアップされていました。

 西武鉄道からやってきたE31形が充当されているようなので、この列車を是非とも撮影したく出撃ました。


 まずは、金谷への送り込み回送から撮影することにしました。

 金谷で機回しができないので、新金谷-金谷間はプッシュプル運転になります。
太陽がバッチリ顔を出しているので、光線の関係から後追いで撮影することにしました。
S_dsc1147_1
 残念ながら金谷側がE31形ではありませんでした。

 往路の本運転は、別の場所で撮影するために、金谷から戻って来るところは撮らずに移動しました。

 そして、本運転。 
S_dsc1160_1
 順光で撮影することができました。

 途中で追い抜いたようなので、もう一回撮影することができました。
S_dsc1176_1


 このあと、「トーマス号」がやって来ます。
トーマスのために撮影に来ることは無いので、このような撮影チャンスは見逃せません。
S_dsc1222_1
 ようやく撮影できたトーマスでしたが、思った以上のクオリティーでした。
S_dsc1227_1

 更に、門デフになったC11 190も撮影できました。
S_dsc1271_1
 こちらも精悍な顔立ちでした。
S_dsc1278_1

 お昼ご飯を食べに千頭駅へと向かいましたが、大変多くの人がホームに溢れていて、駐車場も満車となっており、トーマス人気に改めて驚かされました。
 これを続けていければ、大井川鐡道もかなり潤うのでしょう。


 復路は、残念ながら、陽が陰ってしまったタイミングでやって来てしまいました。
S_dsc1304_1

 そして、往路と同様にプッシュプル区間に向かいました。
ここに、たくさんの人が集結していました。

 陽が綺麗に当たり、オマケに両端の機関車ともE31形になってくれたので、綺麗な編成になってくれました。
S_dsc1314_1

 金谷からの返却回送も同じ箇所で撮影しました。
S_dsc1336_1

 ようやく、大井川でE31形の元気な姿を拝むことができました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

103系 107系 113系 115系 117系 12系 14系 169系 183系 185系 200系 201系 205系 209系 211系 24系 253系 300系 371系 400系 415系 485系 489系 583系 651系 789系 C11 C12 C56 C57 C58 C61 D51 DD16 DD51 DE10 E231系 E233系 E2系 E3系 E531系 E5系 E653系 E655系 E657系 E6系 E751系 E7系 ED75 ED79 EF200 EF210 EF510 EF55 EF58 EF60 EF64 EF65 EF66 EF80 EF81 EH200 EH500 EH800 East-i FASTECH HD300 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 ne@トレイン SL あけぼの いすみ鉄道 えいでん お座敷列車 しなの鉄道 つくばエクスプレス とき はくつる ひたちなか海浜鉄道 わたらせ渓谷鐵道 カシオペア グルメ シキ トロッコ トワイライトエクスプレス ハイブリッド バス モノレール ラッセル 一畑電気鉄道 上信電鉄 上毛電鉄 上田電鉄・上田交通 久留里線 乗り鉄 事業用車 京成電鉄 京浜急行 京王電鉄 京葉線 京都 京阪電車 伊豆急 伊豆箱根鉄道 会津鉄道 保存車 函館市交通局 北斗星 十和田観光電鉄 南海電鉄 南部縦貫鉄道 博物館 古い写真 台湾 台湾鉄道三昧の旅 名古屋鉄道 四季島 回送 地下鉄 大井川鐵道 大糸線 富士急行線 富山ライトレール 富山地方鉄道 専用線 小湊鉄道 小田急線 岡山電気軌道 岳南鉄道 引退 弘南鉄道 御召列車 撮影会 新幹線 日光線 旧型国電 旧型客車 東急 東武鉄道 東海道本線 松本電気鉄道 気動車 水島臨海鉄道 津軽鉄道 流鉄 熊本市電 熊本電鉄 甲種回送 相模鉄道 真岡鐵道 砕石列車 磐越西線 神奈川臨海鉄道 私鉄 秩父鉄道 第11回台湾鉄道三昧の旅 箱根登山鉄道 紅葉狩り 能登 花見 西武鉄道 訓練運転 試運転 足尾 路面電車 近江鉄道 近鉄 都電荒川線 鉄道 銚子電鉄 長野電鉄 関東鉄道 阪堺電気軌道 陸送 電車 青ガエル 青函私鉄めぐり 静岡鉄道 韓国 頸城鉄道 風っこ 飛行機 飯山線 養老鉄道 高崎線 高松琴平電気鉄道 鶴見線 黒部峡谷鉄道 キハ110 キハ28 キハ30 キハ40 キハ52